ボード メンバー

Linux Foundation ボードは、現在、16 名のボード メンバーで構成されています(順不同・敬称略)。

Larry Augustin
Larry Augustin -- 一般選出ボード

エンジェル投資家であり、アーリー ステージの技術企業のアドバイザー。現在 Compiere、Fonality、Hyperic、Medsphere、Pentaho、SugarCRM、および XenSource の役員を務めています。以前は JBoss 社 (Red Hat Software 社に買収される) および Linux International (LI) のディレクターでした。「オープン ソース」という言葉を作ったグループのメンバーでもあり、オープン ソースについての著作や講演活動で世界的に有名です。2000 年には Worth Magazine の トップ 50 CEO の 1 人に選ばれました。それ以前はMedsphere の暫定 CEO も経験しています。2002 年 9 月から 2004 年 12 月までは、Azure Capital Partners のベンチャー パートナーとして、Azure による Zend 社および Medsphere 社への投資を促進、1993 年には VA Linux 社 (現在の SourceForge 社, NASDAQ:LNUX) を設立して 2002 年 8 月まで CEO を務め、1999 年 12 月に株式公開を行っています。VA Linux では、世界最大のオープン ソース ソフトウェア開発コミュニティである SouceForge.net を開設するほか、Andover.net 社を買収し、SourceForge.net、Linux.com、Slashdot、およびその他の有名なオープン ソース インターネット サイトをマージして、Open Source Development Network (OSDN) を結成しました。

彼はスタンフォード大学で電気工学の Ph.D. と M.S. を、ノートルダム大学で電気工学の B.S. を取得しています。Larry のブログはこちらです。
http://lmaugustin.com 

 

Alan Clark
Alan Clark, SUSE

Alan Clark はエンジニアリングの社外 R&D に詳しい経験豊かな業界・企業リーダーであり、新しい業界プロジェクトの市場評価や技術評価を確認・主導しています。コミュニティ リーダー、コントリビューター、作家、講演者、およびスポンサーとして数年にわたる成功実績があり、オープン ソースとオープン スタンダードの開発、成長、認知、普及などに努めています。

 


江藤圭也, 富士通株式会社

彼は同社のプロプライエタリ OS や Linux の開発と開発管理に関わってきました。富士通の Linux コミュニティ エンジニアを 10 年以上にわたって指揮し、Linux コミュニティに協力しています。彼のチームは Linux カーネルのトップ クラスのコントリビューターであり、継続的にパッチを提出し、企業向け Linux の機能と安定性の向上に寄与しています。また、ディストリビューターやコミュニティとの協力を介し、企業カスタマーをサポートするコア エンジニアリング チームも指揮しています。このチームは、ミッション クリティカルなカスタマーに対し、極めて貴重なサポートを提供しています。

 

Eileen Evans
Eileen Evans, Hewlett-Packard

Hewlett-Packard 社のクラウド コンピューティングおよびオープン ソース担当バイスプレジデント兼副顧問。彼女は、HP 社においてクラウド コンピューティングとオープン ソース関連の法的支援を主導および管理し、オープン ソース関連の法的戦略、およびオープン ソース プログラムの管理も主導しています。また HP の代表として OpenStack Foundation の理事会に参加しているほか、さまざまなクラウド関連のオープン ソース コミュニティに積極的に参加しています。

2010 年に HP に入社する前は、Sun Microsystems (現在は Oracle に統合) の取締役兼副顧問として、さまざまなハードウェアおよびソフトウェア事業部の法務支援を主導および管理していました。また、Sun のオープン ソース関連のリーガル ストラテジストも務め、Java、MySQL、OpenSolaris、OpenOffice、NetBeans など数多くのオープン ソース プロジェクトを主導、管理、および支援していました。Sun と HP におけるオープン ソース関連の実績に加え、米国や欧州のカンファレンスでは、EU や欧州議会メンバーとともにさまざまな知的財産やオープン ソース関連をテーマに講演を行っています。

 

Frank Fanzilli
Frank Fanzilli

経験豊かなソフトウェア技術者で、アーリー ステージおよびレイト ステージのソフトウェア企業のアドバイザー。Credit Suisse First Boston (CSFB) では、グローバル チーフ インフォメーション オフィサーとマネージング ディレクターを務め、主要な金融センターでの運用で技術ビジネスを 20 億ドル部門へと成長させました。

現在 The Linux Foundation のボードメンバーのほかに、カリフォルニア州サニーベールに本社を置くコンテンツ管理ソフトウェア プロバイダー InterWoven Inc. の役員でもあり、同社の戦略委員会会長を務めています。また、データ バックアップ スペース分野で急成長し、2006 年に 株式公開した CommVault inc. の前取締役会長でもあります。

サンフランシスコにある株式非公開の金融デリバティブ ソフトウェア開発会社 Calypso、ソフトウェア テスティングの仮想化におけるアーリー ステージ企業 IT Structures、およびトレーディング システムのパフォーマンスを高めるソフトウェアを開発しているアーリー ステージ企業 Correlix の役員も務めています。過去には、2006 年に EMC に買収された株式非公開のソフトウェア企業 nLayers, Inc. を設立するほか、PeopleSoft (Oracle に買収された) と Avaya (Silverlake/TPG に買収された) のディレクターも経験しています。また、西海岸のさまざまなベンチャーキャピタルのアドバイザーも務めています。ニューヨーク大学でファイナンスの MBA を、フェアフィールド大学でマネージメントの BS を取得しています。 

 

Doug Fisher
Doug Fisher, Intel

Intel のソフトウェア&ソリューション グループ (SSG) のバイス プレジデントであり、SSG のシステム ソフトウェア部門のゼネラル マネージャー。広範な開発に責任を持つ世界的な組織をリードし、プリブート ファームウェア、OS、仮想化、ミドルウェア、ソフトウェア、グラフィック、SoftSDV、およびクライアント/サーバー プロジェクションなどのアーキテクチャ解析と最適化を実現しています。Intel 社における仮想化の「メガ イニシアチブ」オーナーに指名されています。

1995 年に Intel に入社し、最初の数年は、リモート LAN アクセス、VBI データ配信、および “Internet in a box” などの新プロジェクトの開発調査を管理し、その後 Intel のエンタープライズプラットフォームグループに異動して 3 年間サーバー管理ソフトウェアの開発組織を率いました。1999 年、Intel Online Services のヨーロッパ向けエンジニアリング ディレクターとして英国へ移り、国際的なエンジニアリング組織を設立、2000 年、Intel Online Services のワールドワイド エンジニアリング ディレクターに就任しました。

Intel に入社する前は、Hewlett-Packard に 10 年間勤務していました。リアルタイム OS のソフトウェア技術者としてキャリアをスタートさせ、最終的には OpenView Network Node Manager 製品ラインのマーケティング マネージャーを務めました。オレゴン州立大学で電気工学の学士号を、スタンフォード大学でマネージメントの修士号を取得しています。

 

Bdale Garbee
Bdale Garbee, 一般選出ボード

1979 年にフリー ソフトウェアの開発を開始。以来、ずっと Debian ディストリビューションにかかわっており、HP でオープンソフトウェアと Linux に関するチーフテクノロジストを務めています。2008 年には FniLL から "FLOSS personality of the year (その年の FLOSS を代表する人物)" として "Lutèce d'Or" を受賞しています。また、ロケット ホビーにおける最高レベルの「レベル 3」高性能ロケットリー認定を取得していますが、他のすべての趣味はオープン ソース プロジェクトに変わりつつあるようです。

 

Hisashi Hashimoto
橋本 尚, 株式会社日立製作所

橋本氏は日立製作所に入社以来、UNIX ベースの商用オペレーティング システムの開発および管理に取り組んできました。担当分野はワークステーションとメインフレームです。また、他の UNIX ベンダーとの共同開発管理にも豊富な経験があります。現在はオープン ソース ソフトウェア技術センターと協力し、他ベンダーや OSS コミュニティとの協業 (OSS 推進フォーラムとの連携など) を担当しています。

 

Peixin Hou
Peixin Hou, Huawei

Peixin は現在 Huawei の Central Software Institute でオープン ソフトウェア & システム担当のチーフ アーキテクトを務めています。彼は 20 年以上にわたりソフトウェア業界で働いており、オペレーティング システム、モバイル ソフトウェア、メディア処理、およびクラウド コンピューティングに関する経験が豊富です。2000 年からオープン ソースに関わり、現在はこの分野のアクティブ ストラテジスト兼エバンジェリストです。同社でオープン ソースに関するさまざまな重要戦略の定義に関わり、Linux やコンテナなどの FOSS 開発を主導しています。また、Cloud Native Computing Foundation (CNCF) や Core Infrastructure Initiative (CII) などのオープン ソース プロジェクトの役員や運営委員を務めています。Huawei を代表して、Linaro の役員も務めていました。2000 年に英国のサリー大学で電気電子工学の Ph.D を取得しています。

 


Matt Jones, Jaguar Land Rover

Linux / オープン ソース コミュニティ、特に Automotive Grade Linux、Tizen プロジェクト (IVIO ブランチ)、および GENIVI と積極的に連携して活動しています。Jaguar Land Rover における最新世代の Linux ベース インフォテインメント システムの仕様と役割の責任者を務めていました。英国には大規模チームを、そしてオレゴン州ポートランドには新しいチームと施設 (自動車向けのオープン ソフトウェアに取り組む) を有し、車載インフォテインメント エコシステムとも密接に連携して、この重要な時期に自動車に対する Linux の認知度と持続性を高めていきたいと考えています。
 


Young Yoon Kim, Samsung Electronics (サムスン電子株式会社)

Samsung Electronics SW R&D Center のバイス プレジデント。20 年以上にわたり、サムスン製品のさまざまなソフトウェア開発プロジェクトを率いてきました。SW R&D Center に参加する前は、Samsung R&D Institute Ukraine の創設者兼社長を務めており、2007 年から 2013 年のサムスン製品に使用された最先端ソフトウェア技術を開発していました。Linux との関わりについては、Consumer Electronics Linux Forum (CELF: 現在の Linux Foundation CEWG)、uCLinux for DVC 製品 (2005 年の CELF Linux 製品)、Linux ベースの データ放送用 DTV/STB、Linux ベースのインターネット接続冷蔵庫、2007 年の IP テレビなど、豊富な経験があります。また、1996 年の DVD MtFuji Forum、2000 年の DVD Forum WG3 (ファイルシステム)、BD Forum TEG5 WG (ファイルシステム) および OSTA UDF WG (ファイルシステム) など、国際標準化に関する経験も豊富です。特に、2003 年から 2005 年は OSTA MPV CE WG (メタデータ) の議長を務めました。彼は延世大学校で電気工学の B.S. を取得しています。 

 

David Marr
David Marr, Qualcomm Technologies, Inc.

David Marr は Qualcomm Technologies の法務担当バイス プレジデントであり、オープン ソース プラクティス&ポリシー チームのリーダーです。1998 年よりオープン ソースのリーガル部門で経験を重ね、企業に戦略的アドバイスを提供したり、コミュニティのライセンス業務に関する助言を行ったりしています。また、FOSS 関連の問題、標準化団体とのやりとり、技術移転のベスト プラクティス、ライセンス ビジネス モデルなど、法律と先端技術の接点に存在するさまざまなテーマについて定期的に執筆や講演を行っています。

Qualcomm Technologies の前は、Sun Microsystems (Java、OpenSPARC、Solaris などをサポート) や Janiper Networks に在籍していました。

 

Chris Mason
Chris Mason, Facebook

Linux カーネルの長期コントリビューターであり、btrfs ファイルシステムのメンテナーです。現在は Facebook のカーネル チームのソフトウェア エンジニアであり、Linux Foundation テクニカル アドバイザリ ボードの議長です。

Facebook の前は SUSE、Oracle、および Fusion-io でカーネル開発者として働いていました。家族とともにニューヨーク州ロチェスター在住。

 

Tsugikazu Shibata
柴田 次一, 日本電気株式会社

日本電気株式会社のシニアマネージャー。メインフレームやスーパー コンピューターに搭載されるプロプライエタリ OS の開発&運用に豊富な経験と実績があります。現在 NEC のオープンソース ソフトウェア プロモーション センターに所属し、ベンダーやオープンソース コミュニティとの共同作業を行っています。Linux Foundation の Japan Linux Symposium (LinuxCon Japan) では重要な役割を果たしています。

 

Hiromi Wada
和田浩美, パナソニック

パナソニック AVCネットワークス社 技術本部 AV&ICT開発センター 所次長。Linux をベースにしたさまざまな製品 (ワークテーション、モバイル機器、自動車用システムなど) の開発・管理に 20 年以上関わってきました。また、オープン ソース ソフトウェア システムのシニア カウンセラーとして、オープン ソース コミュニティとのコラボレーションを促進してきました。最近は IoT や自動車分野に力を注いでいます。

 

David Ward
David Ward, CTO of Engineering and Chief Architect, Cisco

David Ward は、Cisco のエンジニアリング部門担当 CTO 兼チーフ アーキテクトであり、新しい Cisco テクノロジの研究開発リーダーです。ルーティング、システム ソフトウェア、およびネットワーク設計の技術力は業界でも認められる存在で、Cisco の IOS-XR ソフトウェアのチーフ アーキテクトの1人でもあります。

 

Jim Wasko
Jim Wasko, IBM

Jim Wasko は IBM のオープン システム開発担当バイス プレジデントであり、同社の全システムおよびストレージを対象とする IBM Linux 開発チームの責任者であると同時に、IBM におけるさまざまな他のオープン ソースや非オープン ソースのソフトウェア開発活動の責任者でもあります。

彼が Linux と初めて関わったのは 2000 年で、エンタープライズレベルの Linux サポートを行うチームを主導した時でした。これは IBM にとっても大きな転機でした。彼は 2003 年から 2007 年に Linux Technology Center (LTC) の Linux オペレーティング システム開発においてさまざまなリーダーシップの役割を経験しました。Linux がクラウド コンピューティングの基盤になると、次の 3 年間を IBM の Systems and Technology Group のクラウドコンピューティング開発担当プログラム ディレクターとして過ごし、IBM のパブリック クラウド/プライベート クラウド サービスの開発を支援しました。その後 2010 年に ディレクターとして LTC のリーダーに復帰しました。2012 年には LTC のミッションが拡張され、OpenStack のアップストリーム オープン ソース開発も行うようになりました。2014 年になると彼はさらに z Systems や集中型 Power Systems も担当するようになり、オープン システム開発担当バイス プレジデントの役職に昇格しました。

 

Jim Wright
Jim Wright, Chief Architect for Open Source Policy, Strategy, Compliance & Alliances, Oracle

Jim Wright は、1990 年代はシリコン バレーでソフトウェア エンジニアや開発マネージャーとして過ごし、Adobe、Logitech、3Com、Lotus Development などさまざまな著名ハードウェア/ソフトウェア企業のコンサルタントを経て、最終的には InstllShield のデベロッパー リレーションズ担当ディレクターや Jaba 製品開発担当ジェネラル マネージャーを務めた後、ハーバード ロー スクールに戻りました。

弁護士を経て Sidley Austin の個人法律実務部門にて特許ライセンス、紛争、研究協業、合弁事業、官民対象の IT セールス・調達、合併・買収、およびソフトウェア ライセンス問題などを手がけました。2008 年に Oracle に戦略的イニシアチブ リーガル チームのシニア メンバーとして入社し、その数年後に同社のオープン ソース ポリシー、戦略、コンプライアンスおよびアライアンス担当チーフ アーキテクトに就任しました。現在もその役職にあると同時に、Oracle 社のオープン ソース オンブズマンとして、コーポレート アーキテクチャ チームを代表して Oracle 製品に含まれるすべてのサードパーティ製ソフトウェア・ハードウェアのレビューと承認を行い、ソース コードとセキュリティ ポリシーを支援し、Oracle 製オープン ソース製品のためのオープン ソース戦略を設定し、Oracle と世界のオープン ソース コミュニティとの良好な関係構築を支援しています。
 

Jim Zemlin

Jim Zemlin
エグゼクティブ ディレクター

Zemlin は、ここ 10 年あまりの三大技術トレンドであるモバイル コンピューティング、クラウド コンピューティング、およびオープン ソース ソフトウェアの分野でキャリアを重ねています。現在は The Linux Foundation のエグゼクティブ ディレクターとしてこの経験を生かし、オープン ソースや Linux を使用した技術革新の加速に取り組んでいます。

彼は The Linux Foundation において、IBM、Intel、Google、Samsung、Qualcomm をはじめとする世界的な技術企業と協力し、サーバー、クラウド、および各種の新モバイル コンピューター機器の次世代コンピューター機能の定義を推進しています。ベンダー中立な The Linux Foundation のディレクターである彼は、独特の集約的な観点から世界の技術産業を見ることができます。 Zemlin は、技術業界の経済変革に関する見識が評価されています。

彼の執筆は、Businessweek や Wired をはじめとする著名技術ジャーナルに掲載されており、業界のさまざまなイベントにおける常連の基調講演者です。Splashtop をはじめとする企業への起業アドバイスも数多く行っており、Global Economic Symposium、Open Source For America、および Chinese Open Source Promotion Union の役員も務めています。Zemllin の見識については、彼のブログをご覧ください。