国際技術シンポジウム「第1回Japan Linux Symposium」の注目セッションを発表

国際技術シンポジウム「第1回Japan Linux Symposium」の注目セッションを発表

 James Bottomley、Jonathan Corbetによる基調講演 Suse LabsシニアエンジニアのGreg K-H、慶応大学の吉藤氏、NTTデータの原田氏 など国内外の著名開発者 60名余による講演

早期参加登録は8月31日まで

Linuxの成長加速に取り組むグローバルな非営利団体であるThe Linux Foundation (略称 LF)は、2009年10月21日(水)~23日(金)に開催する国際技術シンポジウム「第1回 Japan Linux Symposium」(略称 JLS)のプログラム詳細を発表いたしました。
パネルディスカッションは、ビジネスと開発コミュニティの発展的な関係を討議する「Developer/Business Panel」と、今後のLinuxの方向性を討議する「Kernel Panel」が行われます。
また、著名な開発者によるプログラムでは、SCSIサブシステムのメンテナのJames Bottomley 氏(Novell)、世界中のLinuxカーネル開発者が閲覧するニュース・サイト「Linux Weekly News」を運営するJonathan Corbet 氏 (LWN.net)による基調講演をはじめ、IPv6のLinux実装をリードした慶応大学の吉藤英明氏による「Linux IPv6 - Where We Are, Where We Will Be」、セキュリティ強化OSとしてLinuxカーネルのメインラインにマージされた「TOMOYO Linux」の開発プロジェクトを率いたNTTデータの原田季栄氏による「Kernel development: drawing a lesson from “mistakes”」など、海外ならびに日本の開発者による多数の講演が予定されています。
尚、JLSは現在参加登録を受付中で、8月31日までの早期登録者には、300USドルの参加料が200USドルになる割引特典が適用されます。

◆注目セッション (敬称略)
詳細はイベントWebサイトをご覧ください。
http://events.linuxfoundation.org/events/japan-linux-symposium/sessions
http://events.linuxfoundation.jp/events/japan-linux-symposium/sessions (日本語サイト)
スケジュール
http://events.linuxfoundation.org/events/japan-linux-symposium/schedule
http://events.linuxfoundation.jp/events/japan-linux-symposium/schedule(日本語サイト)

◇Developer/Business Panel : 「How OSS/Linux meets Business ?」 (仮)
モデレータ:日経BP ITpro副編集長 高橋信頼
参加者: Daniel Frye (IBM)、James Bottomley (Novell)、山田伸一(NTTデータ)、亀沢寛之 (富士通)

◇Kernel Panel :「Where does Linux go ?」(仮)
モデレータ:Ted Ts'o (IBM/Linux Foundation)
参加者: Jonathan Corbet (LWN.net)、Andrew Morton (Google)、岩井隆 (Novell)、Tejun Heo (Novell)

◇基調講演: 著名なカーネル開発者による基調講演
James Bottomley (Novell)
「How to Contribute to the Linux Kernel and Why It Makes Economic Sense 」
1995年よりAT&Tベル研究所でクラスタソフトウェアの開発に携わる。Lucent Technology、NCR, SteelEye CTOを経て、2009年にNovell社のDistinguished Engineerに就任。Linuxカーネルのコミュニティでは精力的に活動し、SCSIサブシステムのメンテナを務める。2006年には、OSDL(Open Source Development Labs)のTAB(Technical Advisory Board)委員長に選出され、現在もLinux FoundationのBoard member及びTechnical Advisory Boardとして活動中。

Jonathan Corbet (LWN.net)
「The Kernel Report 」
世界中のLinuxカーネル開発者が読んでいるニュース・サイトLWN.net(Linux Weekly News)を運営する。また、BKL (Big Kernel Lock)など、Linuxカーネル開発に貢献しているカーネル・ハッカーでもある。カーネル全体にわたる技術的傾向を把握している数少ない人物の一人。Linux FoundationのWebコンテンツ「Linux Weather Forecast」にLWN.netの一部を、また、 「How to participate in the Linux Community」(Linuxカーネル開発への参加方法)などにコンテンツを提供し、コミュニティについての解説も行っている。
※「Linux Weather Forecast」日本語訳  http://www.linuxfoundation.jp/collaborate/lwf
※「How to participate in the Linux Community」日本語訳
http://www.linuxfoundation.jp/content/カーネル開発コミュニティ

◇特別講演 : 著名な国内外カーネル開発者による講演
Greg Kroah-Hartman (Novell):Suse Labs シニアエンジニア、USBサブシステムのメンテナでもある。
タイトルは未定

Chris Mason(Oracle):OracleのLinuxチームの一員、新しいファイルシステムBtrfsの開発をリードする一人。
「Btrfs: Filesystem Status and Future Plans」

Dave Jones (Red Hat):Red HatでのFedora kernel チームのリーダー。
「Development and Maintenance of the Fedora kernel

◇一般講演 (注目セッション) :
 

原田季栄(NTTデータ)、セキュリティ強化OS「TOMOYO Linux」のプロジェクトマネージャ。
「Kernel development: drawing a lesson from “mistakes”」
 

Magnus Damm
「Upstream In-House Board Support Package 」
 

亀澤寛之(富士通)
「Memory Cgroup: Summary and Upcoming Enhancements」
 

河合英宏(日立製作所)
「Improvement of I/O Error Handling on Ext3 Filesystem」
 

柴田次一(NEC)
「Statistics of Linux Kernel Development」
 

酒元幹夫 (Intel K.K. SSG)
「The Moblin SDK」
 

鶴田亮 (VA Linux Systems Japan)
「A Disk I/O Bandwidth Controller - Implented as a Device-Mapper Module」
 

豊島大朗 (ミラクル・リナックス)
「ZABBIX - An Enterprise-Class Open Source Distributed Monitoring Solution 」
 

上田理 (Sony Corporation)
「Why Are We Hesitating to Join the Community」
 

Brad Dixon (MontaVista Software)
「Saving Battery Life With Linux Power Management」
 

Bdale Garbee (Hewlett-Packard)
「Understanding Debian」
 

吉藤英明 (慶応大学)
「Linux IPv6 - Where We Are, Where We Will Be」