Fluendo、リネオソリューションズ、Mocana、NVIDIA が新メンバーとして参画

- モバイル、組込み、セキュリティ、マルチメディア分野の Linux で新メンバーが協力 -

 

(日本語参考訳 原文はこちら)

2012 年 3 月 7 日 サンフランシスコ発 - Linux の成長促進に取り組むグローバルな非営利団体である The Linux Foundation (略称: LF) は、Fluendo、リネオソリューションズ、Mocana、および NVIDIA の 4 社が新メンバーに参加したことを発表しました。

Linux はエンタープライズ市場で席捲を続けていますが (『Linux 採用動向 2012: 企業エンドユーザー調査』を参照)、モバイル、組込み開発、セキュリティ、マルチメディアなどの分野でも急激な成長が認められます。多くの企業が、Linux や共同開発モデルのメリットを今後のコンピューティングの重要な利点と捉え、各種分野に Linux OS を採用しています。

今回参画した Linux Foundation メンバーの概要は、以下のとおりです。

Fluendo は、大手マルチメディア ソフトウェア開発会社で GStreamer のエキスパートです。各種の機器や OS を利用したマルチメディアを実現するためのソフトウェア開発やコンサルティング サービスを提供しています。同社は、オープン ソース フレームワーク GStreamer の主要開発者を数人雇用し、合法的再生を行うプラグイン、DVD プレーヤー、メディア センターなどの広範な製品を提供しています。

Fluendo 社の CEO である Muriel Paumier-Moscardini 氏は、次のように述べています。
「The Linux Foundation に参画することにより、技術面、販促面、法的面でコミュニティの連携を強化できます。Linux はマルチメディア システムにとって不可欠なものであり、弊社はこの分野における Linux の発展に貢献するつもりです。今回の参画は、技術的、法的、および販促面から Linux エコシステムに貢献する絶好の機会だと確信しています。」

リネオソリューションズは日本に本社を持ち、Linux と組込みシステム開発で 19 年以上の経験を持つ企業です。同社は、専門的なサービス、ツール、トレーニングを提供することで、顧客の製品化時間を加速します。

リネオソリューションズの社長である小林明氏は、次のように述べています。
「Linux はモバイル/組込みソフトウェア分野を主導しています。 The Linux Foundation はこれを理解し、さまざまなモバイル/組込み Linux 戦略を優先させてきました。弊社もその戦略に参画できることを楽しみにしています。」

Mocana (モカナ) は、モバイル機器、アプリケーション、およびそれらをとりまく情報サービスを保護するデバイス非依存セキュリティ プラットフォームを提供しています。180 社以上のデバイス (Cisco、Honeywell、Dell、General Electric、General Dynamics、Avaya、Harris 社製の企業/家庭用電化製品など) が、Mocana のデバイス セキュリティ プラットフォームを利用しています。最近ジュネーブで開催された世界経済フォーラムでは、“Technology Pioneers for 2012” に選出されました。

Mocana 社の CISSP 兼市場開発担当 VP である Kurt Stammberger 氏は、次のように述べています。
「インターネットが "Internet of Things (モノのインターネット: あらゆるモノがインターネットに接続される)" へと発展するにつれ、セキュリティーも進化する必要があります。20 年以上かけて開発された PC ネットワークの技術とベストプラクティスは、多くのネットワーク ノードが、電話、タブレット、メディカル インプラント、スマートグリッド メーター、産業オートメーション、消費者家電のように PC 以外の機器にある今、全面的に見直される必要があります。Linux は、最も堅牢でセキュリティフレンドリーな OS の 1 つとして、消費者や企業ユーザーが必要とする信頼に応える確かなプラットフォームを提供してくれます。今回 The Linux Foundation に参画したことにより、Internet of Things の安全に寄与するために必要な技術的連携やリソースに、直接アクセスすることができます。」

NVIDIA は、1999 年に グラフィカル プロセッシング ユニット (GPU) を開発しました。このマルチコア プロセッサにより、PC ゲームのリアルな仮想現実感が実現し、技術者は、最新型車両からデジタルフィルムキャラクターまで、あらゆるものをデザインできるようになりました。また、調査者や科学者は、その並列処理機能を利用して高性能アプリケーションを効率的に実行できるようになり、世界中のスーパーコンピュータに導入されるようになりました。同社は最近、急成長するモバイル コンピュータ市場にも参入し、そのプロセッサは電話、タブレット、車載情報機器などに利用されています。

NVIDIA の Linux プラットフォーム ソフトウェア担当副社長である Scott Pritchett 氏は、次のように述べています。
「NVIDIA は、GPU とモバイル製品による世界的なエクスペリエンスとイノベーションの実現に、熱心に取り組んでいます。 The Linux Foundation に参画することで、今後の Linux を形成し、Linux の利用者や開発者のすばらしい経験を実現するために有益な組織や人々との連携が加速されるでしょう。」

また The Linux Foundation のマーケティング&デベロッパープログラム担当のバイスプレジデントである Amanda McPherson は次のように述べています。
「さまざまな業界や地域の企業/組織からの継続的な支持は、Linux の普遍性を表しているだけでなく、Linux が各種の技術的機会や市場機会に速やかに適応できることを表しています。Fluendo、リネロソリューション、Mocana、および NVIDIA の各社は、Linux エコシステムの重要な領域を代表しています。彼らの貢献は、Linux の発展に直接結び付くことになるでしょう。」

■ The Linux Foundation について
The Linux Foundation は、Linux の成長促進に取り組む非営利のコンソーシアムです。
2007年に設立された The Linux Foundation は、Linux 創始者である Linus Torvalds の活動を支援し、メンバーやオープン ソース開発コミュニティのリソースを集結することにより、Linux OS の推進、保護、および発展に努めています。The Linux Foundation は、LinuxCon などのLinux カンファレンスを開催するほか、独創的な Linux 研究を行ったり、Linux プラットフォームの理解を深めるためのコンテンツを創造したりすることにより、協業と教育のための中立なフォーラムを提供しています。
Linux.com (Linux.com JAPAN) などの Web 情報は、毎月約 2 百万人の人々に利用され、重要な Linux ビデオ リソースなどが提供されてます。The Linux Foundation では、Linux カーネル コミュニティの著名な開発者がインストラクターを務める各種の Linux トレーニングを開催しています。
The Linux Foundation の詳細については、www.linuxfoundation.org (英語) または www.linuxfoundation.jp (日本語) を参照してください。また、ツイッターで、http://www.twitter.com/linuxfoundation および https://twitter.com/Linux_Fdtn_JP をフォローしてください。

###

商標について:
The Linux Foundation、Linux Standard Base、MeeGo および Yocto Project は The Linux Foundation の商標です。
Linux は Linus Torvalds の商標です。