オープン プラットフォームにおける UEFI Secure Boot への対応

“Secure boot (セキュア ブート)” は、最近の UEFI (Unified EFI) 仕様で規格化された技術です。secure boot は、ハードウェアによって検証された、マルウェアのない オペレーティング システム (OS) ブートストラップを 可能とし、システム実装時のセキュリティを向上させます。 secure boot をハードウェアに正しく実装できれば、 Linux などのオープン オペレーティング システムも、これを有効に利用することができます。 このホワイト ペーパーでは、オープン システムにおいて、システムのオーナーの権利に悪影響を与えず、しかもプロプライ エタリ ソフトウェア ベンダーの要件を満たしながら、UEFI secure boot の仕様を実装する方法について説明 します。

推奨事項についてご覧になりたい方は、こちらの PDF をダウンロードしてください。