今や、オープン ソース ソフトウェアを活用するメリットは十分定着しています。オープン ソースを活用している企業のマネージャーがよく指摘するメリットが、製品開発サイクルの短縮と迅速な市場参入、エンジニアリング コストや開発コストの削減、顧客やビジネスパートナーとの良好な関係などです。

オープン ソース テクノロジは、それを活用する企業に競争優位をもたらします。単一企業が新規のデータベース ソフトウェア、オペレーティング システム、Platform-as-a-Service (PaaS) などの独自の基盤をゼロから開発することは、経済的ではありません。The Linux Foundation のエグゼクティブ ディレクター Jim Zemlin は、次のように述べています。「もう誰もそんなことはしません。そうではなくて、業界全体が共有して研究・開発 (R&D) に投資した基盤の上に、各企業が独自のモノを作るのです。」

多くの企業は、コモディティ ソフトウェアの開発を手助けし、外部 R&D に投資し、オープン ソース プロジェクトのソフトウェアを付加価値のあるソフトウェアの開発基盤に活用しています。また、急速に変化する市場に歩調を合わせるには、オープン ソースを活用するだけではなく、その開発に参加することが重要であることを理解し始めています。

The Linux Foundation は、オープン ソースに関わるあらゆる段階でメンバー企業を支援し、オープン ソース コミュニティの世界における彼らの行動を助けます。彼らがオープン ソース ソフトウェアを使い始め、オープン ソース プロジェクトにコードを貢献し、オープン ソースプロジェクトの技術的方向性に対する影響力を行使し、独自のプロジェクトを立ち上げることができるように支援します。

four stages of open source participation graphic

本ホワイトペーパーは、企業のオープン ソース活動への参加について概説し、オープン ソースのリーダー達の長年にわたる協業活動で得られた 7 項目のベスト プラクティスを提示し、企業がオープン ソースを最大限に利用できるよう手助けします。

レポートをダウンロードする

Go to top