Automotive Grade Linuxをトヨタが世界的に採用 - Amazon AlexaもAGLに加盟し音声認識をサポート

2018年1月10日 ラスベガス (CES 2018) 発 - コネクテッド カー向けオープン プラットフォームのクロスインダストリ共同開発プロジェクト Automotive Grade Linux  (AGL) は、AGLが世界中のトヨタ車に採用されることを発表しました。またシルバー メンバーのAmazon Alexaを筆頭に、新メンバー5社の発表も行いました。

The Linux FoundationのAutomotive Grade Linux担当エグゼクティブ ディレクターであるDan Cauchyは、次のように述べています。
「世界中の道路を走る自動車にAGLが搭載されることは、AGLにとっても、自動車用オープン ソース コミュニティにとっても画期的な出来事です。トヨタは長年にわたってオープン ソースを強く支持してきました。同社がAGLベースのインフォテインメント システムを導入したことで、他の自動車メーカーもこれに続くでしょう。」

初めてのAGLベースのトヨタ製インフォテインメント システムが、米国で2018年新型トヨタ カムリに搭載されたことは、すでに報じられています。このシステムは、米国の2018年新型トヨタ カムリのEntune 3.0に続き、世界の自動車に搭載されています。

トヨタ自動車株式会社 コネクティッドカンパニー Executive Vice Presidentの山本圭司氏は、次のように述べています (参考訳。原文はこちら。)
「オープン ソース ソフトウェアを採用すること、そしてAGLのようなプロジェクトに積極的に関わることは、弊社の技術戦略の重要な要素です。AGLプラットフォームの柔軟性のおかげで、新しいインフォテインメント システムを世界中の各種自動車モデルに素早く展開できました。」

CES 2018のAGLショーケース

AGLはCES 2018において、ベネチアン ホテルのLidoボールルーム3002-3004で最新版のインフォテインメント プラットフォームUnified Code Base (UCB) 5.0を公開します。

数十社のメンバー企業の協力で開発されたこのUCBは、業界のデファクト スタンダートとも言えるオープン ソース インフォテインメント プラットフォームです。業界全体が共通のソフトウェア プラットフォームを共有すればグローバルな開発者エコシステムがさらに成長し、開発者が一度行った製品開発作業を複数の自動車メーカーに適用できるため、分断化が減り、市場投入時間が加速されます。

またAGLのショーケースでは、アイシンAW、Audiokinetic、デンソー、デンソー テン、Elektrobit、ForgeRock、Igalia、Intel、LG Silicon、Valley Lab、Microchip、NTTデータMSE、パナソニック、RealVNC、ルネサス エレクトロニクス、SafeRide Technologies、Tuxeraなど、15以上のAGLメンバーがAGLを利用した技術や概念立証 (PoCs) のデモを行います。デモの詳細については、こちらを参照してください。

Amazon Alexaなど5社がAGLのメンバーに

Amazonはシルバー メンバーとしてAGLに加盟しました。Amazon Alexaチームは、AGLプラットフォームの音声認識処理に積極的に貢献およびサポートする予定です。このほか、Green Hills Software、Kernkonzept、Sancloud、ならびにSYSGO AGが新メンバーとして加盟しました。

メンバーの声

「AGLの作業を支援することで、車載音声対応機能を提供できることを嬉しく思います。Alexaにとって自動車は新しい分野であり、AGLの取り組みは、自動車業界に音声優先の未来をもたらす助けとなるでしょう。」
Ned Curic氏 (Amazon Alexa バイス プレジデント)

「10年以上にわたり、ミッション クリティカル システムの安全・安心な組込み仮想機能をデプロイしてきたGreen Hills Softwareは、自動車のミックスド クリティカリティ統合のためにその技術をAGLコミュニティに提供できれば幸いです。私たちの定評あるノウハウを、これからのコネクテッド カーの車載エレクトロニクス統合を進化させるために提供および応用したいと思います。」
Dan Mender氏 (Green Hills Software ビジネス開発担当VP)

「Kernkonzeptは、セキュリティ&セイフティクリティカルな仮想化対応アプリのためのL4Reマイクロハイパーバイザーを通じ、オープン ソースに積極的に参加しています。弊社はオープン ソース コミュニティにより深く関与し、機能安全を必要とするシステムのAGLソフトウェア スタック実現に寄与できるよう、Automotive Grade Linuxに加盟しました。」
Michael Hohmuth氏 (Kernkonzept CEO)

「弊社は、ハードウェア ソリューションやソフトウェア ソリューションの革新的なカスタム設計に強力なバックグラウンドを持ち、オープン ソースを最新技術の最重要要素と捉えています。AGLメンバーである私たちにはコネクテッド カー エコシステムの確かな未来が見えており、弊社の自動車開発プラットフォームを拡充し、AGLプラットフォームをサポートする機会を持てることを嬉しく思います。」
Marc Murphy氏 (Sancloud ディレクター)

「Automotive Grade Linux (AGL) のメンバーとして、Linuxにおける従来の資産を守りつつ、成長めざましい自動車分野にもこれを活用し、急速なイノベーションに適応していきたいと思います。」特にELinOSは、弊社の代表的な組込みLinuxディストリビューションであり、タイプ1ハイパーバイザーを持つPikeOSリアル タイム オペレーティング システムのゲストOSとしてそのまま機能します。」
Franz Walkembach氏 (SYSGO AG マーケティング&プロダクト戦略担当VP)

About Automotive Grade Linux (AGL) について

Automotive Grade Linux は、自動車メーカー、サプライヤー、技術系企業などを結集し、コネクテッド カー向けフル オープン ソフトウェア スタックの開発導入を促進するオープン ソース共同開発プロジェクトです。AGL はその中核にある Linux の強みを生かし、新しい機能や技術の高速開発を可能にする業界デファクト スタンダートのオープン プラットフォームをゼロから開発しています。AGL は、当初はおもに車載情報機器 (In-Vehicle-Infotainment: IVI) を対象にしていましたが、計器盤、ヘッド アップ ディスプレイ、テレマティクス、先進運転支援システム (Advanced Driver Assistance Systems: ADAS)、自動運転などあらゆる車載ソフトウェアへの対応を予定している唯一の組織です。AGL プラットフォームは誰でも使用でき、誰でもその開発に参加できます。詳細情報はこちらです。https://www.automotivelinux.org/

Automotive Grade Linux は、Linux Foundation 協業プロジェクトです。Linux Foundation 協業プロジェクトは独立した資金によるソフトウェア プロジェクトで、共同開発の力で業界やエコシステム全体のイノベーションを推進しています。www.linuxfoundation.org

###

The Linux Foundationはさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundationの商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
LinuxはLinus Torvaldsの登録商標です。