Linux コンテナ技術が躍進し、Docker とその新エコシステムが出現したことで、エンタープライズ Linux ディストリビューションの中で、Docker を組み込んだシステムを利用せず、新しいコンテナ戦略を売りにしていないものを見つけるのは難しくなってきました。VMware vSphere、 Google Cloud Platform、そして Microsoft Azure でさえも、それらのクラウド プラットフォームをオープン ソース Docker プロジェクトに適合させようとしているほどです。

この急速な技術革新と、その結果として発生する既存プラットフォームや既存ベンダーの崩壊は、クラウドを強化する過程でオープン ソース ソフトウェアと協業が果たす役割を考える良いケース スタディとなっています。

私たちにとって、また多くのオープン ソース コミュニティにとって、オープン クラウドとは次のようなものを意味します。

  • アプリケーション開発者によって使われるソフトウェアから API まで、すべてのコンポーネントが、ベンダーにも顧客にもオープンである。
  • プロジェクトの成果物は、Open Source Initiative (OSI) によって認定されたオープン ソース ライセンスのもとに公開され、その全コードに対する無制約なアクセスが保証されている。たとえば、Linux カーネルで採用される GPL、またはそれに代わる Apache ライセンスや MIT ライセンスなど。
  • 活発で多様性に富んだユーザーと貢献者のコミュニティがプロジェクトをサポートしている。

この領域はまだ始まったばかりですが、この技術は健全であり、モバイル コンピューティングやモノのインターネット (IoT) の周囲にさらに大きなクラウド エコシステムを作る基礎となることが約束されています。

レポートをダウンロードする

Go to top