オープン ソース技術者の採用は技術者採用担当者にとって最優先課題であり、人事担当者は、採用候補者の中からよりプロフェッショナルなトレーニングを受けた資格者を求めています。この 2016 Open Source Jobs Report によれば、人事担当者の 65% が、今後 6 か月は、オープン ソース関連の採用が他の作業よりも優先されると答えており、79% は、在籍するオープン ソース プロフェッショナルをつなぎとめるためにインセンティブを増やしたと答えています。
 

これは技術者のための大手転職サイトである  Dice® と、大規模共同開発のためのプロフェッショナルなオープン ソース マネジメントの促進に取り組む非営利組織である The Linux Foundation とが協力して行ったジョブズ レポートの第 5 版です。これまでの 4 年間の調査は、Linux プロフェッショナルのための採用市場に主眼を置いていました。しかし昨今、オープン ソース ソフトウェアが技術基盤や最終的な製品にもかつてないほど多用されるようになり、すべてのオープン ソース技術者市場の採用に関する機会や課題を理解することが重要になっています。したがって、今年はこのレポートの対象を拡大し、すべてのオープン ソース プロフェッショナルのための採用市場について調査することにしました。そのため、今年の調査結果と昨年までのそれとを正確に比較することはできません。今年のデータは、より広範なプロフェッショナル集団と採用担当者とを対象にした数値になります。

2016 Open Source Jobs Survey and Report は、オープン ソース キャリアのトレンド、業界におけるプロフェッショナルのモチベーション、そして企業は優れた人材を確保するためにどうすればよいか、などを概説しています。

      2016 Open Source Jobs Survey and Report のおもな調査結果

  • オープン ソース技術者の確保は、今年の採用活動の最優先課題 採用担当者の 59% が、今後 6 か月でオープン ソース プロフェッショナルをさらに採用したいと答えています。これは昨年の Linux に特化したジョブズ レポートと比較しても増えています (昨年の同様の質問では、50% が Linux 人材を増やす計画があると回答)。
  • DevOps は業界が特に求めているスキル 採用担当者の 58% が DevOpes プロフェッショナルを必要としており、今年も開発者に対するニーズは 74% で採用の最重要課題です。オープン ソース プロフェッショナルもこのトレンドを認識しており、調査対象者の 13% が、DevOps が現在最も需要の高いスキルだと答えています。
  • ネットワーク処理は新技術の代表格 2 番目に需要の高い知識分野はネットワーク処理です。採用担当者の 21% が、ネットワークの知識はオープン ソース関連の採用に大きく影響すると答えています。また、急激に伸びているいるカテゴリとして採用担当者の 51% が挙げたのが、OpenStack、CloudStack、および関連のクラウド技術です。
  • オープン ソースのプロフェッショナルがイノベーションとコラボレーションに貢献 報酬が転職の最大の条件だったと答えたプロフェッショナルは、たったの 2% でした。オープン ソースのプロフェッショナルが職を決める理由は、興味あるプロジェクトに取り組むことがトップの 31% ですが、これに続くのが、最先端技術に挑戦すること (18%) や、グローバル コミュニティとのコラボレーション (17%) です。

Dice の社長である Bob Melk 氏は次のように述べています。「オープン ソースの人材に対する需要は高まり続け、企業は自分たちが求める経験豊かなプロフェッショナルを見つけるために奮闘しています。オープン ソースのプロフェッショナルに対する報酬の増加は、世界中の企業が優秀なオープン ソース プロフェッショナルを獲得・確保する必要性を理解していることの表れです。」

Linux Foundation のエグゼクティブ ディレクターである Jim Zemlin は次のように述べています。「今はまさに売り手市場で、オープン ソース プロフェッショナルにとって条件はますます良くなるばかりです。オープン ソース プロジェクトも増え続けており、オープン ソース プロフェッショナルたちは、DevOps や ネットワーク関連の知識や経験をさらに高めてスキルアップする必要があります。継続的なトレーニングや認証プログラムは、彼らの専門知識を伸ばして競争力を保つために重要です。」

この年次レポートは、世界中の企業 (大企業および中小企業)、自治体、人材派遣会社に所属する 400 人以上の人事担当者から収集したデータと、世界中の 4,500 人以上のオープン ソース プロフェッショナルの回答をもとに作成されました。

2016 Open Source Jobs Report は、https://www.linux.com/publications/2016-open-source-jobs-report から無償でダウンロードできます。

 

2016 Open Source Jobs Report

 

 

Go to top