理想的なオープン ソース マネージメント プログラムは、組織の事業目標に沿って作成される「オープン ソース マネージメント ストラテジ」がベースになります。「オープン ソース マネージメント ポリシー」は、オープン ソースをマネージメントするための簡素なルール セットであり、「オープン ソース マネージメント ストラテジ」を反映しています。オープン ソース マネージメント ポリシーと既存のソフトウェア開発プロセスとを融合させて、オープン ソース ソフトウェアを日々利用・管理するための詳細な「オープン ソース マネージメント プロセス」が定義されます。

The Linux Foundation のコンサルタントはこれまで数百の企業組織を支援しており、企業が効果的なオープン ソース ソフトウェア マネージメント プログラムを開発・施行し、確実にビジネス目標を達成し、なおかつ運用面、技術面、およびリーガル面の課題を効率的に克服できるよう助けることで高い評価を受けています。

Open Source Management Consulting

The Linux Foundation は、確かなオープン ソース マネージメント プログラムを提供するために、以下のようなサービスを単体やセットで提案しています。

オープン ソース マネージメント ストラテジの作成

「オープン ソース マネージメント ストラテジ」は組織の事業目標をベースにして作成され、その事業目標をオープン ソース マネージメント プログラムの各面の意思決定に反映させます。ビジネスやソフトウェアでの幅広い経験を持つ The Linux Foundation のコンサルタントは、ワークショップ形式のアプローチを採用してコンセンサスを得ながら、各企業に最適なオープン ソース マネージメント ストラテジを導き出します。

オープン ソース ポリシーの作成

効果的なオープン ソース ポリシーは、組織内でオープン ソース ソフトウェアを利用および管理するためのルールを簡素にまとめたものです。The Linux Foundation のエキスパートは、組織の重要なステークホルダーにトレーニングやリーダー陣を提供することで、業界のベストプラクティスを採用しつつ、組織の固有のニーズを満たす「オープン ソース ポリシー」を作成します。

オープン ソース プロセスの作成

標準化されたプロセスを利用することで、企業はオープン ソースのメリットを最大限に享受できます。The Linux Foundation のコンサルタントは、ワークショップ形式のアプローチで各組織の重要なステークホルダーと連携し、業界のベストプラクティスと各組織が既に持っているプロセスの枠組みとをベースに、一連の効果的なプロセスを提供します。私たちのモットーは「より簡単にではなく可能な限り簡単に」です。

オープン ソース プログラムの施行

オープン ソース マネージメント プログラムを大きな組織で施行するのは大変な作業です。施行計画、組織的な開発作業、ツールの選択、各部門への適用、トレーニングなど多くの工程があります。経験豊富な The Linux Foundation のチームはこの大事業の達成を加速させ、多様な分野の知識が必要なこのプログラムの作成・実行段階で、組織が直面するさまざまな落とし穴を彼らが回避できるよう手助けします。

オープン ソース ガバナンスの最適化

オープン ソース マネージメント プログラムをすでに作成・実施している企業に対しては、The Linux Foundation は現プログラムを評価したり具体的な提案を行ったりする作業に注力することで、工数やオーバーヘッドを削減し、運用上およびリーガル上のリスクを明らかにし、オープン ソース  ガバナンス プログラムから最大限の効果を引き出せるようにします。

 

The Linux Foundation のコンサルティング チームにご相談ください

以下のフォームに必要事項を記入して送信してください。The Linux Foundation の担当者が折り返しご連絡いたします。

Go to top