Linux Foundation Legal Community

The Linux Foundation はリーガル コミュニティを誘致することで、リーガル プロフェッショナルたちが協力し合い、Linux や広範なオープン ソースのエコシステムを保護するための中立な場を提供しています。リーガル コミュニティは、組織内でオープン ソース関連の問題を扱っている法律担当者で構成され、担当者間の協力を推進しています。コミュニティのメンバーは、ベスト プラクティスの作成、共通の問題解決に対する取り組み、標準化団体との協調、オープン ソース プロジェクトで発生する問題の予測、および他のリーガル コミュニティ (FSFE Legal Network や SFLCなど) との連携などを中心に活動しています。リーガル コミュニティは、The Linux Foundation でホストしている他のプロジェクト (SPDX や OpenChain など) にも関わり、創設支援も行ってきました。このコミュニティは The Linux Foundation のメンバーのみで構成されています。 このコミュニティへの参加を希望するメンバーは、legal@linuxfoundation.org までご連絡ください。

 

TODO Group

TODO Group (Talk Openly, Develop Openly) は、優れた効果的なオープン ソース プロジェクトやオープン ソース プログラムを実行するための手法やツールなどについて協業したいと考えている企業で構成されています。オープンソースを採用・推進するオフィスは、さまざまな課題に直面します。たとえば、品質を確保しつつ頻繁にソフトをリリースする、開発コミュニティに参加する、他のプロジェクトへの効果的なフィードバックを行うなどです。このグループのメンバーは、これらの課題を乗り越え、内外のオープン ソース プロジェクトにオープン ソースのベスト プラクティスを採用するために共同で取り組もうとしています。彼らは経験を共有し、ベスト プラクティスを更新し、共用可能なツールの作成に取り組んでいます。詳細については、TODO Group および how to join を参照してください。

 

OpenChain

OpenChain プロジェクトはリーガル コミュニティから生まれた新たな取り組みであり、企業がサプライヤーに責任を持って順守させることでコンプライアンス関連のミスを減らせるようなオープン ソース ライセンス コンプライアンスの標準を開発することに力を入れています。この問題は、多くの大企業が直面しているものです。企業は多数のサプライヤーからソフトウェアを調達しますが、サプライヤーが提供するソース コードにベスト プラクティスを適用してコンプライアンスを実施しているかどうかを確認することは不可能です。OpenChain コミュニティはこのための標準と、それをサポートするための教材を開発しており、サプライチェーンにおけるオープン ソース ソフトウェア ライセンス コンプライアンスに力を注いでいるプロフェッショナルのオープン コミュニティです。詳細情報や参加方法については、OpenChain Project を参照してください。

 

SPDX

SPDX プロジェクトは、オープン ソース  ライセンス コンプライアンスのためのマシンリーダブル形式の標準を開発することで、オープン ソース コンプライアンスの負荷軽減に取り組んでいます。このプロジェクトは、ソフトウェア パッケージ内のソース コードのライセンス データを簡単にやり取りできるようにする標準を作成することから開始しました。SPDX 2.0 では、特定のソフトウェア パッケージとそれらのパッケージが含まれている製品の依存関係を示すライセンス データのやりとりをサポートするまでになりました。SPDX プロジェクトは、簡単な ID のリストのメンテナンスも実施しています。この ID はオープンソースやコミュニティのプロジェクトで一般的に使用されているライセンスの ID です。このリスト自体もプロジェクト、企業、コミュニティで使用されるデファクト スタンダードになっています。最近では、ファイルのライセンス情報をそのファイルのソース コード自体に記録するメタ タグ システムを開発し、正確で高速なライセンスのスキャンを実現しています。SPDX プロジェクトの中心となるプロフェッショナル コミュニティを構成しているのは、オープン ソース ソフトウェアを提供する企業にいる自分たちの仕事を軽減する世界標準を構築しようとしているオープン ソース ソフトウェア ユーザー、開発者、リーガル プロフェッショナル、コンプライアンス管理者などです。このコミュニティで協働することにより、オープン ソース ソフトウェアを活用する企業における複雑なソフトウェア開発の管理に関わる運用問題を軽減する標準やツールの開発を進めています。詳細については、participate in this initiative を参照してください。

 
Go to top