EdgeX Foundry新メンバー加盟でエコシステムを拡大

aicas GmbH、CATAI-UNESCO、Irish Manufacturing Research、SixgillおよびZephyr Projectが、IoT相互運用性にコミットする60社以上の協力メンバー企業に参加

2017年12月19日サンフランシスコ発 – Internet of Things(IoT)エッジコンピューティングのエコシステム促進のために共通の相互運用性フレームワークを構築するオープンソースプロジェクトEdgeX Foundryは、新メンバーとしてacias GmbH、CATAI-UNESCO、Irish Manufacturing Research、SixgillおよびZephyr Projectの5企業・プロジェクトが加盟したことを発表しました。これらの組織は、分析、ビジュアライゼーション、センサー、セキュリティ、管理容易性などをサポートする製品やサービスを提供するIoTランドスケープを幅広く代表する60社以上のメンバー企業に加わります。

The Linux FoundationがホストするEdgeX Foundryは、産業や企業のユースケース全体におけるIoTデプロイの加速に取り組む協業プロジェクトです。EdgeXにより、開発者はIndustrial Internet of Things(IIoT)ソリューションをより迅速かつ容易に構築、デプロイ、実行、拡張することができます。EdgeXは、ツールとソリューション間の相互運用性を可能にし、柔軟性とセキュリティを実現します。

The Linux FoundationのIoT担当シニアディレクターであるPhilip DesAutels, PhDは次のように述べています。
「EdgeXコミュニティのメンバーは地理的に多様ですが、あらゆるハードウェア、OS、アプリケーションフレームワークと連携できる相互運用可能なプラットフォーム構築のために協力し続けています。私たちは新メンバーを迎え入れ、IIoTソリューションのエコシステムを構築しサポートするために彼らと緊密に協業することを楽しみにしています。」

EdgeX Foundryは今年4月の発足以来著しい進展を遂げており、世界各地から150人以上がプロジェクトの目標を確認し、ワーキンググループを展開し、重要な機能分野のプロジェクトメンテナーとコミッターを特定するために対面ミーティングに参加しました。また、Tech Talksテンプレートスターターガイドなど、新しい開発者がプロジェクトに参加することを支援するためにデザインされたリソースも作成しました。これらのリソース、今後のEdgeX Foundryミーティング、参加方法の詳細についてはこちらを参照してください。

新メンバーの声(原文)

aicas GmbH
“aicas is excited to join EdgeX Foundry and support and integrate its microservices architecture with our framework, lightweight process model, ahead-of-time compiler, hard real-time garbage collector and runtime, and Java bytecode multilanguage support,” said David Beberman, Chief Marketing Officer for acias GmbH.

CATAI-UNESCO
“Devoted since 1982 to the innovation and AI in medicine, CATAI-UNESCO is enforcing the urgent demand to widespread Health 4.0 for the humanization of healthcare,” said Prof. Dr. O. Ferrer Roca, UNESCO Chair of Telemedicine in the CATAI Association. “This will only be possible if we integrate IoT to promote universal preventive and participative medicine. The essential infrastructure based on the EdgeX framework will provide less complex and standardized small health data (SHD) exchange.”

Irish Manufacturing Research
“Irish Manufacturing Research is delighted to contribute to the EdgeX Foundry project and work on an open source full featured and secured IIoT platform for the manufacturing industry,” said John Delaney, Principal Investigator for Irish Manufacturing Research. “Ensuring interoperability and scalability at the edge while supporting legacy systems is a key enabler on the digitization roadmap for both small and large industrial enterprises.”

Sixgill
“Edge computing and edge decision services are cornerstones in our universal sensor data platform at Sixgill. We consider edge services critical to helping enterprises realize the full potential of IoT, particularly for real-time operations,” said Elizabeth Shonnard, VP Product at Sixgill, LLC. “We’re excited to join EdgeX Foundry, pursuing a shared vision of data and device-agnostic systems that are interoperable and easily adopted to accelerate IoT development and enable highly responsive, sensing applications.”

Zephyr Project
“In February 2018, the Zephyr Projectwill celebrate its two-year anniversary of being a collaborative open-source micro-controller operating system,” said Geoff Thorpe, Security Architect for NXP and Chair of Zephyr Governing Board. “EdgeX Foundry proposes a welcome step towards harmonizing and generalizing the fragmented set of technologies in today’s IoT, and does so in an open and platform-neutral manner. This could not be more consistent with the ideals of the Zephyr project, and we’re delighted to be part of this collaborative effort.”

EdgeXロードマップ

EdgeX技術運営委員会(Technical Steering Committee)は、相互運用可能な商用差別化に向けたプロダクトクオリティのオープンソース基盤を提供するための長期戦略を明示した半年ごとのリリースロードマップを策定しました。またプロジェクトは、主要なEdgeXマイクロサービスの代替Go言語とC言語の実装によりパフォーマンスの向上、起動時間の短縮、フットプリント全体の削減にも取り組んでいます。Go言語実装のプレビューは、2018年初期を目指しており、初めのテストでは現在のJavaベースラインより桁違いに小さいフットプリントを約束しています。

EdgeX Foundryの次期メジャーリリース「California」は、2018年春をターゲットとしています。Californiaは、ビジネスクリティカルなIIoTアプリケーションのデプロイ要件をサポートするフレームワークを進化させるEdgeX Foundryコミットメントの重要なステップとなります。全般的な改善に加えて、Californiaリリースに計画されている機能には、ベースラインAPIとセキュリティと管理容易性の付加価値のためのリファレンス実装が含まれます。追加情報はこちらをご覧ください。

その他の資料

EdgeX Foundry wiki
EdgeX Developer’s Guide
EdgeX Blog
EdgeX LinkedIn
EdgeX Twitter
Edge Foundry YouTube Channel

EdgeX Foundryについて

EdgeX Foundryは、The Linux Foundationが主催するオープンソースプロジェクトで、IoTエッジコンピューティングのための共通オープンフレームワークの構築と、市場を統合し、IoTソリューションのデプロイメントを加速する相互運用可能なコンポーネントのエコシステムの構築を行っています。あらゆるハードウェアやオペレーティングシステムと各種アプリケーション環境の組み合わせの上で動作するよう設計されたEdgeXを利用することで、ビジネスニーズの変化に簡単に対応できる柔軟なIoTエッジソリューションを高速開発できます。詳細については、こちらのサイト( www.edgexfoundry.org )をご覧ください。

The Linux Foundation について

The Linux Foundationは、オープン テクノロジの開発や商用展開を加速するエコシステム構築のための組織として、世界のトップクラスの開発者や企業から選ばれています。The Linux Foundationは世界中のオープンソースコミュニティと協力して、史上最大の共有技術投資を作り出すことにより、難解な技術問題を解決しています。2000 年に創設されたThe Linux Foundationは、オープンソースプロジェクトをスケールするためのツール、トレーニング、およびイベントを提供しており、それらのプロジェクトが協力し合い、1社だけでは成し得ない経済的影響を実現しています。詳細については、www.linuxfoundation.org を参照してください。

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。
The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。