OpenContrail、The Linux Foundationへの移行を完了し‘ Tungsten Fabric ’に

他のLFプロジェクトと協力 ー クラウド エコシステム間のオープンソースを拡大

2018年3月27日ロサンゼルス発 (Open Networking Summit)The Linux Foundation は、クラウドのためのオープンソースのネットワーク仮想化プラットフォームであるOpenContrailがLFへの移行を完了しTungsten Fabric へと名称を変更したことを発表しました。

以前 Juniper NetworksにホストされていたTungsten Fabricは、スケーラブルでマルチ クラウドなネットワーキング プラットフォームです。ネットワーキングとセキュリテイのための単一のコントロール・オブザーバビリティ・アナリティクスを提供します。Kubernetes、Mesos、VMware、OpenStackなど、多くのクラウド テクノロジー スタックと統合されています。プライベート クラウド / ハイブリッドクラウド / AWSやGCEなどのパグリック クラウド デプロイメントをサポートしています。Tungsten Fabricには、コンテナ・VM・ベアメタル アプリケーションを接続する高性能vRouterと、ネットワーク オーバーレイ・スイッチ ファブリック・ルータ ゲートウェイをオーケストレーションするコントローラが含まれています。

当プロジェクトは、OpenContrailとして2013年Juniper Networksによりオープンソース化されました。現在ではTungsten Fabricと名称を改め、運営基盤は活気に満ちた開発者とエンド ユーザー コミュニティを有しています。Tungsten Fabricは、ハイパースケール クラウド プロバイダー・通信事業者から企業まで、パブリックおよびプライベートのIaaS / CaaS / PaaS 環境全体にわたり大規模なグローバル スケールで展開されています。Tungsten Fabricのミッションは、さまざまな環境に接続できるネットワーク ファブリックを提供する、ユビキタスで、使いやすく、スケーラブルで、セキュアで、クラウド グレードのSDNスタックを構築することです。コントリビューターおよびコミュニティ メンバーには、Aricent、AT&T、Bell、Cavium、CertusNet,、CloudOps、CodiLime、Intel、Juniper Networks、Lenovo、Mellanox、Mirantis、Netronome、Orange、SDN Essentials、TechTrueUp、Yandexが含まれています。

The Linux Foundationのネットワーキング担当ゼネラル マネージャーであるArpit Joshipuraは、次のように述べています。
「The Linux Foundationのもとで中立的なガバナンスのTungsten Fabricを設けることを嬉しく思います。これにより、Linux Foundationおよびネットワーク関連の他のプロジェクトとのコラボレーションが可能になります。成長するSoftware-Definedエコシステム全体におけるコラボレーションの拡大を期待しています。」

支援企業・団体の声 (原文)

“Intel welcomes Tungsten Fabric’s move to the Linux Foundation. Tungsten Fabric’s history with open source and this move will enable faster integration into the growing software-defined networking ecosystem,” said Rajesh Gadiyar, vice president, Intel Data Center Group and CTO Network Platforms Group. “We look forward to continuing to work with the open source community to help this software take advantage of the performance benefits of the Data Plane Development Kit (DPDK), and to provide optimizations that leverage hardware acceleration features such as Intel® AES-NI and Intel® QuickAssist Technology to power important capabilities in critical areas like network services, analytics, security and NFV.”

“This move to the LF is a critical step in Tungsten Fabric’s evolution as a ubiquitous network fabric,” said Randy Bias VP Technology and Strategy at Juniper Networks. “Tungsten Fabric’s positioning as an open source, multi-cloud, multi-stack, network fabric that has been proven at scale gives it a unique opportunity to bridge the gap between public, private, VMs, containers and bare metal. Tungsten Fabric provides choice and is committed to helping customers achieve their network and security nirvana while eliminating vendor lock-in.”

“We look forward to continued collaboration on the Tungsten Fabric platform as it completes the move to join The Linux Foundation,” said Chris Rice, senior vice president, Domain 2.0 Architecture & Design, AT&T. “We expect this move to foster greater innovation, and we support Tungsten Fabric’s commitment to open networking.”

Tungsten Fabricの詳細は、こちらをご覧ください。

The Linux Foundation について

The Linux Foundationは、オープン テクノロジの開発や企業展開を加速するエコシステム構築のための組織として、世界のトップ クラスの開発者や企業から選ばれています。The Linux Foundationは世界中のオープンソースコミュニティと協力して、史上最大の共有技術投資を作り出すことにより、難解な技術問題を解決しています。

2000年に創設されたThe Linux Foundationは、オープンソース プロジェクトをスケールするためのツール、トレーニング、およびイベントを提供しており、それらのプロジェクトが協力し合い、1社だけでは成し得ない経済的影響を実現しています。詳細については、www.linuxfoundation.orgを参照してください。

# # #

 

The Linux Foundationはさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundationの商標一覧はこちら ( https://www.linuxfoundation.jp/trademark-usage/ ) のページでご確認いただけます。LinuxはLinus Torvaldsの登録商標です。