Chris Mason

Chris Mason

Facebook

Linux カーネルの長期コントリビューターであり、btrfs ファイルシステムのメンテナーです。現在は Facebook のカーネル チームのソフトウェア エンジニアであり、Linux Foundation テクニカル アドバイザリ ボードの議長です。Facebook の前は SUSE、Oracle、および Fusion-io でカーネル開発者として働いていました。ニューヨーク州ロチェスター在住。

 

Chris Mason

Chris Mason

Facebook

Dan Williams

Dan Williams

Dan Williams is presently a kernel developer in Intel's Open Source Technology center. His primary role is enabling next generation storage technologies, like persistent memory. In his more than a decade long history of contributing to the Linux kernel he has also had the opportunity to work embedded system-on-a-chip enabling, memory management, and other core functionality.

Dan Williams

Dan Williams

Greg Kroah-Hartman

Greg Kroah-Hartman

フェロー

Greg は、カーネル レベルで Linux をメンテナンスする著名なソフトウェア開発者のひとりです。今後彼は Linux Foundation フェローとして、完全に中立な環境で Linux の安定版カーネル ブランチや各種サブシステムのメンテナンス作業を継続します。

Greg Kroah-Hartman

Greg Kroah-Hartman

フェロー

Greg は、カーネル レベルで Linux をメンテナンスする著名なソフトウェア開発者のひとりです。今後彼は Linux Foundation フェローとして、完全に中立な環境で Linux の安定版カーネル ブランチや各種サブシステムのメンテナンス作業を継続します。また、Linux を進化させるために、The Linux Foundation の メンバー、ワークグループ、ラボ プロジェクト (http://www.linuxfoundation.org/labs)、および重要なプロジェクトのスタッフと密接に連携します。

Greg は Linux Driver プロジェクトを立ち上げ、管理しています。また、現在は Linux の安定版カーネル ブランチと各種サブシステム (USB、ステージング、ドライバー コア、tty、sysfs など) をメンテナンスしています。数年前までは SUSE のフェローでした。オレゴン州立大学のオープン ソース ラボのアドバイザーや、The Linux Foundation のテクニカル アドバイザリ ボードのメンバーを務めるほか、開発者や業界のイベントでさまざまな基調講演を行っており、Linux デバイス ドライバーと Linux カーネル開発に関する書籍も 2 冊著作しています。

H. Peter Anvin

H. Peter Anvin

Intel

Peter は、オープン ソース ソフトウェア プロジェクトへの貢献度が高いことで有名な、スウェーデンのコンピューター プログラマーです。SYSLINUX や Linux Assigned Names and Numbers Authority (LANANA) をはじめとするさまざまな Linux カーネル機能を発案しています。

H. Peter Anvin

H. Peter Anvin

Intel

Peter は、オープン ソース ソフトウェア プロジェクトへの貢献度が高いことで有名な、スウェーデンのコンピューター プログラマーです。SYSLINUX や Linux Assigned Names and Numbers Authority (LANANA)、および以下のようなさまざまな Linux カーネル機能を発案しています。

  • UNIX98 ptys
  • CPUID driver
  • The Linux kernel automounter
  • zisofs
  • RAID 6 support
  • x32 ABI
  • klibc – 標準 C ライブラリの最小限のサブセット

彼は以前は Linux.* Usenet ニュースグループの階層と、Kernel.org の Linux カーネル アーカイブスのメンテナーをしており、オリジナルのスワップ スペースのハウツーや、"Linux/I386 Boot Protocol" を書いています。

Jonathan Corbet, Linux Technical Advisory Board Member

Jonathan Corbet

LWN.net

Jonathan は、LWN.net の エグゼクティブ エディターであり、Linux デバイス ドライバーの共同作成者であり、Linux カーネルのコントリビューターです。1993 年に Linux システムに出会い、現在に至っています。

Jonathan Corbet, Linux Technical Advisory Board Member

Jonathan Corbet

LWN.net

Jonathan は、1981 年に BSD Unix ソースに出会い、コロラド大学の講師にページング アルゴリズムの修正を任されました。それ以来、めぐり合うあらゆるシステムを深く研究し、VAX、Sun、Ardent、X86 システムのドライバーを手がけました。1993 年に Linux システムに出会い、現在に至っています。現在の肩書は Linux Weekly News の共同設立者兼エグゼクティブ エディターです。 

 

Olof Johansson

Olof Johansson

Tesla

Olaf's first tinkering with Linux was with SLS back in the dark ages, but he took a long detour before he started working full time on the kernel in 2003, and have been at it since. His path has taken him through a number of employers, the larger of which have been IBM, Apple, Google and currently Tesla. 

Olof Johansson

Olof Johansson

Tesla

He's been co-maintainer of the arm-soc effort for 5 years and counting, during which we've driven the transition from total chaos to something that's humming along very smoothly.

He's had the opportunity to work closely with a number of ARM vendors to get them engaged in upstream development, in particular through  work as technical lead of the Chrome OS kernel. Olof's closely familiar with the challenges and benefits that vendors see when they go through
this process, and how to make the best out of them. His proudest achievements are also in this area, where we've seen vendors such as Nvidia, Rockchip and Mediatek really step up and participate a lot more.
 

Rik van Riel

Rik van Riel

Rik has been involved in the Linux kernel since 1996,
both as a developer, and trying to increase community
participation, through projects like Kernelnewbies.org and Outreachy.

Rik van Riel

Rik van Riel

His goals include ensuring Linux can handle
whatever new hardware shows up, new developers have a
path to join the community, and users continue to be able
to exercise their rights under the GPL

Shuah Khan, Linux Technical Advisory Board Member

Shuah Khan

Samsung Research America

Shuah は Linux カーネル コントリビューターであり、Linux Kernel Selftest フレームワークのメンテナーです。Linux Media Core、IOMMU、DMA 分野にも貢献しており、Samsung のオープン ソース グループの Linux カーネル担当シニア デベロッパーを務めています。

Shuah Khan, Linux Technical Advisory Board Member

Shuah Khan

Samsung Research America

Shuah は Linux カーネル コントリビューターであり、Linux Kernel Selftest フレームワークのメンテナーです。Linux Media Core、IOMMU、DMA 分野にも貢献しており、Samsung のオープン ソース グループの Linux カーネル担当シニア デベロッパーを務めています。

彼女は Samsung OSG ブログに Linux カーネルに関する記事を掲載しています。以前は Linux Journal で Linux カーネルのテストやデバッグに関する文書を書いていました。Samsung に入社する前は、HP や Lucent でカーネルやソフトウェア開発者として働いていました。

Steven Rostedt

Steven Rostedt

Red Hat

Steven が Linux カーネルに取り組み始めたのは 1998 年で、当時は学生でコンピューター サイエンスを専攻していました。その後 Linux カーネル開発のキャリアを磨くことに専念しました。PREEMPT_RT パッチ セットの最初の主要開発者の 1 人として知られています。

Steven Rostedt

Steven Rostedt

Red Hat

Steven が Linux カーネルに取り組み始めたのは 1998 年で、当時は学生でコンピューター サイエンスを専攻していました。その後 Linux カーネル開発のキャリアを磨くことに専念しました。PREEMPT_RT パッチ セットの最初の主要開発者の 1 人として知られています。Linux カーネルをより確定的なオペレーティング システムにすることに力を注いできた彼は、スケジューラーのリアルタイム関連部分のメンテナンスを補佐しています。また、現在は PREEMPT_RT パッチ セットの安定版をメンテナンスしています。

自身の内蔵トレーサーからヒントを得て、PREEMPT_RT パッチのレイテンシ トレーサーをカーネルに入れ、後にこれが "ftrace" と呼ばれるものになりました。Steven はずっと Linux カーネルのトレーシング コードの主開発者兼メンテナーです。

彼は The Linux Foundation のイベントに精力的に参加し、自身が取り組んでいる開発作業について何度も講演しています。 

Ted Ts'o, Linux Technical Advisory Board Member

Ted Ts'o

Google

Ted Ts'o は おもに Linux カーネル (特にファイル システム) に対する貢献で知られるソフトウェア エンジニアです。ext2 や ext3 ファイル システムのためのユーザースペース ユーティリティである e2fsprogs の主開発者兼メンテナーであり、ext4 ファイル システムのメンテナーも務めています。

Ted Ts'o, Linux Technical Advisory Board Member

Ted Ts'o

Google

Ted は 1990 年に MIT のコンピューター サイエンスの学位を取得して卒業し、その後 1999 年まで MIT の情報システム (IS) 部門に勤務しました。当時は、Kerberos V5 チームのプロジェクト リーダーを務めています。

1994 年に Linux デバイス ノード /dev/random とこれに対応するカーネル ドライバーを開発しましたが、これは高品質な暗号乱数をユーザー プログラムに提供した最初の Linux カーネル インタフェースでした。 

MIT IS の後、VA Linux Systems に 2 年間勤務し、2001 年後半に IBM に入社して、Linux カーネルのパフォーマンスとスケーラビリティの向上に取り組みました。IBM でリアル タイム カーネルを手掛けた後、The Linux Foundation で 2 年間フェローとして参加しています。チーフ プラットフォーム ストラテジストを務めた後、2008 年にチーフ テクノロジ オフィサー (CTO) に任命されました。また、2008 年まで USENIX の会計も担当し、Linux Kernel Developers Summit の議長も務めました。

2010 年には Google に移りました。彼は Debian 開発者でもあり、2003 年以降はおもに e2fsprogs などのファイルシステム関連のパッケージをメンテナンスしています。また Internet Engineering Task Force (IETF) のセキュリティ分野理事会 (Security Area Directorate) のメンバーや、IPsec ワーキング グループの議長も務めていました。Free Standards Group (FSG) の創設ボード メンバーでもあります。
 

Go to top