Kubernetes®が初のCNCFグラデュエート(卒業)プロジェクトに

コンテナ オーケストレーション システムが、多くのグローバル企業で幅広く大規模に展開される

2018年3月6日カリフォルニア州ソノマ発 – Open Source Leadership Summit – Kubernetes®やPrometheus™などのオープンソース技術の維持・統合に取り組むCloud NativeComputing Foundtion(CNCF®)は、Kubernetesがグラデュエート(卒業)のステータスに進む最初のプロジェクトであることを発表しました。インキュベーションからグラデュエートへ進むことは、頻繁な採用、文書化され組織化されたガバナンス プロセス、およびコミュニティの成功と包括性に対する強いコミットメントを示す必要があります。

Cloud Native Computing FoundationのCOOであるChris Aniszczykは次のように述べています。
「Kubernetersは2年ほど前にTechnical Oversight Committee(TOC 技術監視委員会)により受け入れられた最初のプロジェクトとしてCNCFの形成をリードしました。プロジェクトの急速な成長、非常に多くの企業・クラウドプロバイダー・ユーザーからの広範な参加、そして大規模における実績あるオペレーション能力により、TOCはKubernetesがインキュベーションからグラデュエートのステータスへ進むことを快く承認しました。これはKubernetesがオープンソース プロジェクトとして成熟し、あらゆる規模の企業のどの業界においてもコンテナを管理するのに十分な弾力性を備えることを示しています。」

CNCFでのKubernetesマイルストーンとその期間については、このブログを参照してください。

Uber、Bloomberg、Blackrock、BlaBlaCar、The New York Times、Lyft、eBay、Buffer、Squarespace、Ancestry、GolfNow、Goldman Sachsのような著名なグローバル企業をはじめとする多くの組織が大規模な本番環境でKubernetesを使用しています。さらにRedmonkによれば、Fortune 100(グローバル企業の総収入ランキング トップ 100)企業の71%がコンテナを使用し、50%以上がKubernetesをコンテナ オーケストレーション プラットフォームとして使用しています。

正式にインキュベーションのステータスから卒業するために、KubernetesプロジェクトはCNCF Code of Conduct(CNCF行動規範)を採用し、独自のガバナンス体制を定義し、運営委員会を設置しました。現在のコミッターは、複数の企業とKubernetesコードベースのさまざまな部分の責任者に指名されたリストから構成されています。

さらにKubernetesは、Core Infrastructure Initiative(CII)ベスト プラクティス バッジを獲得・維持する必要がありました。2016年8月に完成したCIIバッジは、コード品質とセキュリティのベスト プラクティスに対する継続的なコミットメントを示します。

Google Cloudのオープンソース戦略責任者であるSarah Novotny氏は、次のように述べています。
Kubernetesプロジェクトは、CNCFを立ち上げ今日の業界をリードする地位への成長を支援したことはもちろん、完全なCNCFプロジェクトとなり卒業することを誇りに思います。このプロジェクトと企業のエコシステムは、クラウド内のインフラストラクチャを一変させました。Kubernetesコミュニティは、クラウド ネイティブ開発が業界全体にもたらしたインパクトを成熟させることを楽しみにしています。

MicrosoftのKubernetesプロジェクト アンバサダー であるJaice Singer DuMars氏は、次のように述べています。
「Kubernetesにはオープンソース プロジェクトで可能なことに関する前提を覆す超越した能力が備わっています。インキュベーションから独り立ちしたCNCFプロジェクトへの昇格は、他のコミュニティを堅実な成功に導くために慎重に建てられた灯台に最後の仕上げを施します。」

アベイラビリティと監督

オープンソース コンテナ オーケストレーション システムには、アプリ・サービス・ネットワークストレージ・クラスタ管理・パフォーマンスと安定性の機能が含まれています。KubernetesはApache License v2.0でリリースされ、プロジェクトへのアクティブなコントリビューターによる選抜チームにより監督されています。13人からなる運営委員会は、コミュニティ開発や技術プロセスなど日々の管理をガイドします。
ダウンロード、ドキュメント、参加方法については、下記のページをご覧ください。
https://github.com/kubernetes  https://kubernetes.io/  https://twitter.com/kubernetesio.

その他の資料

CNCF Graduation Criteria v1.0について 
CNCFブログ
SlackでCNCFの会話に参加する

Cloud Native Computing Foundationについて

クラウド ネイティブ コンピューティングは、オープンソースのソフトウェア スタックを使用してアプリケーションをマイクロ サービスとして提供します。各パーツを専用のコンテナにパッケージングし、それらのコンテナを動的に組織化して、リソース利用を最適化します。Cloud Native Computing Foundation (CNCF) は、KubernetesやPrometheusなどのソフトウェア スタックの重要コンポーネントをホストしています。CNCFはコラボレーションのための中立な場であり、業界の優れた開発者、エンドユーザー、およびベンダー(世界最大級のパブリック クラウドおよびエンタープライズ ソフトウェア企業、多くの革新的なスタートアップなど)を結集します。CNCFは非営利組織The Linux Foundation傘下のプロジェクトです。CNCFの詳細については、こちら( https://cncf.io/ )をご覧ください。

###

 

The Linux Foundationはさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundationの商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
LinuxはLinus Torvaldsの登録商標です。