Akraino Edge Stackへの業界によるコミットメントの拡大を発表

インテルが Wind River® Titanium Cloud Software と Network Edge Virtualization Software Development Kit をコントリビュートへ

2018年3月27日ロサンゼルス発(Open Networking Summit)The Linux Foundation は、インテル (Intel Corporation) の Wind River® Titanium Cloud 技術ポートフォリオおよび Intel® Network Edge Virtualization ソフトウェア開発キット (Intel® NEV SDK) のオープンソースの主要なコンポーネントに対する同社のコミットメントと、それに伴う業界支援の拡大を発表しました。インテルによるこれらの製品品質のコンポーネントは、エッジ コンピューティングシステム / アプリケーション向けに最適化された高可用性クラウド サービスをサポートするオープンソース ソフトウェア スタックの作成を目的としたオープンソース コミュニティ「Akraino Edge Stack」に寄付されます。このコントリビューションは、仮想マシンとコンテナで実行する通信事業者レベルの大規模なエッジ コンピューティング アプリケーション向けに設計された AT&T コードを補完し、信頼性とパフォーマンスの要件をサポートします。

インテルは、Altiostar、China Electronics Standardization Institute (CESI)、China Mobile、China Telecom、China Unicom、Docker、Huawei、iFlyTek、New H3C Group、Tencent、ZTE、99Cloud とともに、エッジ コンピューティング インフラストラクチャの改善に取り組むオープンソース コミュニティに参加します。

複雑な課題に取り組むいくつかのオープンソース プロジェクトは存在しますが、エッジ コンピューティング ソリューションの要求を満たすプロジェクトは現在1つとして存在しません。従来のテクノロジーを Akraino Edge Stack と統合することは、使いやすさ・信頼性の向上・独自の機能・ネットワーク パフォーマンスの実現を促進します。

Wind River Titanium Cloud  コンポーネントは、オープンソース標準に基づき構築され、エッジ / IoTワークロードに必要とされる低レイテンシー・高性能・スケーラビリティ・セキュリティだけではなく、24時間365日連続稼働に必要とされる高可用性・障害管理・ パフォーマンス管理など、クリティカルなインフラストラクチャ要件に対応するために拡張・強化された基盤を備えています。これらのコントリビューションは、エッジ クラウド スタックを基礎から組み立てるという課題を軽減します。さらに Wind River Titanium Cloud は、実績のある成熟した技術をオープンソース コミュニティにもたらします。エッジ コンピューティングに適したコンパクトで高性能なこれらのテクノロジーは、デプロイメントのためのパッケージ最適化に必要とされる労力を削減し、運用における効率と信頼性を実現します。コンポーネントには、OpenStack、QEMU、Ceph など、既存のオープンソース プロジェクトへのパッチだけではなく、新しいオープンソース資産も含まれています。

Intel NEV SDKコントリビューションは、スモールセル・マイクロセル・ワイヤライン・アグリゲーション サイト・セントラル オフィスなど、異なるネットワーク デプロイメントに対応するエッジ コンピューティング ソリューションを実現するための一連のリファレンス ライブラリと API を提供します。SDK は、ネットワーク プロトコルの複雑さと実装属性をアプリケーション開発者が理解する必要性を排除するように設計されています。Intel NEV SDK ライブラリは、すでに Wind River Titanium Cloud 技術により実証されデプロイされています。

コミュニティは、全ての参加者からの技術コントリビューションを歓迎するライトウェイトなガバナンス構造をを確立しました。プロジェクトの技術的な方向性を決める技術運営委員会 (technical steering committee) は、財務的な貢献を前提としないコミュニティ内のアクティブなコミッターで構成されます。

The Linux Foundation のエグゼクティブ  ディレクターである Jim Zemlin は、次のように述べています。
「Akraino Edge Stackを発表して以来、プロジェクトは強い関心を集めており、インテルが鍵となるWind Riverコード コントリビューションによりリーダシップを発揮していることに大変喜んでいます。数ヶ月後のAkraino Edge Stack本格始動に向けて、コミュニティへの貢献に関心のある組織や開発者を、エッジ コンピューティング向けのオープンソース ソリューションを定義する取り組みに招待します。」

インテルのバイス プレジデント兼 Open Source Technology Center ゼネラル マネージャーである Imad Sousou 氏は、次のように述べています。
「製品品質のエッジ コンピューティング インフラストラクチャ ソフトウェアによるインテルのコントリビューションは、エッジ クラウドサービスを迅速に拡張し、各サーバーにサポートされるアプリケーション / サブスクライバーを最大化し、システムの信頼性の保証を支援するなど、ユーザーに新しいレベルの柔軟性を提供します。このプロジェクトは、幅広いコミュニティの関与を促し、エコシステム全体にわたりイノベーションとエッジ スタックの製品化を加速するオープンでスケーラブルなプラットフォームの提供を支援します。」

Wind River の社長である Jim Douglas 氏は、次のように述べています。
「業界は、複数のオープンソース プロジェクトによるベスト オブ ブリード (各分野の最善の組み合わせ) のコンポーネントでソリューションを構築することから生まれるギャップを埋める必要があります。今まで断片化を減らし必要とされる拡張と加速を促進するオープンソース プラットフォームは1つも存在しませんでした。The Linux Foundation のもとで業界のリーダー企業と協力し、Wind Riverの実績あるインフラストラクチャ ソフトウェア資産を Akraino Edge Stack にコントリビュートすることを楽しみにしています。このプロジェクトが業界を共通のオープンソース エッジプラットフォームへと加速させることを確信しています。」

Akraino Edge Stackを支援する企業のコメント (原文)

“We welcome Intel along with other key industry players to the Akraino Edge Stack community. Their collaboration with AT&T and The Linux Foundation will help to expedite the maturity and adoption of edge cloud and enable a new ecosystem of applications and services.”

— Mazin Gilbert, vice president of Advanced Technology at AT&T

“Altiostar uses Titanium Cloud technology as part of our carrier grade NFV platform to support our vRAN VNFs. We are highly encouraged to see this technology becoming open sourced as part of the Akraino Edge Stack. The Titanium Cloud contributions will help create a reliable and mature platform for Akraino and help address the challenges of developing a carrier grade edge cloud stack from scratch. Our customers will be excited that these powerful technologies are now part of the open source community.”

— Ashraf Dahood, president and CEO of Altiostar

“Edge is a new open platform that provides the most nearby services by integrating network, storage, computing, application, and other core capabilities on the data source side. Facing the explosively increasing and massive data, Edge can fully exploit the distributed computing capability of edge devices and reduce pressure on the cloud computing center. Edge plus Cloud is an industrial trend. As the standardization leader of the electronic information technology field in China, China Electronics Standardization Institute will leverage our experience and resources to contribute to the development of Akraino Edge Stack and the definition of related Edge standards. We are committed to accelerate the development of the Edge industry and use of Edge to help our enterprise customers to conduct their business.”

— Wenlong Sun, vice president of China Electronics Standardization Institute

“China Mobile is honored to join the Akraino project. The Akraino project is committed to the research and application of edge computing technology, which is very conforming to China Mobile’s next generation network development goals. China Mobile Suzhou R&D center will invest in the product development of edge computing. We wish Akraino a huge success.”

— Junwei Liu, assistant general manager of the Cloud Computing Department, Suzhou R&D Center, China Mobile

“Edge computing is of great significance to our future 5G deployment, which will facilitate ultra-low latency and high bandwidth applications. And it is also an indispensable component of our network evolution plan (CTNet 2025), which is based on key technologies of NFV, SDN, and Cloud. We hope to join the Akraino Edge Stack project to propose ideas and requirements of FMC (Fixed and Mobile Convergence), and cooperate with other members to create more innovative solutions.”

— Bo Wang, senior project manager, Department of Technology, China Telecom

”The Akraino Edge Stack open source project will help accelerate the construction of the edge network ecosystem. With the new CUBE-Net 2.0 architecture, China Unicom has launched large-scale Edge-Cloud field trials nationwide, and started up the planning and construction of thousands of edge DCs. We have built a strong edge computing R&D center in cooperation with Baidu, Alibaba, Tencent, and JD.com. Based on virtualization technologies such as lightweight OpenStack and Kubernetes, China Unicom is now working on the establishment of an Edge-Cloud service platform, focusing on low-latency and high-bandwidth services such as 4K/8K HD video, VR/AR, industrial IoT, and V2X to promote 5G network reconstruction and digital transformation.”

— Yongsheng Chi, vice president, Network Technology Institute, China Unicom

“Through our collaboration, the Docker container runtime technology is being used by Intel in its efforts to drive innovation around Edge Computing and IoT with its donation of Wind River Titanium Cloud to Project Akraino. This sets the foundation for Project Akraino implementers to use Docker Enterprise Edition to provide container management with integrated security for carrier-grade deployments of a new wave of edge and IoT services.”

— Justen Stepka, senior director of product management at Docker

“Edge computing, as a key enabler of the digital transformation of the industry, is comprised of a huge software stack and also requires openness and an abundant ecosystem. Huawei has established a good foundation on the architecture, platforms, and key technologies of edge computing. Through the Akraino Edge Stack open source project, we will have better synergy with industrial partners to promote openness and innovation, build an industrial ecosystem, and assist in the digital transformation of the industry.”

— Swift Liu, vice chairman of ECC, president of Network R&D, Huawei

We are honored to be part of the Akraino Edge Stack project. In the field of AI training and AI service, iFlyTek AI Cloud uses VMs and containers to provide computing power, and we have done a lot of exploration and optimization to meet big demand from millions of terminal devices. The Akraino Edge Stack project will have significant impact on the AI field to solve the security and performance issues, and we believe that we can greatly promote AI development through this project.”

— Zhijiang Zhang, vice director and chief cloud architecture engineer, Cloud Computing Research, iFlyTek

“Digital transformation is an inevitable trend. We are very excited to see the open source community making great efforts to launch the Akraino Edge Stack project, which will enable customers to build and enhance fog/edge cloud capabilities. New H3C is proud to be joining this project to contribute our technology innovation and consulting services. As a leading provider of digital solutions, New H3C also offers customers a one-stop, complete portfolio of digitalization solutions and consulting services that include Big Internet, Big Security, Cloud Computing and Big Data. New H3C is committed to becoming a most reliable partner for customers and helping them achieve business and industrial upgrading.”

— Lizhong Wang, vice president, general manager of the Corp. Solution Planning Department, New H3C Group

“Edge computing leverages distributed deployment to provision computing power and data nearby to the terminal nodes, which makes service response and reliability tremendously higher than traditionally centralized cloud computing. We’re excited to support the Akraino Edge Stack project, as it offers a workable edge computing framework.”

— Kals Wu, director of TStack Product, Tencent

ZTE is glad to join the Akraino Edge Stack project. The existing experience from Wind River Titanium will help to achieve a lightweight system and high performance, which is vital in Edge scenarios. We believe that this project could help the community to establish a leading ecosystem in Edge computing. ZTE has been working in this area for years, and we are glad to join the project launch.”

– Julien Zhang, chief NFV architect of ZTE

“We have seen strong demand from our customers to deploy edge applications in the IoT, smart city, and telecommunication industries. The Akraino Edge Stack project is a great community effort to build an open platform to accelerate the adoption of edge services. We will actively contribute to this project by leveraging our expertise in building reliable and manageable open infrastructure.”

— Yongsheng Gong, CTO of 99Cloud, Inc.

 

Akraino Edge Stackコミュニティは現在形成段階であり、2018年第2四半期にコードをリリースする予定です。プロジェクトへの参加方法についてはこちらをご覧ください。

 

The Linux Foundationについて

The Linux Foundationは、オープンテクノロジの開発や商用展開を加速するエコシステム構築のための組織として、世界のトップクラスの開発者や企業から選ばれています。The Linux Foundationは世界中のオープンソースコミュニティと協力して、史上最大の共有技術投資を作り出すことにより、難解な技術問題を解決しています。2000年に創設されたThe Linux Foundationは、オープンソースプロジェクトをスケールするためのツール、トレーニング、およびイベントを提供しており、それらのプロジェクトが協力し合い、1社だけでは成し得ない経済的影響を実現しています。詳細については、www.linuxfoundation.org を参照してください。

# # #

 

The Linux Foundationはさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundationの商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。LinuxはLinus Torvaldsの登録商標です。