オープンソースのAcumos AIプロジェクトが始動

AIの未来を築くデータ サイエンティストと開発者を支援するフレームワークとマーケット プレイスを提供

2018年3月26日ロサンゼルス発(Open Networking Summit)The Linux Foundation は、AI (人工知能) / ML (機械学習) アプリケーション管理とAIモデル共有のための共同プラットフォーム「Acumos AIプロジェクト」を公開しました。AT&TとTech Mahindraは、現在自由にダウンロードできる最初のAcumosコードを新団体 LF Deep Learning Foundationにコントリビュートしました。Acumosプラットフォームにより、開発者やデータ サイエンティストは、AIアプリケーションとAIモデルを再利用可能で容易にアクセスできるようにする新たな業界標準を利用できます。

現在多くのAIツールは、実装が難しくこの分野における卓越した専門知識を必要とします。Acumosは、AI / MLアプリケーションを設計するためのビジュアル ワークフローと、AIソリューションやデータモデルを自由に共有するためのマーケット プレイスをユーザーに提供する最初のプロジェクトです。Acumosフレームワークはユーザー本位でシンプルに検索できます。Acumosマーケット プレイスでは、さまざまなコンポーネントをマイクロ サービスとしてまとめて提示し、ユーザーはリリースできる状態のAIアプリケーションを、パブリック クラウド又はプライベート環境で実行するコンテナとしてエクスポートすることができます。

The Linux Foundationのエグゼクティブ ディレクターであるJim Zemlinは、次のように述べています。
「Acumosプラットフォームのようなオープンで一体化したAIプラットフォームにより、開発者や企業は最新のAI技術を活用し実証済みのモデルや専門知識をより簡単に共有することができます。Acumosは、ネットワーク / ビデオ分析からコンテンツ キュレーションや脅威予測まで、さまざまな業界や分野にわたり開発者やデータ サイエンティストに利益をもたらすでしょう。」

The Linux Foundationは、AcumosプラットフォームとAcumosマーケットプレイスをホストしており、アクティブで大きなコミュニティの育成にフォーカスしています。詳細はこちらをご覧ください。

The Linux Foundationについて

The Linux Foundationは、オープン テクノロジの開発や商用展開を加速するエコシステム構築のための組織として、世界のトップクラスの開発者や企業から選ばれています。The Linux Foundationは世界中のオープンソース コミュニティと協力して、史上最大の共有技術投資を作り出すことにより、難解な技術問題を解決しています。2000年に創設されたThe Linux Foundationは、オープンソース プロジェクトをスケールするためのツール、トレーニング、およびイベントを提供しており、それらのプロジェクトが協力し合い、1社だけでは成し得ない経済的影響を実現しています。詳細については、www.linuxfoundation.org を参照してください。

# # #

 

The Linux Foundationはさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundationの商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。LinuxはLinus Torvaldsの登録商標です。