個人サポーター

昨今の技術開発の多くは、Linux、オープン ソース ソフトウェア、共同開発の三本柱で成り立っています。The Linux Foundation の個人サポーターは、この大規模な技術改革に貢献するとともに、現代最大の共有リソースの発展を支えています。

The Linux Foundation は、他のコミュニティ プログラムを手本にしつつ、サポーターの特典を従来よりさらに充実させて、オープン ソース ソフトウェアのプロフェッショナル、開発者、システム管理者、学生の方々の力を結集し、技術分野の多様性強化と新技術普及をめざす数々の重要なコミュニティ&業界イニシアチブを推進しています。

また、このプログラムによって生まれた資金を、ダイバーシティ&インクルーシブネス (多様性と包括性) プログラムの推進に役立てています。当コミュニティの支援により、以下のような取り組みをサポートしてきました。
Women Who Code (WWCode): 女性が技術分野の職業で活躍できるよう応援するグローバルな非営利組織。
Transtech: LGBTQ の人材に対するインキュベーターで、特にトランスジェンダーの人々の経済的自立に焦点を当てている。
Free Geek: 中古コンピューターをリサイクルおよび修理調整し、恵まれない人々にデスクトップ トレーニングを行う。
#YesWeCode: トレーニング機会に恵まれない若者に高度なプログラマー教育を行う。
Outreachy: 女性や性的少数派の人々向けのプログラミング インターンシップの調整・支援を行う。

個人サポーターになってもすぐに元がとれます

個人サポーターになるには49米ドルかかりますが、Linux Foundation 主催イベントへの参加、検定試験の受検、トレーニング コースの受講などで大幅な割引特典を受けられます。また、Linx.com ドメインの電子メール アドレスを購入するオプションもあります。それは世界中に、そして将来の雇用主に、あなたが Linux とオープン ソース コミュニティの誇り高きサポーターであることを示すものです。さらに、個人サポーターになることにより、キャリアアップに必要な情報、ツール、およびイベントが身近になり、常に最新の技術情報に触れることができます。

個人サポーターには以下の2種類があります

特典

Linux Email

オプションで linux.com 電子メール アドレスを購入できる。迷惑メールに悩むことのないアドレスです。

Newsletter

時代を先取りするためのニュース、技術的なヒント、分析などがつまった Linux.com ウイークリー ニュースレター

Discount Registration Fees

1 年に 1 度 Linux Foundaiton イベント登録料が 3 割引に。対象のイベントは、Embedded Linux Conference、OpenIoT Summit、Open Source Summit、ContainerCon、ApacheCon、Apache: Big https://www.linuxfoundation.jp/eventsData、Vault、Automotive Grade Linux Summit、ONS です。

Certification Exam Discount

Linux Foundation Certification Program の認証試験が 100 ドル割引に。この特典を 1 度利用するだけでメンバーシップ料の元がとれます。

詳細について:個人サポーターに関する FAQ を参照してください。