個人サポーターについてよくある質問

個人サポータープログラムに関する質問

Linux.com ドメインの電子メール エイリアスに関する質問


これから個人サポーターになる方からの質問

個人サポーター プログラムとはどんなもので、個人サポーターから集めた資金はどのように使われますか?

同様のコミュニティ プログラムを参考にしつつ、2016年 1 月に刷新されたこの個人サポーター プログラムは、人々が個人レベルで、技術分野の多様性強化と新技術普及をめざす重要なコミュニティや業界イニシアチブの発展を支援できるプログラムです。

個人サポーター プログラムで発生した資金は、技術分野の多様性を強化したり、恵まれない人々に新技術の利用機会や学習の機会を提供したりしている重要なコミュニティや組織を支援するために活用されています。2019年には、OutreachyとCommunityBridgeのメンターシップに資金が寄付されました。これらは、Linux Foundationがホストするさまざまなプロジェクトでインターンシップを受けている多様な候補者の給付金を引き受けています。

個人サポーターになるとどんなメリットがありますか?

個人サポーターになると、週刊ブリーフィング ブック (ニュース、テクニカル チップス、分析などが満載)、ライフタイム電子メール エイリアス購入オプション、Linux Foundation のイベント参加料金、トレーニング、認証プログラムなどの割り引きなど、さまざまな特典が受けられます。The Linux Foundation 個人サポーターの特典の詳細については、下記のページを参照してください。https://www.linuxfoundation.jp/about/individual-supporters/

2020年の個人サポーター プログラムはどこか変わりましたか?

おもな変更点は以下のとおりです。

  • 個人サポーター料金が49ドルから99ドルに引き上げられました。
  • 個々のサポーターには、生涯のlinux.comメール エイリアスを別途150ドルで購入するオプションが提供されます。
  • 個人サポーター資格は 12 か月で満期になります。ただしすべての個人サポーターに更新の機会があります。

個人サポーターになるための費用はいくらですか?

個人サポーターになるには、年会費99.00米ドルが必要です。個人サポーター資格は、支払った日から 12 か月間です。

12か月後に個人サポーターを更新するにはどうすればよいですか?

個人サポーター資格を更新するには、https://www.linuxfoundation.jp/about/individual-supporters/enroll/ に移動し、[Linuxとオープンソースをサポートする] ボタンをクリックします。支払いが完了すると、個人サポーター資格が 12 か月間更新されます。(たとえば、有効期限が2020年1月30日で、2020年1月25日に個人サポーター料金の支払いを完了した場合、個人サポーターのステータスは2021年1月24日まで延長されます。)近い将来、クレジットカードによる自動更新をサポートするようにサイトを更新する予定です。

うっかり更新し損ねたため、個人サポーター契約が無効になってしまいました。今からでも更新できますか?

https://www.linuxfoundation.jp/about/individual-supporters/enroll/ に移動し、[Linuxとオープンソースをサポートする] ボタンをクリックすると、個人サポーターのステータスを再度有効にできます。

個人サポーター費用が安くなる特典はありますか?

個人サポーター費用が安くなる特典はありません。

個人サポーターの料金は控除対象ですか?

私たちは 501(c)(6) 団体であるため、The Linux Foundation への貢献は慈善寄付となり、控除の対象になりません。ただし業務処理における通常の必要な経費である場合は、控除対象になり得るでしょう。

個人サポーターになるためのチェックアウト ページには、英語で名前や住所を書かなければなりませんか?

The Linux Foundation のシステムがあなたの連絡先情報を正しく更新できるように、お名前とご住所を英語で入力していただくようお願いしています。

個人サポーター費用を支払おうとするとエラーになるのはなぜでしょうか?

銀行が決済を拒否した場合、The Linux Foundation は知り得る限りの情報をお伝えします。たとえば、「入力された郵便番号と銀行のファイルにある郵便番号が異なっている」というメッセージを受け取るかもしれません。しかし多くの場合、銀行から通知される拒否理由は一般的な表現で、詳細な拒否理由が通知されることはまずありません。

カード情報がすべて正しいと思われる場合は、詳細について銀行に直接問い合わせ、今後の決済が有効かどうか確認してください。問い合わせの際には、海外商取引やオンライン商取引の上限額についても確認する必要があるでしょう。また、異なるクレジット カードでも試してみてください。(なお、デビット カードで問題が発生してもクレジット カードであれば解決することがあります。)

私のクレジット カード情報を The Linux Foundation は保存していますか?

The Linux Foundationは、すべてのクレジット カード取引を Stripe 経由で安全に処理しています。あなたのクレジット カード番号が支払い時に The Linux Foundation のシステムに送信されたり、PCI レベル 1 のサービス プロバイダーである Stripe によって保存されることはありません。

なぜ私のカード記録に「Linux Foundation による承認 1 ドル ($1.00 authorization)」という記載があるのでしょうか?

初めて個人サポーターに登録する際、あなたのクレジット カードを確認するために、1 ドルの承認費用が決済ベンダー側で発生することがあります。これはホテルやガソリン スタンドなどがクレジット カードを確認する際に使用する承認料金のようなものです。この料金はあなたのクレジット カードからは支払われません。また承認記録そのものも、銀行の判断で一定期間後に削除されます。

Linux.com ドメインの電子メール エイリアスに関する質問

linux.com 電子メール エイリアスの取得方法を教えてください。

linux.com 電子メール エイリアスを購入できるのは、個人サポーターの方に限られます。すでに個人サポーターになっている方は、https://www.linuxfoundation.jp/about/individual-supporters/lifetime-email/でlinux.comのライフタイム エイリアスを購入できます。

個人サポーターとしてまだサインアップしていない場合は、https://www.linuxfoundation.jp/about/individual-supporters/enroll/ からサインアップできます。個人サポーターとしての登録が完了した方には、linux.com 電子メール エイリアス購入サイトへのリンクが記載された確認メールが送信されます。

希望する linux.com 電子メール アドレスを使えるかどうか、どうすればチェックできますか?

個人サポーターをスパム メールから守るために、The Linux Foundation では利用可能なエイリアスをチェックするオンライン ツールを提供していません。ただし、以下のアドレスにご連絡いただければ、個別に対応してチェックいたします。
https://cb-login-static.linuxfoundation.org/cb/help

linux.com 電子メール エイリアスが機能しなくなりました。

まず 2020年の個人サポーター プログラムについてご確認後、下記をお読みください。

2017 年 1 月 27 日より前に個人サポーターになり、ライフタイム電子メールを購入していない方の linux.com 電子メール エイリアスは、個人サポーターとしてサインアップした日付の 12 か月後に有効期限が切れます。linux.com 電子メール アドレスの有効期限が切れても、ライフタイム電子メール エイリアスを購入することは可能です。このページの「linux.com 電子メール エイリアスの取得方法を教えてください。」を参照してください。

2017 年 1 月 27 日以降に個人サポーターになった方は、https://www.linuxfoundation.jp/about/individual-supporters/lifetime-email/ でメール エイリアスを取得することもできます。

ライフタイム電子メール エイリアスの費用を支払おうとするとエラーになるのはなぜでしょうか?

銀行が決済を拒否した場合、The Linux Foundation は知り得る限りの情報をお伝えします。たとえば、「入力された郵便番号と銀行のファイルにある郵便番号が異なっている」というメッセージを受け取るかもしれません。しかし多くの場合、銀行から通知される拒否理由は一般的な表現で、詳細な拒否理由が通知されることはまずありません。

カード情報がすべて正しいと思われる場合は、詳細について銀行に直接問い合わせ、今後の決済が有効かどうか確認してください。問い合わせの際には、海外商取引やオンライン商取引の上限額についても確認する必要があるでしょう。また、異なるクレジット カードでも試してみてください。(なお、デビット カードで問題が発生してもクレジット カードであれば解決することがあります。)

Linux.com 電子メール アドレスの設定方法がわかりません。

個人サポーターのユーザー名でmyprofile.linuxfoundation.orgにログインし、Linux.com電子メールウィジェットの設定セクションをクリックしてください。linux.com 電子メールの機能は、カスタム エイリアスによる電子メール転送サービスです。SMTP、IMAP、POP3、または Web メールを提供するものではなく、今後も提供する予定はありません。メール エイリアスの設定はとても簡単です。任意のエイリアスを選択してください(たとえば名前がJohn Doeなら、johnd@linux.com にするなど)。ただし任意のエイリアスが使用可能であるという保証はありません。リクエストが失敗した場合は、再試行するか、http://support.communitybridge.org/ までご連絡ください。エイリアスを設定したら、そのエイリアスのメールを自分の任意の個人用メールID(例:Jdoe@gmail.com)に転送できます。

SMTP / IMAP / POP3 / Web メールを利用できますか?

linux.com 電子メールの機能は、カスタム エイリアスによる電子メール転送サービスです。SMTP、IMAP、POP3、または Web メールを提供するものではなく、今後も提供する予定はありません。

ライフタイム linux.com 電子メール アドオン用のディスカウントはありますか (学生向けディスカウントなど)?

ライフタイム linux.com 電子メール アドオン用のディスカウントはありません。

私はGmailユーザーなのですが、なぜテストメールが表示されないのですか?

Gmailとlinux.comの転送サービスをご利用の方の場合、linux.comの転送サービスを設定した直後Gmailからテストした方の多くは、テストメールを受信していません。同じGmailアカウントから送信されたメールで、同じ最終配信Gmailアカウントであるものは、Gmailの受信トレイに表示されません。これはGmailが、そのメールをGmailの送信済みフォルダのコピーと重複していると見なしているためと思われます。これはGmail特有の現象であり、linux.comの転送サービスによる影響ではありません。他のアカウントからの送信は、問題なく配信されます。

例:
account@gmail.com –> alias@linux.com –> account@gmail.com
上の例では、Gmailの特異性のために、受信トレイにメールが表示されません。Linux Foundationにサポート リクエストを送信する前に、別のアカウントでテストしてみてください。