Skip to main content

Automotive Linux Summit & OS Summit Japan セッション スケジュールを発表

By 4月 25, 20184月 26th, 2018Blog, Embedded, Automotive and IoT
OS Summit

See schedule highlights for Automotive Linux Summit and Open Source Summit Japan in Tokyo, June 20-22.

 

6月20日〜22日東京コンファレンス センター・有明で開催される 3日間のオープンソース コラボレーション Open Source Summit Japan & Automotive Linux Summit に参加しましょう。

Automotive Linux Summit は、未来の車載分野の組み込みデバイスを発展させるために、開発者コミュニティによる車載用Linuxのイノベーションを推進する人たちとコードを提供 / 使用するベンダーやユーザーを結びつけます。

Open Source Summit Japan は、オープンソース エコシステムを一箇所でつなぐ最先端のカンファレンスです。テクノロジストとオープンソース業界リーダーが集うフォーラムを行い、協業し、情報を共有し、オープンソース テクノロジーの最新動向を学習し、革新的でオープンなソリューションによる競争優位性の向上方法を見つけます。イベントでは、Linux・クラウド インフラストラクチャ・クラウド ネイティブ アプリケーションといった基礎となるオープンソース テクノロジーをカバーし、ネットワーキング・ブロックチェーン・サーバーレス・エッジ コンピューティング・AIを含む最新トレンドを取り上げます。また、コンプライアンス・ガバナンス・コミュニティをカバーしたオープンソース リーダーシップ向けのトラックも用意されています。

Automotive Linux Summit 注目のセッション :

  • Enabling Hardware Configuration Flexibility Keeping a Unified Software – Dominig ar Foll, Intel
  • Beyond the AGL Virtualization Architecture – AGL Virtualization Expert Group (EG-VIRT) – Michele Paolino, Virtual Open Systems
  • High-level API for Smartphone Connectivity on AGL – Takeshi Kanemoto, RealVNC Ltd.
  • AGL Development Tools – What’s New in FF? – Stephane Desneux, IoT.bzh

Open Source Summit Japan 注目のセッション :

  • Building the Next Generation of IoT Applications – Dave Chen, GE Digital
  • Use Cases for Permissioned Blockchain Platforms – Swetha Repakula & Jay Guo, IBM
  • Using Linux for Long Term – Community Status and the Way We Go  – Tsugikazu Shibata, NEC
  • Hitchhiker’s Guide to Machine Learning with Kubernetes – Vishnu Kannan, Google
  • OSS Vulnerability Trends and PoC 2017-2018  – Kazuki Omo, SIOS Technology, Inc.
  • Microservices, Service Mesh, and CI/CD Pipelines – Making It All Work Together  – Brian Redmond, Microsoft

View the Full Schedule >>

4月28日までの登録には早期料金 (直前登録よりも175米ドル節約) が適用されます。

Register Now>>

注記 : Automotive Linux Summit と Open Source Summit Japan は、1度の登録で両イベントに参加できます。

The Linux Foundationメンバー / LFプロジェクト 企業・組織は現在の料金から20%割引で登録できます。アカデミック・学生、非営利団体およびコミュニティ向け料金もあります。ディスカウント コードは events@linuxfoundation.org までお問い合わせください。

ダイバーシティ スカラーシップやニーズベース スカラーシップ (多様性と経済的必要性に対応する奨学制度) への申請は現在受付中です。申込基準と申請方法はこちらをご覧ください。

The Linux Foundation
Follow Us