日立製作所がFOSSライセンス コンプライアンスのTÜV SÜD認証を取得

By 3月 5, 2019 3月 12th, 2019 Blog, Compliance and Security

OpenChain Specificationは、サプライ チェーンにおけるオープンソース コンプライアンスに関する唯一の標準です。ユーザー企業のためにユーザー企業が作成したドキュメントとして、調達およびM&Aの当事者間で信頼を構築する際に独自の力を発揮します。

OpenChainの基本理念は、あらゆる市場セクターのあらゆる企業がすばやく効果的に、コストを負担することなく自己認証できるようにして、高品質のオープンソース コンプライアンス プログラムのための主要要件を満たしていることを示す簡単な方法を提供するというものです。この考え方により、厳密な準拠を確保しながら最大限の柔軟性とバランスを取ることが可能になっています。

当然のことながら、市場セクターによって要件が異なることがあり、サプライ チェーンの当事者がサードパーティによる、または監査を受けた証明書を求めることもあります。OpenChainの標準はそのような場合にも適応でき、自動車業界などの主要エリアで、そのようなサードパーティ証明書をサポートするように関係を構築してきています。

最初の証明書パートナーは、ドイツの有名な証明機関であるTÜV SÜDです。この機関は、「信頼するが監査する」という基本理念を自動車セクターなどさまざまな分野で使用される構成要素に適用してきた長い歴史を持ちます。TUV SUDとの関係をドイツと日本で築き、さらには標準の受け入れを進めて世界中に広げていけることを喜ばしく思います。

OpenChain Specificationに基づくTUV SUDの認証プロセスについて、また日立製作所がこの新しいTÜV SÜD認証を受けた初の企業となった経緯については、こちらの発表をご覧ください。日立製作所とTÜV SÜDに、このすばらしい成果に対してお祝いを申し上げます。

OpenChainに適合したサプライヤーが選ばれる時代は急速に近付いています。それが実現すれば、すべての関係者にとって不確実性とコストが下がるとともに、グローバル サプライ チェーンのすべての参加者が厳密な準拠とセキュリティを前進させることができます。あらゆる企業、そしてオープンソース コンプライアンスへの取り組みを始めることに興味のある個人の皆さんは、私たちのウェブサイトにアクセスし、最新のニュースレターを購読してください。