Joint Development Foundationが
ISO/IEC JTC 1 PAS提出者として認定されOpenChainを国際審査に提出

By 5月 12, 20205月 18th, 2020Blog, Projects, The Linux Foundation
Joint Development recognized as ISO/IEC JTC 1 PAS Submittor

ISO PAS(ISO公開仕様書)の提出者として認められたJDFとLFは、アイデアをコードへ、標準へ、国際的に認知された標準へと成長させ、わたしたちのコミュニティが作成した技術を飛躍的に普及させることができます。

はじめに

今週は、2019年にLinux Foundationファミリーの一員となったJoint Development Foundation (JDF) が、ISO/IEC JTC 1 PAS (“Publicly Available Specification”) Submitter(ISO/IEC第1合同技術委員会 公開仕様書提出者)として承認されたことをお知らせします。OpenChain仕様は、JTC 1の国際標準としての審査と承認を受けるために提出された最初の仕様です。

JDFは、新しい技術仕様の共同作業を作成するプロセスを簡素化するために結成されました。標準と仕様は、新技術の開発や進歩にとって極めて重要であり、結果として得られる製品が明確に定義され、予測可能な性能を提供し、さまざまな実装が相互運用できることを保証します。

Linux Foundationはなぜ標準を重視するのか

Linux Foundation自体は、 LSB (“Linux Standards Base”) をメンテナンスしていたFree Standards GroupとOpen Source Development Labsとの合併から生まれました。オープン スタンダードとオープンソース ソフトウェアは、当初からそのミッションの一部でした。

標準は、すべての人の生活に影響を与えます。電源プラグ、携帯電話やノートパソコンのUSBコネクタ、仕事や家庭でモバイル機器をワイヤレス接続するために使用するWiFiなど、日常的に触れているものについて考えてみてください。これらのデバイスはすべて、相互運用できる必要があります。

相互運用性の問題を解決するための実用的で賢明なアプローチは、誰もが使えるオープンソースのソフトウェア プロジェクトを作ることでしょう。ただし、オープンソース ソフトウェアだけでは、オープン スタンダードが実現できる実装課題のすべてを解決できない場合があります。

オープンソース ソフトウェアだけでは、さまざまなデバイスや配布モデルに多くの実装があるような状況を解決することはできないでしょう(たとえば、各種のソフトウェア設計ツールや多くのハードウェア プリンター&スキャナを使用したビデオ コーデックや3Dプリンター設計など)。また、さまざまなデバイスの機能、実装の詳細、制限などに起因する断片化も、オープンソース ソフトウェアだけでは解決できません。

あらゆるプラグとデバイスが相互運用でき、同じように接続できるように、多くのものの設計や容量が業界の利害関係者によって標準定義されています。世界各国には、送電、電波、食品の安全性など、必要と思われる基準を定める国家標準化団体があります。

すべての標準化団体が国の標準化団体であるわけではなく、さまざまな形や規模の標準化団体があります。多くの標準規格は、共通の技術目標を持ち、共通のユースケース、共通の主要設計基準と性能基準のセット、および相互運用性を確保するための共通のテスト仕様を求めている業界固有の組織によって開発されています。

Linux Foundationの場合、コラボレーションの規模は小規模から大規模までさまざまですが、その影響は国際的に広がる可能性があります。国ごとのLinuxカーネルや国ごとのOpen Container Initiative仕様などはありません。世界はわたしたちのコミュニティに依存しています。

Linux Foundationのソースコード プロジェクトと同様に、JDFの標準・仕様開発プロジェクトは、小規模な業界固有の取り組みから大規模な複数業界のコラボレーションまでさまざまです。JDFの目標は、こうしたさまざまなコミュニティにサービスを提供することです。JDFは、PASのステータスを取得したことにより、小規模なコラボレーションから国際的な標準化組織に至るまで、仕様や標準化のコミュニティを支援することができます。   

オープン スタンダードとオープンソース プロジェクトの違い

オープン スタンダードは、一般に公開される仕様として大変よく定義されており、包括的かつ協調的で透明性があるコンセンサス主導のプロセスを通じて開発・保守されています。オープン スタンダードは、さまざまな製品やサービス間の相互運用性とデータ交換を容易にし、広く採用されることを目的としています。

オープンソース ソフトウェアは、OSIのオープンソース定義によって定義されています。実際には、わたしたちは一般的に、パブリックで透明性のあるコラボレーションの中でオープンソース ソフトウェアに取り組もうとするコミュニティに関心を持つ傾向があります。そこでは新しいユースケース・機能・要件・ギャップに対処するために、時間をかけてコードが進化します。

持続可能なオープンソース ソフトウェア コミュニティでは、バグやセキュリティ問題が特定されて修正されることで、継続的な改善が見られます。オープンソース コードは一般的に、プログラマーがコードを改良し、その変更点をプロジェクトのプログラミング コミュニティ間で共有する共同作業として作成されます。高いレベルでは、オープンソース ライセンスは、ユーザーがそれ以上の許可を必要とせずにソースコードを自由に使用、変更、配布することを認めています。

したがって、たとえば、Linuxカーネルのようなソフトウェアはオープンなコミュニティにおけるオープンソース ソフトウェアですが、IETFはオープンなインターネットを通じて世界がつながれるオープン スタンダードを作成しています。

異なるハードウェアやソフトウェアのプラットフォーム間で標準がどのように機能するかを示すもう1つの良い例が、Webサーバーです。オープンソースにもプロプライエタリにも、さまざまなWebサーバー プラットフォームがあります。Apacheや、MicrosoftのIISなど。速度に対して最適化されたものもあれば、大規模な展開や低電力デバイス向けに最適化されたもの、他のアプリケーションのために最適化されているものもあります。しかし、それらがHTTP(およびその他の標準)を話すことができれば、さまざまなデバイスで通信が可能です。

標準を作るプロセス

標準化団体は通常、共通の問題に対して特定のソリューションを開発する活動をサポートするために、業界の利害関係者によって結成されます。結果として得られるソリューションは、一般的に仕様と呼ばれます。仕様とは、問題に対するソリューションの実装を構築するための青写真です。場合によっては、同じグループがオープンソース実装を作成することもありますが、その実装は一連のユースケースと要件に特化したものになります。

標準化団体とは、コラボレーションに中立的な拠点を提供するために設立されることが多い法的組織で、財政的・法的支援、独占禁止法問題に対するガードレール、仕様書に影響を与える可能性のある著作権やその他の知的財産条項の管理などを提供します。標準化団体の最も重要な役割は、1つの組織が仕様を管理することなく、すべての関係者が包括的に参加できる中立的なガバナンス モデルを提供することでしょう。

仕様作成の課題

仕様と同じく重要なことに、仕様の設定本体を作成するプロセスが複雑になることがあります。

そして、参加者が一致していても、悪魔は常に詳細に潜んでいます。新しい標準化組織を確立するための交渉には、通常、弁護士による何百時間もの時間に加え、その活動に関連する著作権、特許、商標の使用規則やライセンス契約のニュアンスについて交渉する方法が含まれます。このプロセス全体に何か月もかかることがありますが、ほとんどの場合、このプロセスは、技術的な貢献者が作業を開始するために必要不可欠なものです。そのため、どのような成果が得られるのか、あるいはそれが機能するのかさえわからないうちに、多くの組織が、開始を遅らせる数か月の交渉に総額数千ドルから数百万ドルを投資しています。

一括交渉が終わると、法人は営利企業と同じように、非営利法人格の申請、銀行口座の設定、経理・財務・人事業務の設定、会員からの手数料の徴収、税金の申告などをしなければなりません。これらの活動は、たとえすべての開始組織が仕様の必要性に100%整合している場合でも行う必要があります。これがすべて完了したら、エンジニアは通常、最初のアイデアが作成された1年後に、仕様を作成するために集まります。

JDFは、新しい標準化団体の形成プロセス全体を迅速化し、交渉を排除するために設立されました。JDFは、業界のベスト・プラクティスと広く受け入れられている法的条件を反映した一連のデフォルト条件を作成しました。JDFは、従来より業界で受け入れられていた条件の選択肢を提供して、カスタム ネゴシエーションを「チェックボックス」モデルに置き換えています。このモデルはベストプラクティスを採用しつつ、著作権、知的財産権のライセンシング、ソースコードのライセンシング、ガバナンス構造などの基本的な用語について、一般的に知られているいくつかの選択肢を通じて創設者に柔軟性を与えます。また、時間のかかる行ごとの交渉に頼ることなく、JDFプロジェクトをコミュニティのニーズに合わせてカスタマイズできます。

そしてこれらの条件が整えば、新しいプロジェクトは非営利JDFの下のエンティティとして形成されます。世界クラスの運用サポート プログラムと組み合わせることで、従来の標準化団体を形成するのに必要な数か月から数年のプロセスではなく、すぐに使えるリソースを利用して、新しいプロジェクトを数日で開始できます。この取り組みのコストは非常に低いため、作成や継続的なエンティティ管理に必要な資金がなくても、仕様プロジェクトを確立できます。

JDFは、標準化組織を簡単に作れるようにしました。いくつかのメニューオプションを選択し、名前を付ければ、仕様を作成できます。

JDFプロセスの本当の影響は、コラボレーションを必要とする企業がプロジェクトを形成し、技術的範囲を定義し、さらに最小限の摩擦で数日のうちにプロジェクトに貢献するエンジニアを募り始めることを意味します。

ISO/IEC JTC 1 PASプロセスを通じて国際的に認められた標準

国際標準を認識する1つの方法に、ISO / IEC JTC 1 PAS(公開仕様書)プロセスによるものがあります。このプロセスを通じて承認された仕様は、国際標準として認識されます。

ISOは、164の国の標準化団体が加盟する独立した非政府の国際組織であり、その標準は世界中で最も普遍的に認められ、受け入れられています

IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)は、すべての電気・電子・関連技術に関する国際規格を作成および公開を行う世界有数の組織です。

ISOとIECが共同でISO/IEC JTC 1を設立し、世界的な情報技術(ICT)規格の開発を専門とする国際グループとなりました。JTC 1は、映像圧縮技術やプログラミング言語など、多くの主要なIT標準を担当してきました。

公開仕様書(PAS)プロセスは、ISO/IEC JTC 1の協力によって作成されたもので、認定された標準化団体の技術仕様書の転位が可能となり、それらをISO/IECの認定規格にすることができます。

PASの提出者は、まず外部の標準化団体による広範な基準の審査を経て承認されなければなりません。一旦承認されたPAS提出者は、その仕様の一部(公開仕様書、PAS)をJTC 1に提出することで、国の機関の承認および国際的な承認を得られる可能性があります。

そして、ISO/IEC JTC1がPAS申請を承認すると、それは国際標準になります。

JDFからPAS提出者として承認されることは、業界にとって非常に重要です。なぜなら、優れたアイデアが、よくできた技術仕様書となり、そして最高の仕様書として国際的に認められるまでの道のりの摩擦を減らすことができるからです。JDFは、仕様書の作成プロセスが厳密かつ包括的であり、ISO/IEC JTC 1が定めた品質基準に適合していることを保証する責任を負います。JDFのような専門的に管理された標準化組織を持つことのメリットは、それらの要件を確実に満たせるようになることです。

また、JDFが他のほとんどの組織には提供できない機能を提供することも意味しています。つまり、コミュニティが小さな共同作業からスタートし、成長して国際的な標準となるまでの道筋を提供できます。

わたしたちが初めてPAS申請したOpenChain仕様を理解する

OpenChain仕様は、高品質なオープンソース コンプライアンス プログラムの主要な要件を特定しています。信頼できる一貫したコンプライアンス情報と一緒にオープンソースが提供されるソフトウェア サプライチェーンづくりを目指すものです。ソフトウェア サプライ チェーンの参加者にオープンソースを効果的に管理できる明確な方法を提供し、ソフトウェア サプライ チェーン、オープンソース コミュニティ、および学界の代表者が、要件や関連資料を共同でオープンに開発できるようにします。

OpenChainプロジェクトは、共通の課題を共有する共同開発のわかりやすい例です。何百もの企業が集まり、知識を共有し、彼らの経験に基づいて明確で焦点を絞った業界標準を構築しました。その結果生まれたのが、あらゆる市場のあらゆる規模の企業に適し、コンパクトでありながら効果的な標準です。

— Shane Coughlan (OpenChain ジェネラル マネージャー)

OpenChain仕様は、2016年後半から市場に出て、採用はますます広がっています。OpenChainには、参加者100人を超える国内ユーザーグループがあり、主要なコミュニケーション チャネルのメーリング リストには3,500人以上が加入しています。ISO / IEC JTC 1認定は、OpenChain仕様がデファクト スタンダードからデジュール スタンダードへと進化するのを助けつつ、世界中の調達、販売、その他の部門が、OpenChain仕様関連の活動を容易に採用・管理できるよう支援します。

まとめ

 PAS提出者として認められたことにより、JDFは、小規模なコラボレーションから国際標準を求めるコラボレーションまで、標準化コミュニティに対して広範な支援を提供できるようになりました。JDFは、Linux Foundationファミリーの一員として、新たなコラボレーションのしかたをコミュニティに提供しています。

JDFと提携することにより、Linux Foundationエコシステムは、オープンソースの仕様をオープン スタンダードへと進化させるためのサポートや専門知識の恩恵を受けることができ、エンジニアや開発者も仕様や標準の作成に協力しやすくなります。この新しい提出プロセスを使用して、国際的な認識を達成するためにその標準をさらに進化させることができます。また、JDFがLinux Foundationファミリーに加わることの重要性も大きいでしょう。なぜなら、オープンソース ソフトウェアやオープン スタンダードの中立なガバナンスや連携への取り組みを促進するという組織の全体的な目標に沿っているからです。

— Jim Zemlin (The Linux Foundation エグゼクティブ ディレクター)

The Linux Foundation
Follow Us