Linuxカーネルの歴史をたどる 2020 Linux Kernel History Report を公開

過去数十年にわたりLinuxは着実に成長し、最も広く使われているオペレーティング システム カーネルになりました。センサーからスーパーコンピューターまで、宇宙船、自動車、スマートフォン/ウォッチなど、さまざまなデバイスでLinuxが使用されています。Linux Foundationは、2008年に Linux Kernel Development Reports (Linuxカーネル開発レポート) の発行を開始して以来、各時点における進歩を観察してきました。

1991年の最初のリリース以来、Linuxは2万人を超えるコントリビューターを擁する歴史上最も成功したコラボレーションの一つになりました。バージョン5.8の最近の発表がこれまで最も大きいカーネルの一つであることを考えると、最新のリリースで1時間あたり10+コミットという新記録を示すなど、開発がスローダウンする兆しは見えません。

本レポートは、Linuxの全歴史をカバーしています。Linuxの分析は、初期リリースおよび1991年9月17日の最初のカーネルリリースから2020年8月2日までの期間のBitKeeperとgitの開発者コミュニティによるコミットに基づいています。2020年8月2日にLinux 5.8がリリースされ、5.9のマージウィンドウが完了した現在、過去29年間記録されたLinuxカーネルヒストリーの100万件を超えるコミットを分析することが可能になりました。

レポートでは、Linuxカーネルの歴史と、最も重要なソフトウェア コラボレーションの一つであるLinux開発を可能にするために出現したベストプラクティスとツーリング インフラストラクチャの影響について振り返ります。

The Linux Foundation
Follow Us