ワクチン+マスクで安全な対面イベントを
– 必読:オンサイト セーフティ プロトコル

(原文:Vaccines + Masks for Safe In-Person Events – Read About All On-Site Safety Protocols

The Linux Foundation は、対面イベントを来月から再開できることを大変嬉しく思います。オープンソース コミュニティにおけるコラボレーションとイノベーションを促進する上で、これらの対面式の集まりがいかに重要であるかを私たちは知っています。

対面イベントにおける健康と安全に関して疑問をお持ちかと思いますので、ここで簡単に説明したいと思います。ご安心ください。私たちは皆様の健康を第一に考え、対面式のイベントを安全に再開するためのあらゆる行動と決断を行ってきました。

まず背景となる項目をご紹介します。

  • LFは、医師であり、元CDCの疫学者および感染拡大調査員であり、2020年から21年にかけてのCOVID-19対応のためのDC保健省およびFEMAのコンサルタント疫学者である Dr. Joel Selanikio(ジョエル・セラニキオ博士)と長年の関係を築いています。過去2年間のDr. Selanikioの評議会のおかげで、COVID-19に対し、コミュニティ メンバーの安全を確保するための教育的で熟考された措置を講じることができました。
  • 私たちは地域の保健省と緊密に連携し、地域のすべての要件と推奨事項に確実に従っています。
  • 私たちは、イベントを開催している地方自治体のガイドラインに加えて、CDC、WHO、およびPHE / NHS(英国)のすべてのガイドラインを継続的に監視および遵守しています。
  • 私たちは、会場やベンダーと週に何度も連絡を取り合い、ベストプラクティスや規制に関する最新情報を入手しています。
  • 最後に、The Linux Foundation のイベント チーム全員が、パンデミック オンサイト プロトコルの取り扱いについて、Event Leadership Instituteの認定を受けています。また、イベントの安全プロトコルや手順を処理するために、ワクチン接種とトレーニングを受け、装備を整えており、来場者が会場で快適に過ごせるようお手伝いします。

ワクチン、マスク、そして新しい合言葉「ソーシャル ディスタンス」。

  • 以前お知らせしたように、対面の参加者は、COVID-19ウイルスのワクチン接種を完了している必要があります。ワクチンの接種状況を確認するために、ワクチン確認アプリを使用します。
  • また、対面での出席にはマスクが必要になります。
  • すべてのイベント参加者は、イベントゾーンに入るために毎日体温チェックを受け、必要に応じて出入りできるステッカーを受け取ります。
  • コンフォート レベル リストバンド(緑、黄、赤)もご用意していますので、イベント参加者はこれを使い、各自が快適に感じるソーシャル ディスタンスのレベルを示すことができます。

上記のプロトコルはすべて、2021年11月までのLFイベントとLFプロジェクト イベント(KubeCon + CloudNativeConなど)に適用されます。

私たちは、すべての地域の要件と推奨事項を確実に遵守するために、各会場およびその地域の管轄区域と緊密に連携しています。11月までのオンサイト イベントには、以下のような準備が整えられています。

  • 会議室の収容人数の削減:参加者間の空間を確保します。
  • 講演者ー参加者間の物理的スペースの拡大:講演者はマスクなしでプレゼンテーションを行えるため、参加者にもはっきり聞こえます。
  • イベント スペースの通路の拡大。
  • 展示ホールにおけるスポンサー ブースの分離拡大と通路の拡大。 
  • 飲食やマスク休憩のためのソーシャル ディスタンス エリアの設置。
  • 会場との緊密な連携:会場の全タッチ ポイントの徹底的な清掃および消毒、必要に応じてくしゃみ防止ボードの設置、および消毒スタンドなどの確保。

会場における安全手順の完全なリストは、events.linuxfoundation.org の各イベント サイトにある [Attend] タブの [Health and Safety] ページで確認できます。

クイック リンク

Open Source Summit + ELC + OSPOCon の Health and Safety ページを表示

Open Networking + Edge Summit & Kubernetes on Edge Day の Health and Safety ページを表示

KubeCon + CloudNativeCon の Health and Safety ページを表示

安全衛生ガイドラインを定期的に更新し、必要に応じてFAQに追加しています。これらのリソースで疑問が解消できない場合は、events@linuxfoundation.org までお問い合わせください。

多くの調査とDr. Selanikioの指導の結果、ワクチン接種とマスクの要件の組み合わせ、および私たちが実施しているプロトコルにより、対面イベント参加者に安全な環境を提供できると確信しています。

さまざまな要因により、すべての人が直接参加できるわけではないことを私たちは理解しています。そのため、バーチャルでもイベントに参加していただけることを嬉しく思います。さまざまなパス オプションがありますので、詳細については、イベントWebサイトの [Register] タブをクリックしてご確認ください。

この情報により、すべてのイベント参加者の安全を確保することが最優先事項であることをご理解いただければ幸いです。私たちは今後もひとつひとつの決断を重ねていきます。このCOVID-19の流動的な状況と、私たちの歴史の中で非常に困難な時期に、ご理解をいただいたオープンソース コミュニティの皆様に心から感謝いたします。今秋のイベントでお会いできることを楽しみにしています。