ZDnet Japan: なぜ自社で開発したソフトウェアをOSSにするのか?

By 7月 22, 2018News

日立ソリューションズの吉田です。

ここ数年、自社で開発したソフトウェアをOSSとして公開する例が増えています。米Googleは、2017年1月から15もOSSとして公開しています。内容も3Dデータの圧縮「Draco」やJPEGを35%小さくできるエンコーダ「Guetzli」だけではなく、機械学習用データの分析ツール「Facets」やコンテナ関連のツールである「kaniko」や「gVisor」など、多岐にわたっています。また、海外の会社だけではなくヤフーやTISなど、日本の会社もいろいろなソフトウェアをOSSとして公開しています。

なぜ、OSSとして公開するのでしょうか?

もっと読む