Automotive Grade Linux 最新版 UCB 6.0 リリース - テレマティクスとインストルメント クラスター アプリケーションが可能に

2018年10月15日 サンフランシスコ発 - コネクテッドカー向けオープン プラットフォームのクロス インダストリ共同開発プロジェクト Automotive Grade Linux (AGL)は、テレマティクスおよびインストルメント クラスター向けのデバイス プロファイルを特徴とするAGLプラットフォームの最新リリース Unified Code Base (UCB) 6.0を発表しました。

The Linux FoundationのAutomotive Grade Linux エグゼクティブ ディレクターである Dan Cauchy は、次のように述べています。
「テレマティクスとインストルメント クラスターの追加は、AGLの新しいデプロイメントの可能性を広げます。オートバイ、フリート サービス、レンタカー トラッキング、旧式ラジオを備えたベーシックな自動車など、原則的にヘッドユニットまたはインフォテインメント ディスプレイのないあらゆる車両で現在AGL Unified Code Baseを製品の出発点として利用することができます。」

数多くのメンバー企業が一体となり共同開発した AGL Unified Code Base (UCB) は、インフォテインメント、テレマティクス、インストルメント クラスター アプリケーションの事実上の業界標準となるオープンソース ソフトウェア プラットフォームです。業界全体で単一のソフトウェア プラットフォームを共有することは、一度の製品開発で複数の自動車メーカーに対応できる開発者とアプリケーション プロバイダーのグローバル エコシステムの成長を促進し、断片化を軽減し、市場投入までの時間を短縮します。

多くのAGLメンバーは、UCBを自社の生産計画に組み込むことを既に始めています。Mercedes-Benz Vansは商用車向けの新しいオンボードOSの基盤としてAGLを使用しており、トヨタ自動車のAGLベースのインフォテインメント システムは現在世界中の車両に搭載されています。

AGL UCB 6.0には、OS、ミドルウェア、アプリケーション フレームワークが含まれています。主な機能は次の通りです。

  • テレマティクスとインストルメント クラスター向けのデバイス プロファイル
  • コアAGLサービス レイヤーがスタンド アロンで構築可能
  • メディア プレーヤー、チューナー、ナビゲーション、Webブラウザー、Bluetooth、WiFi、HVACコントロール、オーディオ ミキサー、車両制御などのリファレンス アプリケーション
  • IVIシステムとインストルメント クラスター ディスプレイの同時表示への統合
  • 後席ディスプレイを含むマルチ ディスプレイ機能
  • ルネサス、Qualcomm Technologies、Intel、Texas Instrument、NXP、Raspberry Piなどの各種ハードウェア ボードをサポート
  • アプリケーション テンプレート付きソフトウェア開発キット(SDK)
  • SmartDeviceLink対応で、スマートフォン アプリの統合・アクセスが容易
  • ナビゲーション、音声認識、Bluetooth、オーディオ、チューナー、およびCAN通信向けのアプリケーション サービスAPI
  • 近距離無線通信(NFC: Near Field Communication)やID管理機能(多言語サポートを含む)
  • OTA(Over The Air: 無線通信利用)アップグレード機能
  • ロールベース アクセス制御によるセキュリティ フレームワーク

UCB 6.0の機能リストはこちらをご覧ください。

グローバルなAGLコミュニティは半年に一度開催される All Member Meeting (10月17日・18日 ドイツ ドレスデン) に集います。イベントではメンバーとコミュニティ リーダーが集合し、プロジェクトのベスト プラクティスと今後の計画を共有します。詳しくはこちらをご覧ください。

Automotive Grade Linux (AGL) について

Automotive Grade Linuxは、コネクテッドカー向けフル オープン ソフトウェア スタックの開発導入を促進するオープンソース協業プロジェクトです。AGLは、その中核にあるLinuxの機能と強みを生かし、自動車メーカーと技術系企業との連携によって共通のオープン プラットフォーム開発を実現しようとしています。そのようなプラットフォームがあれば、OEMはユーザーエクスペリエンスを完全制御でき、業界は必要な技術革新を速やかに行うことができます。AGLプラットフォームは誰でも使用でき、誰でもその開発に参加できます。詳細情報はこちらです。https://www.automotivelinux.org/

Automotive Grade Linuxは、The Linux Foundationがホストするプロジェクトです。Linux Foundation プロジェクトは独立した資金によるソフトウェア プロジェクトで、共同開発の力で業界やエコシステム全体のイノベーションを推進しています。

###

The Linux Foundationはさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundationの商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。LinuxはLinus Torvaldsの登録商標です。

The Linux Foundation
Follow Us