リアルタイム マッピング アプリケーションのための Mapzen オープンソース データ & ソフトウェアが Linux Foundationプロジェクトへ

By 1月 28, 2019 1月 29th, 2019 Press Release, The Linux Foundation

Eventbrite、Foursquare、Here、Interline、TriMetなどの企業や、世界中の7万人のユーザーが、Mapzenのオープンでアクセシブルなマッピング プラットフォームを使用

2019年1月28日サンフランシスコ発 – オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体であるThe Linux Foundation は、検索やナビゲーションなどマップ ディスプレイのコア コンポーネントに重点を置くオープンソースのマッピング プラットフォーム Mapzen が、新たに Linux Foundationプロジェクトになることを発表しました。

Eventbrite、Foursquare、Mapbox、The World Bank、Snapchat、HERE Technologies、Mapillary などの組織で使われている Mapzen は、開発者にオープン ソフトウェアとカスタマイズ可能で容易にアクセスできる広範囲に及ぶデータセットを提供します。Mapzen を使用することで、開発者はオープンデータを利用して検索やルーティング サービスを備えた鮮やかな地図を作成し、独自のライブラリを拡充し、データをリアルタイムで処理することができます。これは従来型のプロプライエタリなマッピングやジオトラッキング サービスでは利用できないものです。

建築家、都市計画者、映画制作者、ビデオ ゲーム開発者など業界のベテランが2013年に共同で発足した Mapzen は、オープンで持続可能でアクセシブルなマッピング プラットフォームを提供するミッションを継続します。

StreetCred Labs の CEO で、Mapzen の前 CEO である Randy Meech 氏は、次のように述べています。「Linux Foundation に加わり、マッピングソフトウェアとデータに取り組むオープンで協力的なアプローチを続けることを嬉しく思います。共有テクノロジーは驚くほどパワフルですが、一方で複雑でチャレンジングなこともあります。Linux Foundation には、組織をまたがるコラボレーションを可能にするノウハウがあり、アクティブで好調なソフトウェアおよびデータ プロジェクトをホストすることで高評価を得ています。」

Mapzen のサービスには、これまで7万人以上の登録ユーザーがいます。現在さまざまな組織のクラウドやオンプレミスで運用されているプロジェクト ポートフォリオは次の通りです。

  • Tangramは、Webブラウザやモバイル デバイスで双方向のビジュアライゼーションを可能にする2D/3Dマップ レンダリング エンジンです。Tangramは、GitHubで1000以上をスターを獲得しており、MapzenのTilezenベクター タイル プラットフォームと緊密に連携しています。これらの高性能マッピング コンポーネントには、特に Snapchat、HERE Technologies のスタッフ メンバーから継続したコントリビューションが行われています。
  • Valhallaは、自動車、自転車、徒歩、公共交通機関による移動をワールドワイドに計画できるルーティング エンジンです。Mapzen の Transitland プラットフォームのデータと組み合わせることで、Valhalla は公共交通期間をワールドワイドにサポートします。これらのモビリティ プロジェクトには、特に Mapbox、Mapillary、Interline Technologies のスタッフから継続したコントリビューションが行われています。
  • ジオコーディング検索エンジン Pelias は、GitHub で1500近くのスターを獲得しています。Pelias は、世界中の何百もの場所を掲載したオープン ライセンスの地名辞典である Mapzen の Who’s on First 地名辞典を含む広範囲のデータセットに対してフォワード、リバース、その他の形式のジオコーディングを提供しています。これらの検索およびデータ プロジェクトには、特に Cleared for Takeoff、San Francisco International Airport (SFO) Museum、New York City Planning Department のスタッフから継続したコントリビューションが行われています。

開発者は、Mapzen のオープン リソースとプロジェクトを使用して独自のアプリケーションを作成し、それらを製品やプラットフォームに組み入れます。Mapzen のリソースは全てオープンソースであり、開発者は他の商用プロバイダにより導入されているデータセットに制限されることなく自分の好みのプラットフォームを構築することができます。

The Linux Foundation のエグゼクティブディレクターである Jim Zemlin は、次のように述べています。
「Mapzen は、さまざまな企業や政府機関にとって重要度が増している洗練された美しい地図を作成する開発者にとって非常に役立つテクノロジーです。Mapzen のソフトウェアとデータへのオープンなアプローチは、開発者や企業が私たちの生活を変化させた革新的なロケーション ベースのアプリケーションを作成することを可能にしました。世界中の交通手段や交通管理、エンターテイメント、写真などの分野で、Mapzen のインパクトをさらに拡大し、企業や消費者にとって新たな価値を作り出すことを楽しみにしています。」

中立的なガバナンスに加えて Linux Foundation は、Mapzen のミッションを推進し、ユーザーと開発者によるエコシステムの成長を促すためのリソースを整えます。Linux Foundation のサービスは、イベントやワーキング グループの開催支援から、マーケティング サポートの提供、知的財産やその他の法的問題発生時の処理まで、多岐にわたります。

Mapzen ユーザーによるコメント (原文)

“We’ve been using Who’s On First to help power Eventbrite’s new event discovery features since 2017,” said Simon Willison, Engineering Director at Eventbrite. “The gazetteer offers a unique geographical approach which allows us to innovate extensively with how our platform thinks about events and their locations. Mapzen is an amazing project and we’re delighted to see it joining The Linux Foundation.”

“We support Mapzen in its mission to offer open source geolocation technology for developers and organizations around the globe, and we’re happy to see that they’ve joined The Linux Foundation,” said Matt Kamen, Senior Vice President of Engineering at Foursquare. “At Foursquare, we believe that the world needs access to location tech and insights from trusted, independent platforms. Tools like those from Foursquare and Mapzen spur creativity and innovation.”

“HERE is impressed by the quality and flexibility of Mapzen tools and we are excited to see them continuing as a Linux Foundation project,” said Oliver Fink, Director at HERE XYZ. “Tangram and Tilezen are important technologies for HERE XYZ — we look forward to contributing to them and further supporting the open source mapping community.”

“At Interline, we’re proud to continue to provide professional support for many Mapzen software users in the transportation sector,” said Drew Dara-Abrams former Head of Mobility Products at Mapzen and current Principal at Interline Technologies. “Both public transit agencies and private mobility providers see great benefits to open platforms for transit data and multi-modal routing. Interline looks forward to further growing this user-base and to collaborating with others under The Linux Foundation’s umbrella.”

“We use the Mapzen toolbox every single day,” said Jon Schleuss, Data and Graphics Journalist at the Los Angeles Times. “Tangram has empowered our newsroom to make more maps faster. It has given us the ability to create amazing maps from vector data for both online and in our printed newspaper. I am excited to see the future of those tools supported by the open source community.”

“The story of Mapzen demonstrates the genius of open source software,” said Bibiana McHugh, Manager of Mobility & Location-Based Services at TriMet. “The code will continue to flourish through collaboration, community and shared resources, making it the smarter investment for government. TriMet is proud to use Pelias as part of the FTA MOD Sandbox grant project and to continue to collaborate on its development with Cleared for Takeoff.”

Mapzen について

Mapzenは、検索、レンダリング、ナビゲーション、データなど、ジオプラットフォームのコア コンポーネントに重点を置くオープンでアクセシブルなマッピング プラットフォームです。建築家、都市計画者、映画制作者、ビデオゲーム開発者、芸術家など地図業界のベテランが共同で発足したMapzenは、あらゆる規模の組織が今日の地図製作で何が可能であるかを再びイメージする力を与えます。Mapzenは、ツールを構築しオープンソースのマッピング プロジェクトで協業することにより、ジオコミュニティをサポートしています。

The Linux Foundation について

The Linux Foundationは、オープン テクノロジの開発や企業展開を加速するエコシステム構築のための組織として、世界のトップクラスの開発者や企業から選ばれています。The Linux Foundationは世界中のオープンソース コミュニティと協力して、史上最大の共有技術投資を作り出すことにより、難解な技術問題を解決しています。2000年に創設されたThe Linux Foundationは、ツール、トレーニング、イベントなどを提供することでさまざまなオープンソース プロジェクトの成長を助け、企業単体では実現できない経済効果の創出に寄与しています。詳細については、www.linuxfoundation.org を参照してください。

###

The Linux Foundationはさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundationの商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。LinuxはLinus Torvaldsの登録商標です。