DataPractices.org が Linux Foundationプロジェクトに

データ リテラシーの向上に特化したプラットフォームが Linux Foundation 傘下に
ベストプラクティスを推進し、データ チームワークのためのオープン コースウェアを提供

2019年3月20日 サンフランシスコ発 - オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体である Linux Foundation は、データ ベストプラクティスのための初のテンプレートである DataPractices.org を、Linux Foundationがホストし、データ チームワーク向けのオープン コースウェアを提供することを発表しました。

Datapractices.org は当初、データ チームワークに対する最も効果的で現代的かつ倫理的なアプローチを説明する価値と原則で構成される「データ プラクティスのためのマニフェスト」として data.world により開発されました。今後 Linux Foundation傘下のオープン プロジェクトとして、Datapractices.org はデータのベストプラクティスを定義し改良するための協力的なアプローチを維持・発展させていきます。またプロジェクトでは、自社のデータ プラクティスを DataPractices.org の価値 (インクルージョン、実験、アカウンタビリティ、インパクト) と原則に合わせることを希望する組織をガイドする、オープン コースウェアのコラボレーションと開発を促進します。

Linux FoundationプロジェクトとしてDataPractices.org は、ベンダー中立のコミュニティがベストプラクティスをさらに確立し、データ エコシステム全体のデータ ナレッジ レベルを高めることを可能にすることを目指します。プロジェクトの新しいオープン コースウェアは、データ ベストプラクティスに興味がある人は誰でも (実習生、データ管理者、企業のエバンジェリスト、ベテランのデータ サイエンティストなど) 利用できます。またプロジェクトは、コースウェアを改良し進歩させることを支援するエキスパートを歓迎します。

data.world の共同創設者 兼 CEO である Brett Hurt 氏は、次のように述べています。
「Linux Foundationと力を合わせ、datapractices.org の進化のためにより幅広いコミュニティを招待します。この取り組みは、効果的、現代的、倫理的なデータ使用に最も近い人々により改良され続けることができ、また、改良され続けられるべきエキスパート集団による知識の結集です。」

Linux Foundationの戦略プログラム担当バイス プレジデントである Mike Dolanは、次のように述べています。
「datapractices.org をLinux Foundationに迎え入れることを喜んでいます。私たちはこれまでデータをオープンに共有することにフォーカスした組織やコミュニティと協力してきました。データ エコシステム全体の支援に役立つオープンで協力的なチームワーク アプローチを促進するために、基準にできるベストプラクティスを共有することに業界が足並みを揃えることが大切です。」

詳細は、Q&A ブログポスト、Webサイト https://datapractices.org/をご覧ください。オープン コースウェアへの参加は https://datapractices.org/courseware/をご覧ください。

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、linuxfoundation.org をご覧ください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。