LF Energy エコシステムに新メンバーと新プロジェクト、オープンソース イノベーションを本格化

By 5月 14, 2019 5月 16th, 2019 Press Release

エネルギー産業が未来のグリッドと安全な分散型電力システムで協力

2019年5月15日ブリュッセル発 ー INNOGRID ー エネルギーと電力分野のオープンソース技術イノベーションを推進・維持する Linux Foundation のイニシアチブ LF Energy は、新たな創設プレミア メンバー Faraday Grid が RTE に加わり、急速にコミュニティを拡大しています。また、新ゼネラル メンバーとしてIBM、OSISoft、Recurve、新アソシエイト メンバーとして Elering AS、Energinet、Energy Foundation、École Polytechnique Fédérale de Lausanne、Fraunhofer IEE、FIWARE Foundation、Iowa State University、Monash University、National Renewable Energy Laboratory (NREL)、North Carolina State University FREEDM Center、Project Haystack、Stanford University、TenneT、The Energy Coalition、 University of Kassel、Washington State University が、既存のメンバー European Network of Transmission System Operators (ENTSO-E) と Vanderbilt University に加わりました。

また、3つの新プロジェクト Energy Market Methods Consortium (EM2)、OpenEEmeter、Open Energy Data Initiative を、LF Energy がホストします。

  • OpenEEmeter は、エネルギー消費の変化を数値化し、グリッド リソースとして構築する際のビハインド ザ メーター (消費者側にある蓄電池) の柔軟性を可能にするための標準規格を提供することにフォーカスしたオープンソース エンジンです。プロジェクトは、Recurve (以前の Open Energy Efficiency) によりコントリビュートされました。
  • Energy Market Methods Consortium (EM2) は、メーターとグリッドの両方でエネルギーの柔軟性を数値化し、スマート メーター データを使用する際の顧客のプライバシーを確保するための標準規格を設計します。同プロジェクトも Recurve (以前の Open Energy Efficiency) によりコントリビュートされました。
  • Open Energy Data Initiative は、分析と計算の向上を可能にする高価値なフェデラル データセットへのオープンデータ接続の構築にフォーカスしており、米国エネルギー省の国立再生可能エネルギー研究所 (NREL)によりコントリビュートされました。

成長を続ける LF Energy コミュニティは、世界をリードする公益事業者、システム オペレーター、システム インテグレーター、テクノロジー ベンダー、学術機関、エンドユーザー企業によりサポートされており、効率的で持続可能な分散型電力システムを実現するためのグローバルなエネルギー産業の移行を加速させます。

LF Energy のエグゼクティブ ディレクターである Shuli Goodman は、次のように述べています。
「LF Energy は、グローバルなエネルギー プロバイダーと連携し、オープンソースとオープン スタンダードを活用して集中型グリッドを分散型システムに変換するために、最新のダイナミックな環境でスケーラブルなアプリケーションを構築・運用しています。LF Energy のモメンタムと支持が急速に高まっていることを非常に嬉しく思います。LF Energy に参加しコントリビュートするプロジェクト、開発者、メンバーの活発なエコシステムは、安全で柔軟で持続可能なグリッドを実現するために非常に重要です。」

Elering、Energinet、ENTSO-E、Faraday Grid、TenneT、RTEなど、LF Energy 創設メンバーは、5月13日・14日ブリュッセルで開催した InnoGrid2020+ に集まり、オペレーターやコントロール ルームを越えたイニシアチブを拡大する新プロジェクトを展示・紹介しました。また、Shuli Goodman は、初日の閉会で挨拶を行い、Faraday Grid は、5月14日のパネル “Time to Market” に参加しました。

新プロジェクトのバックグラウンド

LF Energy は、補完的なプロジェクトを一つの拠点に集めて、発電・集約から送電・配電・需要反応に至るまで、電力エコシステム全体と柔軟なサービスをサポートする互換性ある共同ソリューションを作成するオープンフレームワークとリファレンスアーキテクチャを提供します。

  • Energy Market Methods Consortium (EM2) : Energy Market Methods Consortium は、オープンソースコードにリンクされた標準化メソッドを開発し、資源としての柔軟性向上を可能にし、エネルギー プログラムと分散型エネルギー源 (DER) マーケットをサポートしています。EM2 には、次の3つのワーキンググループがあります。CalTRACK : メーターベースの消費量の変化の測定値を標準化、 GRID : 要求可能な節約のための負荷形状に与える相対的なインパクトのためのメソッドを提供し、ネットグリッド インパクトを予測、SEAT : AMI データを使用した幅広いデータドリブン ポリシーとマーケットベースのユースケースを可能にする差分プライバシーを活用。EM2 は、Recurve (以前の Open Energy Efficiency) が主導する長期のプロセスを経て、公益事業者、規制機関、評価機関、ソフトウェア会社、負荷形状アグリゲーターなど、さまざまな利害関係者グループによりコントリビュートされました。
  • OpenEEmeter : OpenEEmeter プロジェクトは、資源としてのビハインド ザ メーターの柔軟性ある市場を可能にするエコシステムのために、ビハインド ザ メーター ビル介入から、分散型エネルギー資源の一貫した取引単位の定義、透明性の確保、数値化可能な標準規格の提供まで、毎月、毎日、毎時のエネルギー消費量の変化を数値化するオープンソース エンジンです。OpenEEmeter は、EM2 の OpenEEmeter ワーキング グループによって作成されたメソッドを実装しています。プロジェクトは、Recurve (以前の Open Energy Efficiency) によりコントリビュートされました。
  • Open Energy Data Initiative (OEDI) : OEDI のミッションは、高価値エネルギーとデータセットへのアクセスを改善および自動化し、研究者と業界関係者がデータを実用可能かつ解明可能にし、分析を加速しイノベーションを推進することです。OEDI は、技術コントリビューションのガバナンス監視を行い、複数のデータセットとデータレーキをキュレートし、データセットに基づくマシン ラーニングと人工知能を開発・サポートします。最初のコントリビューションは米国エネルギー省の国立再生可能エネルギー研究所 (NREL)により行われました。

既存の LF Energy プロジェクトは、OperatorFabric、PowSyBl、RIAPS です。

  • OperatorFabric は、電気、水道、その他の公益事業で使用する、モジュール式で拡張可能な、耐久性が高い、実証済みのプラットフォームです。OperatorFabric をベースとしたマルチシステムの技術的・組織的モジュール Let’s Coordinate を使用すると、電力システム内のオペレーター間の技術的・組織的コミュニケーションが効率化されます。
  • PowSyBl は、リアルタイム オペレーションから投資計画まで、電力システムのシミュレーションと分析のためのコード ビルディング ブロックを提供します。
  • Resilient Information Architecture Platform for Smart Grid (RIAPS)は、監視と制御、データ収集と分析、エネルギー管理、マイクログリッド制御、保護アプリケーションなど、効果的で安全で強力な分散型スマートグリッド アプリケーションを構築するためのコア インフラストラクチャ & サービスを提供します。

エネルギーセクターの幅が広いため、LF Energy は将来、電気および電力システムのライフサイクル全体に関係する多くのプロジェクトを追加し、エネルギー移行の加速を促進します。

10カ国から参加するメンバーとともに、LF Energy は、オープンソースと汎用 x86ハードウェアを利用して、変電所バスを非集約化・仮想化し、コストダウンとデータ消費能力を促進するデジタル変電所プロジェクトなど、新たなイニシアチブに着手します。2番目の予測できるメンテナンスプロジェクトは、IoTとドローン技術を利用し、センサー、地理空間イメージ、ハーモニック リスニングを使用したAIとマシンラーニング アルゴリズムを構築します。さらに、2つの Stanford オープンソース プロジェクト Powernet、Visdom は、すでに LF Energy と連携しています。

LF Energy 創設メンバーによる支援のコメント (原文)

“With accelerating change in the energy sector, keeping costs under control is a real challenge,” said Georg Rute, Digitalisation Manager at Elering. “We welcome the initiative to open source our basic IT infrastructure, thus helping reduce costs for all grid operators and bring down barriers in integrating our energy systems.”

“Decarbonization and digitalization of the energy system calls for radical changes to our IT ecosystem,” said Henrik Lang Petersen, CIO at Energinet. “Increased collaboration across borders and sectors is needed. For these reasons, Energinet has joined LF Energy in an ambition to foster new partnerships and further advance the socio-economic value of our IT investments.”

“It is no surprise that LF Energy has been developing so fast,” said Nicolas Richet, Chief Information Officer and Secretary of the Digital committee at ENTSO-E. “It allows for the collaborative development of building blocks that will support the cutting-edge innovations needed for customers worldwide to enjoy a reliable and sustainable power supply. ENTSO-E Members are already applying this collaborative approach in their shared IT developments. This is why ENTSO-E is supporting LF Energy and looks forward to stakeholders across the power system to join.”

“To realise reliable, affordable, and decarbonised energy systems and drive continued prosperity, we must look beyond the historical technology approaches,” said Matthew Williams, Faraday Grid Founder, Director and CTO. “We need speed of innovation, which requires that we adopt new processes and practices, with open collaboration at the heart of this. Faraday Grid is proud to be a founding member of LF Energy to enable prosperous and sustainable energy systems globally.”

“LF Energy brings the collaborative benefits of open source software and data to the energy industry. We are thrilled to be a founding member and are committed to building a healthy and extensive global ecosystem,” said Neil Gerber, Director, IBM’s Energy, Environment & Utilities Industry. “This will dramatically improve system interoperability and enable advanced technologies like Artificial Intelligence. This is necessary to address the world’s need to rapidly evolve the electrical grid infrastructure, while enhancing transparency and innovation.”

“Monash University is developing a digital platform, Smart Energy City, to provide crucial infrastructure supporting our $135 million commitment to reach net zero emissions by 2030,” said Ken Sloan, Monash Deputy Vice-Chancellor and Vice-President Enterprise. “The platform will enable research and deployment to create a transactive energy market as a living laboratory for academics, students and industry. The LF Energy partnership vastly accelerates our access and connectivity to global technology leaders and developers.”

“NREL aims to build a network of data users and contributors for our platform, while at the same time making open energy data more useful, usable, and accessible for researchers and analysts,” said Debbie Brodt-Giles, Data, Analytics, Tools, and Applications (DATA) Group Manager at NREL.

“By its very nature, power spans many boundaries – political, enterprise, economic, social and cultural. As we face rising concerns around global warming and grid disturbances from more frequent severe weather events, we need to leverage technology – from renewable energy to advanced grid control – not to thrive, but just to survive. OSIsoft is thrilled to support LF Energy as a vehicle to drive collaboration and cooperative software and systems that are desperately needed to meet these challenges,” said Richard Beeson, CTO of OSIsoft. “OSIsoft is fortunate to serve 75% of the world’s top energy companies. Our technology helps them manage their operations data for better situational awareness and renewable integration. We are committed to working with the broader ecosystem in helping our collective customers, their stakeholders and the communities and people they serve in adapting and continuing on this journey.”

“We finally found our people,” said Matt Golden, CEO of Recurve (formerly OpenEE), who recently contributed their open source project, the OpenEEmeter, and the CalTRACK method process to LF Energy. “LF Energy is the perfect home for this important consensus building effort. Clearly LFE understands open source and how to help make projects succeed. However, what sets LFE apart is their vision for how open source can drive innovation and the software ecosystem needed to achieve a distributed clean energy grid.”

“In the smart grid, all players take part,” said Loek Bakker, Head of Information Management Office, TenneT. “TenneT believes that this open market demands open software, which is why we have joined the LF Energy initiative.”

LF Energy は、オープンソース エコシステムを育成するために必要なリーダーシップ、インフラストラクチャ、トレーニング、リーガル サポート、コミュニティ アウトリーチを提供し、オープンソースを活用したエネルギー効率と省エネ、再生可能エネルギーの統合、電気モビリティへの代替パスを整備します。ハイブリッド クラウド、コンテナ、マイクロ サービスに携わるエネルギー部門のエンジニアと開発者は、グリッドを迅速にデジタル化するオープンソース ソフトウェアの開発・テスト・改善に関して学習しLF Energy コミュニティに参加することを推奨します。

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、linuxfoundation.org をご覧ください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。