Akraino Edge Stack、5G の IoT エッジ アプリケーション エコシステムに対応したフレームワークとなる初回リリースを発表

  • 初回リリースはIoT、エンタープライズ、テレコム、クラウドなどの分野にまたがる複数のエッジ セクターを統合
  • テストと検証を経て展開可能になったブループリントを提供
  • アップストリーム / ダウンストリームとのコラボレーションを通し、複数のスタック間のAPIを定義・標準化するためのフレームワークを構築

2019年6月6日サンフランシスコ発 ー ハードウェア、シリコン、クラウド、OS から独立したエッジ コンピューティングのためのオープンで相互運用可能なフレームワークの確立を目指す Linux Foundation 傘下の統括組織 LF Edge は、Akraino Edge Stack リリース1 (Akraino R1) の提供開始を発表しました。 コミュニティの幅広いコラボレーションにより構築された Akraino の初回リリースは、さまざまなエッジ ユース ケースに対応した展開可能な自己証明型ブループリントによってインテリジェントなエッジの力を発揮します。

2018年に創設され LF Edge の傘下に入った Akraino Edge Stack は、エッジ コンピューティング システム / アプリケーション向けに最適化された高可用性クラウド スタックをサポートするオープンソース ソフトウェア スタックの構築を進めています。Akraino Edge Stackは、エンタープライズ エッジ、オーバーザトップ (OTT) エッジ、キャリア エッジのネットワークに使用されるエッジ クラウド インフラストラクチャの状況を改善することを目的としています。エッジ クラウド サービスを迅速に拡張し、エッジでサポートされるアプリケーションと機能を最大化し、常時稼働が求められるシステムの信頼性の確保を支援する新しいレベルの柔軟性をユーザーに提供します。

Linux Foundation のネットワーキング、オートメーション、エッジ & IoT 担当ゼネラル マネージャーである Arpit Joshipura は、次のように述べています。
「Akraino R1は、さまざまなエッジ ユース ケースに対応するエッジ ソリューションとして待ち望まれている共通フレームワークの構築に向けた最初のマイルストーンを示しています。業界全体からの専門家の支援を得て、私たちは将来のテクノロジを有効にしサポートするための道を切り開いています。」

Akraino R1について

Akraino R1は、エッジ クラウド サービスを迅速に拡張し、効率を最大化し、展開されたサービスの高可用性を保証する新しいレベルの柔軟性に向けた最初のバージョンです。産業用 IoT、テレコム 5G Core / vRAN / uCPE / SDWAN、エッジ メディア プロセッシング、キャリア エッジ メディア プロセッシングなどのエッジ ユース ケース向けに、展開可能で完全に機能するエッジ スタックを提供します。この初回リリースは、エッジ インフラストラクチャを支援するためのさらなる強化と開発への扉を開くものです。

Akraino は現在、11以上のブループリントで構成され、さまざまなエッジ ユース ケースをサポートするために19以上のブループリントを開発中です。コミュニティは、ユーザーやコミュニティ メンバーによって支えられた実機ハードウェア ラボ上でブループリントをテストおよび検証しています。

Akraino R1には、以下のような「実証済みで使用可能な」10のブループリントが含まれます。

    • Radio Edge Cloud (REC) は、Telco Applianceブループリント ファミリーに含まれる、テレコム仕様のコンテナ用エッジ クラウド プラットフォームです。主要なユース ケースは、5G 無線ネットワークのさまざまな要素を外部アプリケーションが制御できるようにする新しいネットワーク構成要素である準リアルタイム RAN Intelligent Controller をサポートすることです。REC は、Telco Appliance ブループリント ファミリーの最初の例です。このファミリーは、他の目的の準リアルタイム機器のためのシブリング ブループリントを作成する際に使用される再利用可能なモジュール セットを提供します。
    • Integrated Edge Cloud (IEC) Type 1 (Small Edge) & 2 (Medium Edge) は、ネットワーク エッジで新しい機能とビジネス モデルを可能にするプラットフォームです。小中規模のエッジ クラウド展開を含むテレコム アプリケーションをターゲットにし、Armプロセッサーおよびアーキテクチャをサポートします。
    • Network Cloud ブループリント ファミリーは、1つのリモート リージョナル コントローラーから複数のエッジ サイトのハードウェア構成と全自動展開を可能にします。R1に含まれるNetwork Cloudブループリントには、SR-IOV 対応のUnicycleOVS-DPDK 対応の Unicycle、および5Gを含む複数のテレコム / エンタープライズ エッジ ユース ケースをサポートするRover があります。
    • StarlingX Far Edge Distributed Cloud ブループリントは、ショッピング モール、空港、スポーツ スタジアムなどの高密度環境におけるエッジおよびファー エッジ ユース ケースに対応し、これらのイベントや場所での付加価値サービス (データのキャッシュ、処理、分析) をサポートします。
    • Edge Lightweight and IOT (ELIOT) は、IOT ゲートウェイとuCPE (SD-WAN) のユース ケースをサポートします。産業用 IoT、スマート シティ、uCPE に対応する ELIOT は、ハードウェア性能が限られたエッジ ノードに展開できる軽量なソフトウェア スタックを可能にします。
    • Kubernetes-Native Infrastructure (KNI) Provider Access Edge ブループリントは、Kubernetes のベスト プラクティスを活用して大規模にエッジ コンピューティング スタックを管理し、ベア メタルでもパブリック クラウドでも、インフラストラクチャからワークロードまで一貫不変のユーザー エクスペリエンスを提供します。

Akraino Edge Stack は、継続的な自動化と機能強化に反復的なアプローチで取り組んでいます。Akraino R1 で提供された機能をベースラインとして、機能の追加と強化を行う予定です。

ドキュメントへのリンクを含む Akraino R1 の詳細情報については、こちらを参照してください。LF Edge とそのプロジェクトに参画する方法については、https://www.lfedge.org/ をご覧ください。

今後の展望

コミュニティはすでに R2 を計画中です。R2には、新しいブループリントと既存のブループリントの強化のほか、ブループリントの検証の自動化ツール、エッジ API の定義、新しコミュニティ ラボ ハードウェアが含まれる予定です。

Linux Foundation のネットワーキング、オートメーション、エッジ & IoT 担当ゼネラル マネージャーである Arpit Joshipura は、6月25日 (火) に Open Source Summit China でオープンソース エッジ テクノロジーに関する基調講演を行います。

LF Edge は、8月21~23日にカリフォルニア州サンディエゴで開催されるOpen Source Summit North America において、Akraino を中心とする LF Edge プロジェクトにフォーカスしたワークショップ「State of the (LF) Edge;」を開催いたします。詳細については、こちらを参照してください。

コントリビュートメンバーによる支援の声

Arm
“Our unique combination of Arm® Neoverse™ IP, software, and open source collaborative ​efforts underscore our commitment to enabling developers with the tools needed to seamlessly design and deploy solutions scaling from edge to cloud,” said Kevin Ryan, senior director, Software Ecosystem, Infrastructure Line of Business, Arm and LF Edge Governing Board Member. “We are incredibly proud to support the work the Akraino community is doing as we help our ecosystem build the next generation infrastructure.”

AT&T
“We’re very excited for the first release and the continued progress of Akraino,” said OliverSpatscheck, former Akraino Governing Board chair and assistant vice president at AT&T Labs.“AT&T is proud to be part of this community, and we remain committed to supporting an open source first strategy. Akraino is one of the many success stories of open source, and we look forward to accelerating innovation through collaboration.”

Ericsson
“Congratulations to the Akraino community on their first release and the value it brings to the open source Edge ecosystem,” said Martin Backstrom, head of Technology & Portfolio, Solution Area – Cloud & NFV Infrastructure, Ericsson. “Ericsson is at the forefront of 5G evolution driving innovation across edge computing, cloud native, AI/ML, Automation, Orchestration and supporting and contributing code to various open source projects. In Akraino, Ericsson contributed and validated Network Cloud Unicycle with OVS-DPDK blue print and also introduced support for OVS-DPDK in Airship. We are looking forward to continuous growth of Akraino to support more use cases across 5G, Edge and IoT areas in the coming releases.”

Huawei
“Huawei congratulates to the first successful of Akraino. There are many scenarios for edge computing, and the market space is huge. Only truly open platforms can release the potential of edge computing. The open source blueprints provided by the Akraino community provides a collaborative platform for building industry factual standards and fostering a rich application ecosystem to accelerate industry maturity. As digitalization reaches every industry and organization, the edge and cloud collaboration is becoming more important. Huawei is pleased to be working together with partners on the ELIOT blueprint for enterprise edge and IoT gateways, and will further contribute more blueprints.”  Bill Ren, Chief Open Source Liaison Officer, Huawei

Intel
“The Akraino Edge Stack release represents a significant milestone for open source collaborations in edge computing to reflect alignment across industry segments on common integration, validation criteria and tools for solution stacks. Blueprints, also known as common solution stacks, for network and edge cloud use cases will be essential for Akraino adoption at scale. Intel looks forward to helping further drive community involvement and adoption across markets, including Industrial IoT.” Imad Sousou, corporate vice president and general manager of System Software Products, Intel Corporation

Juniper
“The momentum created by the Akraino and LF Edge communities has been remarkable. In collaborating with other community members, the group has helped drive a fully-integrated, deployable stack for the provider access edge for release 1 of Akraino,” stated Sukhdev Kapur, Distinguished Engineer at Juniper Networks. “Akraino is a diverse community whose charter is to drive multiple edge use cases and provide end-to-end fully integrated and tested solutions that are reproducible and deployable. I applaud my fellow Technical Steering Committee Members whose contributions will surely help drive innovation of cloud-native capabilities at the edge of production networks.”  

MobiledgeX
“We at MobiledgeX are excited to be an active contributor to the Akraino R1 blueprints and to be leading the Developer API subgroup. We will contribute our own developer facing APIs and ensure applications can easily discover and take advantage of the Akraino powered Edge infrastructure,” said Sunay Tripathi, chief technology officer, MobiledgeX.

Nokia
“Nokia celebrates the Release 1 of Akraino and the Radio Edge Cloud (REC) project. Nokia brings to REC its long experience in building network elements, creating a telco grade container platform that is optimal for edge cloud deployments, such as O-RAN’s RAN Intelligent Controller (RIC). We are proud to be members of Akraino and to participate in creating key pieces of the future Radio Access.” Tommi Hiltunen, head of Cloud Infrastructure R&D at Nokia Mobile Networks, Cloud RAN

NTT
“LF Edge has accelerated edge innovation effectively engaging traditional telecom service providers, leading edge IoT developers and other networked stakeholders in open source projects. We regard LF Edge as one of the most essential  open ecosystems for cross-industry collaboration in the 5G era. Akraino Release 1 is the first major step towards encouraging  deployment of innovative edge architecture and implementation of 5G use cases. We actively promote edge computing strategy and collaborative development within the Akraino project and are looking forward to LF Edge’s continued progress with the support from the Community.”  Yukari Tsuji, vice president, head of NTT Network Technology Laboratories, NTT Corp.

Red Hat
“Red Hat congratulates The Linux Foundation Edge and the Akraino open source community for achieving this important milestone. We are encouraged by the progress of the efforts in the Akraino project and we will continue to support its continued evolution and progress in the project as well as through our related contributions to VCO with OPNFV, and our continued efforts to make NFVI manageable at the network edge. We look forward to helping build solutions in the very important areas of Edge and IoT.” Tom Nadeau, technical director, NFV, RedHat

Seagate
“Seagate congratulates the LFEdge community on this successful release, which is a key milestone in driving the edge architecture and doing that with a true partnership approach. Building a flexible solution that enables businesses across industries to adapt and grow is critical to Seagate. We are excited to be working alongside the community to advance the architecture of the edge, and to drive data management best practices.” John Morris, chief technology officer, Seagate

Wind River
“The StarlingX project has defined a Far Edge Distributed Cloud blueprint that provides a fully featured cloud for distributed edge use cases. We’re looking forward to further collaborating with the Akraino community, the LF Edge and other upstream communities to innovate and solve critical problems for the edge. The Far Edge Distributed Cloud blueprint integrates StarlingX with the EdgeX Foundry core APIs and is a good example of collaboration between edge projects, each providing key capabilities.” Glenn Seiler, vice president, Open Source Strategy, Wind River

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、linuxfoundation.org をご覧ください。

 

###


The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。