Candera、IDW Technologies、Reutlingen University、T-Systems、Wuhan Bluestar Technology が Automotive Grade Linux に加盟、車載テクノロジー向け共同開発を支援

By 7月 3, 2019 7月 7th, 2019 Press Release, Uncategorized

2019年7月3日 サンフランシスコ発 - コネクテッドカー向けのオープン プラットフォームを開発するクロスインダストリ共同開発プロジェクト Automotive Grade Linux (AGL) は、Wuhan Bluestar Technology がシルバー メンバーとして、Candera、IDW Technologies、Reutlingen University、T-Systems がブロンズ メンバーとして AGL に加盟したことを発表しました。

Linux Foundation の Automotive Grade Linux 担当エグゼクティブ ディレクターである Dan Cauchy は次のように述べています。

「新メンバーを5社を迎え、成長を続けるグローバルなコミュニティを拡大することを大変嬉しく思います。インストルメント クラスター、テレマティックス、自動車からクラウドへの接続など、AGL プラットフォームの機能拡張を継続する中で、彼らと協力することを楽しみにしています。」

AGL は Linux Foundationのオープンソース プロジェクトで、自動車メーカー、サプライヤー、技術系企業などを結集し、インフォテインメントから自動運転まで全ての車載テクノロジー向けの完全にオープンな共通ソフトウェア プラットフォームの開発と導入を加速させます。業界全体で単一のソフトウェア プラットフォームを共有することは、一度の製品開発で複数の自動車メーカーに対応できる開発者とアプリケーション プロバイダーのグローバル エコシステムの成長を促進し、断片化を軽減し、市場投入までの時間を短縮します。

新メンバーの声 (原文)

Candera
“With CGI Studio we support TIER1s and OEMs worldwide in creating innovative GUIs like infotainment systems or digital instrument clusters while considering functional safety standards according to ISO26262. The open source approach of Linux perfectly matches with the open and continuous toolchain paradigm of CGI Studio, which can easily be integrated into existing workflows,” said Reinhard Füricht, General Manager, Candera. “We’re proud of being part of the Automotive Grade Linux and The Linux Foundation and looking forward to continuing our good cooperation as an official member.”

IDW Technologies
“IDW Technologies LLC focuses on developing proof of concepts and commercial concepts in the next-generation connected vehicles and building state-of-the-art products with solution-oriented services for automotive companies to better manage and utilize connected vehicles and next-generation infotainment applications,” said George Joseph, President, IDW Technologies LLC. “We are proud to be joining AGL to not only work extensively with open source software to produce cutting-edge products, but also to improve open source software so that future companies and human generations inherit better suitable environments for their inventions.”

Reutlingen University
“Reutlingen University of applied science has a very strong background on IT services and automotive solutions. Development of our own driving simulator and in-car services at the faculty of computer science has been going on for many years and we are looking forward to bringing our experiences and ideas to the AGL community,” said Prof. Marcus Schoeller of Reutlingen University. “Beyond our contributions to the AGL project, the AGL based prototype in our future mobility lab will be used for hands-on training and education of undergraduate and graduate students in various classes ranging from human machine interaction, software design and development in regulated domains as well as service provisioning and operation.”

T-Systems
“As part of the Deutsche Telekom Group, our agile teams deliver innovation with a short time to market. With our expertise in end-to-end solutions, we are glad to be a part of the Automotive Grade Linux community,” said Andreas Elberg, head of ATS @ T-Systems on site services. “In particular, we are more than happy to contribute with our excellent cloud and connectivity expertise, to build the connected car of the future,” added Tim Laine, program manager, T-Systems.

###

Automotive Grade Linux (AGL) について

Automotive Grade Linux は、自動車メーカー、サプライヤー、技術系企業などを結集し、コネクテッドカー向けフル オープン ソフトウェア スタックの開発導入を促進するオープン ソース共同開発プロジェクトです。AGLはその中核にあるLinuxの強みを生かし、新しい機能や技術の高速開発を可能にする業界デファクトスタンダートのオープン プラットフォームをゼロから開発しています。AGLは、当初はおもに車載情報機器 (In-Vehicle-Infotainment: IVI) を対象にしていましたが、計器盤、ヘッドアップ ディスプレイ、テレマティクス、先進運転支援システム (Advanced Driver Assistance Systems: ADAS)、自動運転などあらゆる車載ソフトウェアへの対応を予定している唯一の組織です。AGLプラットフォームは誰でも使用でき、誰でもその開発に参加できます。Automotive Grade Linuxは、Linux Foundationがホストするプロジェクトです。詳細情報はこちらです。https://www.automotivelinux.org/