ONAP Dublin リリース ー デプロイメントを強化、オープンソース ネットワーキング スタック全体の商業活動を促進

  • メンバー、エンドユーザー、SI、ベンダー、OSSグループ、SDO組織間で、ONAPを中心とした継続的なコミュニティの拡大と連携
  • グローバルなデプロイメントとスケールにフォーカスした主要なブループリントと5G機能
  • ONAP がコンプライアンスと検証プログラム (OVP) で不可欠に

2019年7月9日 サンフランシスコ発 - オープン ネットワーキング プロジェクト間のコラボレーションとオペレーショナル エクセレンスを促進する LF Networking (LFN) は、ONAP Dublin のリリースと新メンバー6社の加盟を発表しました。ONAPの4番目のリリースとなる Dublin は、大手通信事業者 (Deutsche Telekom、KDDI、Swisscom、Telecom Italia、Telstra など) による新たなデプロイメント計画と、多くの主要ベンダーによる ONAP ベースのプロダクトとソリューションを含む商業活動の動きを加速させます。また、オープン ネットワーキング スタックや標準など、マネージメントとオーケストレーションに関する業界連携の中心となります。

ONAP Dublin リリースと合わせて、新メンバーの加盟 (Aarna Networks、Loodse、LIONS Center at Pennsylvania State University、Matrixx Software、VoerEir AB、XCloud Networks) は、オープンソースとオープン スタンダード ベースのネットワーキング技術のスピーディーな開発および採用のための LFN のグローバルなエコシステムの成長を促進します。

Linux Foundation の Networking, Orchestration, Edge & IoT 担当ゼネラル マネージャーである Arpit Joshipura は、次のように述べています。
「新たなデプロイメント、新たな商業採用、新メンバー加盟による堅調なエコシステムの成長を素晴らしく思います。ONAP は、MANOを中心とした適合性と検証、標準化のコラボレーションにおける業界連携のフォーカルポイントになっています。Dublin は特に、あらゆる規模や場所のクラウドで、安全で標準に準拠したグローバルなデプロイメントのための 5G ネットワーク オートメーションを実現します。」

ONAP の TSC チェアである Catherine Lefèvre 氏は、次のように述べています。
「技術的な成長を遂げた Dublin は、私たち ONAP コミュニティの成熟を表しています。通信事業者とベンダー間の関係は、開発、セキュリティ、インテグレーションを含む多くの分野における協力を通じてさらに強化されました。例えば、Swisscom と Samsung は今回のリリースで重要な役割を果たしました。他の通信事業者やベンダーと彼らのコラボレーションは、ONAPコミュニティ内に広がっている ‘共に革新する’ 精神をハイライトしています。Swisscom は、開発とテストにおいて ONAP オープンソース コミュニティ メンバーであるベンダーと協力してブロードバンド サービス ユースケースを推進しました。Samsung は、Orange が率いる ONAP セキュリティ サブコミッティーにより優先事項として取り上げられた新たな要件を特定するペネトレーション テストを実施しました。」

ONAP Dublin を使用して商業活動を促進するエンドユーザー デプロイメント

通信事業者とベンダーは、Dublinリリース サイクル間にONAPの新たなプロダクション デプロイメントを発表しました。大手通信事業者は ONAP を利用して消費者向けモビリティサービスを強化し (AT&T)、いくつかのヨーロッパの国々でネットワーク管理システム アクセスの品質を監視しています (Orange)。また、Bringcom、China Mobile、China Telecom、Deutsche Telekom、KT、Reliance Jio、Swisscom Turk Telecom、Telstra、TIM を含む通信事業者は、2019年末までに追加のプロダクション デプロイメントの可能性があるテスト、PoCまたはトライアルを実施します。

ベンダー側では、Aarna Networks、Amdocs、BOCO、Huawei、ZTE が、ONAPをベースとした専業のONAPディストリビューションまたは製品を発表しました。さらに、Accenture、Ampere、Arris、Ciena、Ericsson、iconectiv、Netsia、Nokia、Pantheon、Ribbon、Rift、Tech Mahindra、Wipro により新たなデモおよびサポート サービスが提供されました。

最新のデプロイメントはONAPのエンドユーザー間における継続的な成長を表しています。

ONAP Dublinのその他の新機能は以下の通りです :

  • 新たな拡張ブループリント :
    • Dublin は、ONAP を使用し PON を介したマルチギガビットのレジデンシャル コネクティビティを実証するための新しいレジデンシャル コネクティビティ ブループリント、ブロードバンド サービスを紹介します。
    • マルチリリース 5G ブループリントは、PNFサポート、パフォーマンス管理、障害管理 (PM、FM) モニタリング、物理セルID (PCI) を使用したホーミング、次期リリースのエンド ツー エンドのネットワークスライシングをサポートするモデリングの進歩を強化します。
    • CCVPNブループリントには現在、サービスと帯域幅のオンデマンドの動的追加が含まれています。
  • OVP 機能強化 : 今年4月、ONAP コミュニティ内で開発された要件に基づく公開されている VNF コンプライアンス テスト ツーリングによる VNF 検証を含む拡張された OPNFV 検証プログラム (OVP) を開始しました。OVPは業界全体の要件に対してチェックしますが、一方で通信事業者固有 (例 : VMフレーバー、データプレーン アクセラレーション テクノロジーなど) の要件はチェックしません。このため Dublin は、 SDC に Vendor Software Product (VSP) コンプライアンス チェックを追加しギャップを埋めています。
  • 標準のための連携 : 自動化プラットフォームのリファレンス アーキテクチャとリファレンス コード両方としての ONAP の重要性を示すように、LF Networking は標準化団体 (例 : 3GPP、ETSI NFV ISG、ETSI ZSM ISG、MEF、TM Forum) と協力して標準開発のためのリファレンス アーキテクチャを提供します。オープンソースとオープン スタンダードがどのように連携しているかについて、詳細は Open Networking Summit North America の基調講演パネル ディスカッションをご覧ください。

ONAP Dublin の詳細については、こちらのリンクをご覧ください。ONAPの次のリリース El Alto は、今年後半に予定されており、機能強化の中でS3Pを中心としたマイナー要件の更新が含まれる予定です。

新しい LFN メンバー

最新のLFNメンバーは、100を超える既存のメンバー組織と協力して、FD.io ONAP、 OPNFV、 OpenDaylight、 PNDASNAS Tungsten Fabricを含む、LFNのネットワーキングプロジェクトの開発、テスト、実装を推進します。Aarna Networks、Loodse、Matrixx、VoerEir AB、XCloud Networks がシルバー メンバーとして、LIONS Center at Pennsylvania State University がアソシエイトメンバーとして加盟します。

今後のコミュニティ イベント

企業、サービス プロバイダー、クラウド プロバイダーによる共同開発とイノベーションを可能にする業界最先端のネットワーキングイベント Open Networking Summit Europe が、9月23日〜25日ベルギー アントワープで開催されます。7月28日まで早期割引料金で登録できます。

新規 / 既存の LFN メンバーによる支援の声 (原文) :

Aarna Networks
“5G and edge computing are a once in a generation disruption that will fundamentally transform enterprise and telecom networks. This new world will be software driven using technologies such as NFV, SDN, and cloud computing, and will require sophisticated orchestration, management, and automation,” said Amar Kapadia, co-founder at Aarna Networks. “By Joining LF Networking, we can collaborate more deeply with the ONAP community and related projects such as OpenDaylight, Tungsten Fabric, and PNDA.”

AT&T
“The Dublin release represents a major leap forward in third-party vendor and carrier support of ONAP,” said David Lu, vice president, SDN Platform & Systems, AT&T. “With more vendors now utilizing ONAP to offer new services and solutions, this latest release marks a tremendous win in ONAP’s platform strategy and in the continued effort to expand community and industry adoption. Additionally, the Dublin release not only provides many new automation features in support of the DevOps model, but also supports the TM-Forum Open API initiative and the BOS
Catalyst project, both of which demonstrate the success of the ONAP platform for industry mainstream automation and transformation.”

Huawei
We are happy to see the release of the fourth version of ONAP, which is more mature and easier to deploy. The new use case of broadband service (BBS) which Huawei collaborated with Swisscom has once again proved ONAP’s powerful platform capabilities and wide adaptability. The telecom industry has taken a big step forward in building a unified network automation de-facto standard based on ONAP. We will continue to work with industry partners to make contributions to a more efficient, open and prosperous ecosystem for the network industry,” said Bill Ren, Chief Open Source Liaison Officer, Huawei

Loodse
“By joining LF Networking, we look forward to contributing to innovations in cloud native networking and bringing the communities together for mutual benefit,” said Sebastian Steele, co-founder and CEO, Loodse. “With our practical experience, we can help LF Networking to integrate a cloud native and Kubernetes perspective into its projects and find solutions for real-world use-cases. And, personally, I look of course forward to getting to know many members of the community at industry events.”  

MATRIXX Software
“MATRIXX is extremely pleased to join the LF Networking group at a time when cloud native network functions and open source are more important than ever for service providers,” said Marc Price, Global CTO of MATRIXX Software. “As a Silicon Valley based company committed to innovation and digital disruption, MATRIXX is uniquely positioned to aid LF Networking members as we advance a new generation of services inspired by web scale best practices.”

Nokia
“With ONAP Dublin release, Nokia has been driving ONAP support for 5G readiness and enhancing the service domains beyond the initial scope – towards 5G radio, edge cloud and fixed broadband. Supporting virtualized and physical network functions in all of these domains is key for managing and orchestrating networks and services end-to-end,” said Ron Haberman, Chief Technology Officer, Nokia Software. “The support of open source projects like ONAP, complementing and integrating with our commercial solutions, remains an integral part in Nokia’s overall portfolio strategy as an end-to-end solution provider. Consequently, openness, interoperability, and usability are key design principles we are pushing together with our partners in each release.”

Orange
“Orange strongly believes that ONAP is the solution to align industry for network automation” said Emmanuel Bidet, vice president of Orange Labs Networks on Core Networks, Automation and Security. Orange adopts a pragmatic step-by-step approach by deploying in production a subset of ONAP components to monitor the quality of network management system access in several European countries. Orange also setup a comprehensive 18 days ONAP training to facilitate ONAP adoption in the company. We also see significant move in the community to better align the priorities with the operational requirements. As a founding member of ONAP, Orange is still increasing its commitment  to ONAP evolution aligned with our business priorities. In addition to the community OpenLab platform used by 150+ users , Orange leads the ONAP security subcommittee and introduced a new chain tool to improve the ONAP CI/CD process. Orange is also acting to align ONAP with standardization bodies (TMF, ETSI/NFV, 3GPP …).”

Swisscom
“Open source software is in the core of most of Swisscom’s products and internal systems and platforms. We believe that the LFN projects, and especially ONAP, play a key role in making the telecom industry more open.” said David Pérez Caparrós, Lead DevOps Engineer, Swisscom. “At Swisscom, we strive for high levels of automation and seek for a more standardized way to build the next generation of our current net-near IT platforms. We are evaluating how ONAP can help us to achieve that goal. As a first step, the BBS (Broadband Service) use case leverages ONAP’s  automation capabilities to enable our customers to move their CPE with services automatically configured at the new location – this helps increase customer satisfaction, while reducing operational costs and complexity in IT procedures.”

VoerEir AB
“As networks transform to open source it is important that the industry come together to work collectively on clear technical demarcation points to reach the next level of maturity,” said Patric Lind CEO of VoerEir AB.  “We have, for the last few years, been active in the OPNFV, Open Networking Summit and other open source communities and are excited to take an even more active role. The maturity of open source changes the focus towards the areas of interoperability and production-grade networks where we believe VoerEir AB has a lot to contribute.”

XCloud Networks
“XCloud is excited to support LF Networking and work with the great minds moving the industry forward,” said Alex Saroyan, Founder & CEO, XCloud. “We strongly believe that the future data center will encompass, in part, the agility to enable the network to become a part of the computing fabric. After learning from customers for more than two years we are focused on bringing to market the tooling and service required to facilitate this change. By joining LF Networking we are hoping to meet the folks in the industry ready to deliver solutions in line with the vision established by the open networking community.” 

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、linuxfoundation.org をご覧ください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。