新たなオープン ハードウェア テクノロジーとコラボレーションを発表

OpenPOWER が Linux Foundation プロジェクトへ ー ハイブリッド クラウド環境と増大する集中型ワークロードに求められるデータドリブン アーキテクチャの開発を促進

2019年8月21日カリフォルニア州サンディエゴ発 ー オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体である Linux Foundation は、OpenPOWER Foundation が Linux Foundation 傘下のプロジェクトになることを発表しました。プロジェクトには、IBM のオープンな POWER 命令セットアーキテクチャ (ISA) と、人工知能 (AI) など集中型ワークロードのためのデータドリブン ハードウェアのサポートに必要となるコントリビュートされたソース デザイン実装が含まれます。

OpenPOWER は、Power アーキテクチャのオープン スチュワードであり、IBM、Google、Inspur Power Systems、Yadro、日立製作所、Wistron、Mellanox、NVIDIA、Red Hat を含む 350メンバー企業がサポートしています。
Linux Foundation のガバナンスモデルは、POWERの豊富な機能セットとオープン コンピュート ハードウェア & ソフトウェア エコシステムを活用してAI やハイブリッド クラウド ネイティブ アプリケーションを開発する際に、ソフトウェア開発者に互換性を保証します。

AI やインメモリ分析などの計算集約型ワークロードの需要が高まるにつれて、コモディティ システム ベンダーは、ムーアの法則の終わりが迫りつつある予測に悩んできました。CPU 自体ではもはや需要の増大に対処しきれなくなる可能性があり、データ セントリック システムは、特殊化されたワークロード向けに CPU と接続デバイス間のデータフローを最大化するために構築されます。プロジェクト間、コミュニティ間のコラボレーションを推進する Linux Foundation で OpenPOWER をホストし、世界中の参加者が利用できるようにすることで、データ セントリック システムをサポートするハードウェアおよびソフトウェアの開発を加速させます。

Linux Foundation のエグゼクティブ ディレクターである Jim Zemlin は、次のように述べています。
「OpenPOWER コミュニティは、AI やマシンラーニングのワークロードにビッグデータを使用している企業の増大する要求をサポートするために重要な作業を行ってきました。この取り組みを Linux Foundation のプロジェクト全体のオープンソース開発者による世界的なエコシステムと結びつけ協業する動きは、次世代 POWER アーキテクチャを定義するツールとテクノロジーへのアクセスを広くあらゆる開発者に提供し、新しいレベルのイノベーションをもたらします。」

IBM の OpenPOWER ゼネラル マネージャーである Ken King 氏は、次のように述べています。
「IBM は、Linux Foundationのようなグループを通じたオープン コラボレーションは、顧客に価値を提供するために重要であると信じています。先日の Red Hat 買収と今回の発表により、IBM は唯一の商用のプロセッサーベンダーとなり、POWER はハードウェアの基盤からソフトウェアスタックまで、完全にオープンなシステム スタックを有する唯一のアーキテクチャになりました。」

OpenPOWER Foundation のエグゼクティブ ディレクターである Hugh Blemings 氏は、次のように述べています。
「OpenPOWER Foundationは、IBM POWER アーキテクチャを中心に設計されたシステムのオープン スタンダードと仕様を促進するために2013年に設立されました。以来、世界中の何百もの企業がフレームワークにコントリビュートし、顧客に利益をもたらすテクノロジーを協力して作り上げてきました。Linux Foundation とのコラボレーションは、コミュニティをさらに開拓するための次のステップとなります。」

OpenPOWER Foundation への参加方法を含む詳細は Linux Foundation ブログIBM ブログOpenPOWER ブログをご覧ください。

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、www.linuxfoundation.org をご覧ください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。

 

Follow Us

The Linux Foundation

Founded in 2000, the Linux Foundation is supported by more than 1,000 members and is the world’s leading home for collaboration on open source software, open standards, open data, and open hardware. Linux Foundation’s projects are critical to the world’s infrastructure including Linux, Kubernetes, Node.js, and more. The Linux Foundation’s methodology focuses on leveraging best practices and addressing the needs of contributors, users and solution providers to create sustainable models for open collaboration. For more information, please visit us at linuxfoundation.org.
The Linux Foundation
Follow Us