中国初のデジタルオンリー バンクが Linux Foundation に加盟

By 9月 17, 2019 9月 24th, 2019 Press Release

WeBankがグローバルなオープンソース コミュニティとのコラボレーションにより、フェデレーション ラーニング フレームワークを使用して銀行業務のイノベーションを推進

2019年9月17日カリフォルニア州サンフランシスコ発 – Linux Foundation は、WeBank がゴールド メンバーとして加盟することを発表しました。既存のゴールド メンバーである Alibaba、Dell、Facebook、トヨタ自動車、Uber、Verizon などの企業に加わります。

WeBankは、中国初の民間銀行でありデジタルオンリー バンクです。テクノロジーを核として設立され、テクノロジーにおけるイノベーションの推進に取り組んでいます。最近では FATE (Federated AI Technology Enabler) を Linux Foundation 傘下のプロジェクトへ移行することを主導しました。FATE はフェデレーション ラーニング フレームワークで、ユーザーのプライバシー、データの機密性、政府の規制を遵守しつつ、企業や団体全体のコラボレーションを促進し、AIモデル トレーニングと推論を実施します。

Linux Foundation のエグゼクティブ ディレクターである Jim Zemlin は、次のように述べています。
「WeBankは、オープンソース開発の持つ価値と理想をイノベーションやコラボレーションという形で具体化します。FATE のようなプロジェクトでのリーダーシップは、その積極的な関与の姿勢を示しており、Linux Foundation のプロジェクトおよびコミュニティとの関わりがさらに深まることを期待しています。」

WeBank で AI を担当する統括マネージャー代理である Tianjian Chen 氏は、次のように述べています。
「WeBank はコラボレーションの価値を理解しており、誰もが単独でイノベーションを起こすことはできないと考えます。Linux Foundationは、私たちを世界中のオープンソース プロジェクトやメンバーからなる多様なコミュニティに結び付けてくれます。」

オープンソース ソフトウェアを基礎として全面的にデジタル化されたハイテク銀行である WeBank は、オープンソース ソフトウェア エコシステムに基づきグローバル バンキングに変革をもたらそうとしています。その第一歩として FATE、Linux Foundation AI、Cloud Native Computing Foundation、LF Edge、Confidential Computing Consortium へのコントリビューションを行います。

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、www.linuxfoundation.org をご覧ください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。