大阪エヌデーエス、MERA、MocanaがAutomotive Grade Linuxに加盟

By 3月 31, 20204月 2nd, 2020Embedded, Automotive and IoT, Press Release

2020年3月31日 サンフランシスコ発 - コネクテッドカー テクノロジー向けのオープンソース プラットフォームを開発するクロスインダストリ共同開発プロジェクト Automotive Grade Linux (AGL) は、新メンバーとして大阪エヌデーエス、MERA、Mocanaが加盟したことを発表しました。

Linux Foundation の Automotive Grade Linux 担当エグゼクティブディレクターである Dan Cauchy は次のように述べています。
「大手自動車メーカー11社の協力のもと、AGL搭載車両の生産が増加しています。私たちは、AGLプラットフォームとそれをサポートする製品・サービスのグローバル エコシステムを拡大する中で、今回のすべての新メンバーと協力することを楽しみにしています。」

AGL は Linux Foundation のオープンソース プロジェクトで、自動車メーカー、サプライヤー、技術系企業などを結集し、インフォテインメントから自動運転まで全ての車載テクノロジー向けの完全にオープンな共通ソフトウェア プラットフォームの開発と導入を加速させます。業界全体で単一のソフトウェア プラットフォームを共有することは、一度の製品開発で複数の自動車メーカーに対応できる開発者とアプリケーション プロバイダーのグローバル エコシステムの成長を促進し、断片化を軽減し、市場投入までの時間を短縮します。

新メンバーの声 (原文)

MERA
“MERA, as a software development company, has been using open source software for many years, bringing best in class solutions to its customers in various industries like ICT, Industrial IoT, Automotive, FinTech and others,” said Dmitry Oshmarin, CTO of MERA. “As experts in embedded software development, especially in the Linux environments, we plan to contribute to Automotive Grade Linux. At the same time, we will leverage this new experience to help our customers to benefit from using AGL in their products.”

Mocana
“Automotive manufacturers and suppliers are connecting a broadening range of systems and devices onboard vehicles to deliver mission-critical safety capabilities as well as significantly enhance the user experience. Many of these on-board systems also incorporate virtualized systems or containers to streamline and scale the delivery of key functionalities,” said Dave Smith, President of Mocana. “This increase in connectivity provides additional insight into the performance and reliability of systems to improve system performance and safety, as well as minimize downtime and reduce maintenance costs. Unfortunately, it also introduces new cybersecurity risks and ways for hackers to attack these on-board systems to compromise their safety and uptime – and generate inaccurate alerts, messaging and data. We plan to design plug-n-play solutions that integrate with the AGL platform to enable scalable, end-to-end security, to protect any AGL-based systems on-board connected or autonomous vehicles.”

Osaka NDS
“Osaka NDS CO.,Ltd is leader in developing, deploying and supporting commercial and industrial embedded Linux solutions and services, and we are excited about joining the AGL community,” states Yutaka Toida, Osaka NDS’s Director. “We look forward to working with other AGL members as we continue to expand the AGL platform to support new mobility solutions and connected car applications.”

###

Automotive Grade Linux (AGL) について

Automotive Grade Linux は、自動車メーカー、サプライヤー、技術系企業などを結集し、コネクテッドカー向けフル オープン ソフトウェア スタックの開発導入を促進するオープン ソース共同開発プロジェクトです。AGLはその中核にあるLinuxの強みを生かし、新しい機能や技術の高速開発を可能にする業界デファクトスタンダートのオープン プラットフォームをゼロから開発しています。AGLは、当初はおもに車載情報機器 (In-Vehicle-Infotainment: IVI) を対象にしていましたが、インストルメント クラスター、ヘッドアップ ディスプレイ、テレマティクス、先進運転支援システム (Advanced Driver Assistance Systems: ADAS)、自動運転などあらゆる車載ソフトウェアへの対応を予定している唯一の組織です。AGLプラットフォームは誰でも使用でき、誰でもその開発に参加できます。詳細情報はこちらです。https://www.automotivelinux.org/