FinOps Foundationがクラウド フィナンシャル マネジメントと教育を推進するための協力体制を業界全体から幅広く結集

By 8月 20, 20208月 24th, 2020Press Release

新興のクラウド フィナンシャル マネジメント分野における教育やベストプラクティスを強化するLinux Foundationの新しい取り組みにおいて、創立メンバーとしてApptio、Google、VMWareを代表するメンバーが技術諮問委員会に加わりました。

2020年8月20日 サンフランシスコ発― オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体であるLinux Foundationは、ベストプラクティス・教育・標準確立を通じたクラウド フィナンシャル マネジメント分野の推進を目的としたFinOps Foundationの設立を発表しました。Linux Foundationは6月にOpen Source Summit North AmericaにてFinOps Foundationの設立計画を発表していましたが、本日、創立メンバーであるApptio、Cloudeasier、Cloudsoft、CloudWize、Contino、Kubecost、Neos、Opsani、ProsperOps、Timspirit、VMwareのサポートを受けてFinOps Foundationの設立を発表しました。

新規に設置された技術諮問委員会 (Technical Advisory Council : TAC)Technical Advisory CouncilにはApptio、Google、VMWareの代表者を招き入れるほか、Atlassian、Nationwide、Pearsonの代表者が既存のプラクティショナー メンバーとして名を連ねます。TACの規則はメンバーを指名あるいは投票により選出することを定めており、今後はエンドユーザーのプラクティショナーも加わる予定です。TACの初期メンバーは以下の通りです:

  • Eugene Khvostov 氏 (Apptio、製品・エンジニアリング部門 VP)
  • Matt Leonard氏 (Google、Compute Cloud billings製品マネジメント リード)
  • John McLoughlin 氏 (VMWare、CloudHealth製品マネジメント ディレクター)
  • Mike Fuller 氏 (Atlassian、FinOpsプリンシパル システムエンジニア)
  • Joseph Daly 氏 (Nationwide、クラウド最適化 ディレクター)
  • Ashley Hromatko 氏 (Pearson、FinOps シニア マネージャー)

FinOps Foundationのエグゼクティブ ディレクターであるJ.R. Storment 氏は、次のように述べています。
「ITおよび財務の両チーム間でのクラウド関連の調達業務をサポートする新たな協業形態に対する需要を受け、FinOpsコミュニティは急激に成長しています。私たちはこの成長をサポートするインフラやガバナンスを有しており、同分野をさらに成長させるための最高レベルのトレーニングや教育機会を提供することができます。これは、今回発表された我々の創立メンバーによるコミットメントを通じて実現されます。今後もこれらのメンバーたちも協力していくことを楽しみにしています。」

また、CNCF(Cloud Native Computing Foundation)CTOであるChris Aniszczykは、以下のように述べています。「KubeConやCkoudNativeConでは効率化とクラウド フィナンシャル マネジメントが大きな議題となりつつあるなか、そこでFinOps Foundationが公式にローンチを発表したことをとても喜ばしく思います。CNCFは、クラウド ファイナンシャル マネジメントをすべての人にとってより良いものとするべくFinOps Foundationと協業していくことを楽しみにしています。」

また本日、FinOps認定プラットフォーム、FinOps認定サービスプロバイダー、ならびにトレーニングパートナー プログラムがそれぞれ公式に開始します。

FinOps認定プラットフォーム (FinOps Certified Platform : FCP) は、クラウド フィナンシャル マネジメントを導入するためのソフトウェア ソリューションを提供する、事前資格審査に合格したテクノロジー プロバイダです。開始時のパートナーはApptio Cloudability、CloudHealth by VMware、CloudWize、Kubecost、Opsani、ProsperOpsとなります。

FinOps認定サービス プロバイダー (FinOps Certified Service Provider : FCSP) は、クラウド フィナンシャル マネジメントを導入する企業のサポートにおいて深い経験を有する、事前資格審査に合格したテクノロジー プロバイダです。FCSPパートナーはクラウド フィナンシャル マネジメントの導入に踏み切ろうとする企業や団体に対して、FinOpsにおけるサポート・コンサルティング・プロフェッショナル サービス・トレーニングなどを提供します。開始時のパートナーはApptio、Cloudeasier、Cloudsoft、Contino、Neos、Timspiritとなります。

またFinOps Foundationでは、一部のFinOpsトレーニングパートナー (FinOps Training Partners : FTP) を認定します。事前審査に合格したこれらのトレーニング パートナーはいずれも、クラウド フィナンシャル マネジメントにおける深い経験を有するパートナーとなり、開始時のパートナーはApptio、Cloudeasier、Contino、VMwareとなります。

メンバーが受講できるトレーニングには、今夏Linux FoundationとFinOps Foundationにより開始された無料のedXコース「Introduction to FinOps」があり、現在受講者を募集しています。またFinOps Foundationは、FinOps認定プラクティショナー試験 (FOCP) を提供しています。FinOps全体のランドスケープに関する説明は、こちらでご覧いただけます: https://landscape.finops.org

FinOps Foundationは世界中から集まる、1,200社以上を代表する2,000名近いプラクティショナー メンバーによって構成されており、DevOpsが従来型の縦割りのシステムを破壊し、機動性を高めることで開発に革命をもたらしたのと同じように、FinOpsは、新しい文化、知識スキルならびに技術プロセスを持つ、テクノロジー、ビジネス、金融の専門家を結集することでクラウドのビジネス価値を高めています。

FinOpsはクラウドの運用モデルであり、システム、ベストプラクティス、文化を組み合わせて、企業にクラウド関連コストの理解ならびに情報に基づいたビジネス上の意思決定を行う能力を高める転換をもたらします。FinOpsは、企業がクラウドに費やすすべてのコストから最大限の価値を得られるようにします。開発者が購買決定をコントロールする領域まで支出に対する説明責任を広げ、購買の効率性を最大化し、支出をチームに割り当てられるようにする新しい中央集中型のプロセス群を提供します。

FinOpsに関する詳細及び参加方法はこちらhttps://www.finops.org/をご覧ください。

創立メンバーの声 (原文)

Apptio
“Managing cloud costs and usage continues to be a top concern as cloud spending accelerates even faster than forecasted as a result of the business disruption, we’ve experienced this year. It’s been incredible to watch the FinOps Foundation grow from Cloudability’s Quarterly Customer Advisory Board meetings to a robust community dedicated to helping the industry manage cloud costs more effectively. We look forward to continuing our support of the Foundation’s efforts to standardize best practices and education for cloud financial management,” said Eugene Khvostov, VP of Product & Engineering at Apptio.

Cloudeasier
“Over recent years, most companies have experienced opening the ‘Pandora’s Box’ of the Public Cloud. The ease of consumption and availability of innovative services have been opposed by the necessity to understand, forecast, and report on the IT costs of every project. FinOps aims to solve this equation with the setup of processes, teams, and tools, which will make companies take full advantage of all Public Cloud benefits. As a FinOps pure player, it was an obvious choice for Cloudeasier to be part of the FinOps Foundation adventure. We are thrilled to participate, contribute, and learn, together with the Foundation, to set the next industry standard for Cloud Finance Management,” said Aymerc Thas-Pinot, CEO Cloudeasier.

Cloudsoft
“Cloudsoft is proud to be a member of the FinOps Foundation and we are excited to be part of the growing community focused on developing and sharing best practices in Cloud Financial Management. Our customers need to innovate without exploding costs. Therefore, the best practices established within the FinOps Foundation are crucial to gaining optimum business value from the cloud,” said Aled Sage, Head of FinOps at Cloudsoft.

CloudWize
“We see FinOps need in cloud cost-control, and optimization is on the rise. As a member of the FinOps Foundation, CloudWize provides a seamless solution that helps FinOps write policies to monitor and alert on undesired situations and prevent cost overhead. With CloudWize, FinOps analysts can query and search for misconfigurations and abnormal metrics that impact costs, without writing a single line of code,” said Yotam Atad, CEO of CloudWize.

Contino
“Contino is delighted to become a member of the FinOps Foundation. As organizations start to become more mature with their cloud adoption programs, many are recognizing the importance of adopting FinOps practices and Financial Agility as an integral part of their strategy. Working alongside the FinOps Foundation to create best practices, we will be able to better support our customers in creating modern Cloud Operating models by aligning their cloud adoption journey with spend-to-engineering efforts and business initiatives. We look forward to further sharing our experiences, whilst upskilling the community and our clients.”

Kubecost
“As more teams adopt Kubernetes and next generation cloud native technologies at scale, we are excited to be part of the community that is thinking deeply about how to help teams manage spend in these new environments. We look forward to developing more open source solutions to help benefit this growing community!” said Webb Brown, Kubecost co-founder.

Neos
“We are adamant in taking steps towards a positive change in Cloud financial management,” says Neos CEO Davorin Capan. “FinOps offers us necessary practices that facilitate our transition towards a truly ‘cloud-first’ strategy, bringing together technology, business and finance. Understanding the significance of this movement, we already have half a dozen of certified of FinOps practitioners in our team. Moreover, we are developing CloudVane, Multicloud Cost Management solution built on basic FinOps principles. We aim to include FinOps methodology into every consulting project, particularly in the form of turn-key solutions for our clients’ cloud demands.”

Opsani
“Optimizing cloud expenditures and managing workloads to be at their utmost efficiency is a paramount business concern as more businesses are shifting their traditional IT models to the cloud and implementing SaaS business lines. The FinOps Foundation is providing the essential service of highlighting best practices for managing cloud costs across the enterprise for better financial and computation results,” said Ross Schibler, CEO and Founder of Opsani, a leading Silicon Valley startup.

ProsperOps
“Cloud success cannot be achieved without Cloud Financial Management success and the FinOps Foundation is leading the way for every business to master this critical discipline. We’re thrilled to be a FinOps Certified Platform founding member and offer our service to practitioners looking to fully automate industry-leading savings outcomes,” said Chris Cochran, CEO of ProsperOps.

Timspirit
“For many years, Timspirit has been helping its customers understand, control and optimize their costs in an on-demand environment without any proven standards. We have also seen the emergence of the Cloud and FinOps, not only as an obvious source of savings, but also as an essential lever in reducing the carbon footprint of IT by sharing resources and improving efficiency. Timspirit is convinced that FinOps will become the ubiquitous discipline leading to a controlled, economical and sustainable IT. As a member of the FinOps Foundation, Timspirit is proud to work with our peers to offer our clients a shared FinOps framework based on market best practices.”

VMware
“Cloud financial management has never been more critical than it is right now. Organizations around the world are accelerating their cloud strategies while at the same time trying to control costs in a turbulent economic environment. The FinOps Foundation is doing important work to advance cloud financial management practices and practitioners. We’re excited to learn from FinOps Foundation members and contribute best practices we’ve gathered through our partnership with thousands of organizations worldwide,” said Joe Kinsella, vice president and CTO, CloudHealth by VMware.

 

FinOps Foundationについて

FinOps Foundation (F2) は、世界中のFinOpsプラクティショナーで構成される非営利の事業者団体です。F2は、FinOpsプラクティショナーの実際の体験談、専門知識、インスピレーションに基づき、クラウド フィナンシャル マネジメントのベストプラクティスと標準確立を体系化および促進し、コミュニティ メンバーとそのチームがクラウド フィナンシャル マネジメントを改善できるようにすることを主目的としています。詳細および参加方法はこちら https://www.finops.org/ をご覧ください。

 

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、www.linuxfoundation.org をご覧ください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。