HyperledgerにEDFとJD Digitsを含む10社の新メンバーが加盟

本リリースは、Hyperledger Welcomes 10 New Members, Including EDF and JD Digits の参考訳です。

日立製作所とBSOSが新たにHyperledger Certified Service Providersに加わり合計20社に

2020年12月10日サンフランシスコ発 – 業界の壁を越えたブロックチェーン技術の進化をめざして発足したオープンソース共同開発プロジェクトHyperledgerは、エンタープライズ ブロックチェーン コミュニティに参加する新メンバーを発表しました。BSOS、EDF、JD Digits Technology Holding Co., Ltd,.を含む10社の新メンバーは、Linux Foundationがホストするマルチベンチャー/マルチステークホルダーの取り組みにさらなる多様性をもたらします。

さらにHyperledgerは、BSOSと日立製作所が認定要件を満たしたことからHyperledger Certified Service Providers (HCSP) が合計20社になったことを発表しました。また、Hyperledgerは、Walmart Canadaで使用されているDLT Labsの貨物インボイス管理ソリューションLedgerDomainの医療品サプライチェーン デプロイメント保険業界内での安全なデータ共有のためのopenIDLブロックチェーン プラットフォームに関する詳細なレポートを追加し、ケーススタディー ライブラリが拡充されました。ケーススタディのラインナップは、2021年第2四半期に開催される次回のHyperledger Global Forumのコンテンツの一部をプレビューするものです。

この継続的なモメンタムは、Hyperledger 5周年のパネルシリーズ (#5yearsofHyperledger) を行い、記念日を迎えることでもたらされます。パネルシリーズのフィナーレでは、コミュニティ全体による交流セッションも行います。12月17日午後1時 (米国東部標準時) に予定されている交流セッションでは、エンタープライズ ブロックチェーンの次の5年間を形作る重要なテーマを中心に、交流と議論の機会を提供します。

Hyperledger のエグゼクティブディレクターである Brian Behlendorf は、次のように述べています。
「Hyperledgerコミュニティがどのように成長し進化してきたかを振り返ることは嬉しいことですが、その先にあるテクノロジーと機会について考えると、より一層魅力を感じます。テクノロジー、ビジネスモデル、市場の成熟化により、ブロックチェーンは多くの業界でますます戦略的なプラットフォームになっています。私たちのコミュニティは、有意義な結果をもたらすエンタープライズ ブロックチェーン テクノロジーの開発とデプロイの最前線にあり、今回の新メンバーとサービスプロバイダーのラインナップは、市場を前進させるための取り組みで協力します。」

Hyperledgerは、エンタープライズ グレードのオープンソースによる分散台帳フレームワーク、ライブラリ、ツールを提供することにより、組織がそれぞれの商取引をサポートするための堅牢で業界に特化したアプリケーション、プラットフォーム、およびハードウェアシステムを構築することを可能にします。今回加盟したゼネラルメンバーは、BSOS、EDF、JD Digits Technology Holding Co., Ltd.、OCTO Technology、Red Date Technology、Shanghai Tianji Network Co., Ltd.、 Troon Technologies、WISeKeyです。

Hyperledgerは、さまざまな組織や個人の貢献や参加を尊重するオープンなコミュニティの育成を目指しています。そのため、事前承認された非営利のオープンソース プロジェクトや自治体は、会費なしのアソシエイト (賛助) メンバーとしてHyperledgerに参加できます。今回アソシエイトメンバーに参加した組織は、Saintgits College of EngineeringとXPRIZEです。

新メンバーの声 (原文)

BSOS

“BSOS is very honored to join the Hyperledger community,” said Daniel Huang, Co-Founder & CEO of BSOS. “As a leader in polycentric business ecosystems, BSOS truly knows that the key to enterprise blockchain implementation lies in addressing real and complicated needs of businesses by dealing with the challenges of identity, privacy, and value recognition. So BSOS provides four sets of technical tools designed to address four different issues: key management, public key infrastructure, data privacy, and data tokenization. While each of the tools can be applied independently, they can also work together to create synergy. We are thrilled to cooperate with the Hyperledger community and are looking forward to contributing our knowledge and efforts to the ecosystem!”

EDF

“Distributed computing will be part of the future electrical systems, and Hyperledger’s blockchain technologies will contribute to this. We have many ongoing projects and a very active skills community,” said Gilles Deleuze, coordinator of EDF blockchain task force. “So, we look forward to contributing to Hyperledger’s projects as well as investigating new use cases for the energy sector.”

JD Digits Technology Holding Co., Ltd

“JD Digits has been conducting blockchain-related technology research and applications since 2016, and Hyperledger provides a good technical base for our early application development. While now we have our own open-source blockchain underlying engine, JD Chain, our PaaS-class technology product, the JD Digits Blockchain as a Service Platform, is still compatible with the Hyperledger Fabric, which has a large user base,” said Cao Peng, the vice president of JD Digits Technology Group. “JD Digits is committed to providing a full range of ‘science and technology, industry and ecology’ services, including blockchain, based on information technology, to create a digital ‘link’ model of the industry. Together with Hyperledger, we look forward to promoting the safe, rapid and equitable flow of global data and values to build a credible ecosystem of co-construction, co-governance and sharing.”

OCTO Technology

“OCTO has taken a position of technology agnostic to better advise its clients,” said Sébastien Massart, Blockchain Lead for OCTO Technology. “With Besu, Sawtooth and Aries and a host of other projects, the wealth of the Hyperledger goes beyond  Fabric. This sets OCTO up to be a key player in laying the groundwork for these technologies in the next few years.”

Red Date Technology 

“We’re very glad to be part of Hyperledger,” said Yifan He, CEO of Red Date Technology, Executive Director of BSN Development Association. “The BSN is a cross-cloud, cross-portal, and cross-chain global public infrastructure used to deploy and operate all types of blockchain dApps regardless of their infrastructure or framework choices. The BSN drastically lowers the costs associated with deploying a blockchain service or dApps across different ecosystems. With the collaboration with Hyperledger, we are hoping to bring more business opportunities to the open source communities.”

Shanghai Tianji Network Co., Ltd 

“We’re extremely excited to join Hyperledger,” said Dongcheng Lin, General Manager of Tianji Network Blockchain Center. “We are focused on advancing the blockchain application in the field of real estate in China. We chose Hyperledger Fabric as one of the core supported technologies for EBaaS (Estate Blockchain as a Service Platform). Now we have launched 20 consortium blockchain applications. Additionally, we have received multiple awards and been approved by the government and our partners. Joining the Hyperledger community will help us truly master open source technology and achieve our goals.”

Troon Technologies

“Hyperledger Fabric presents a unique possibility for enterprise businesses to consider the power around automated decisions across companies and individuals,” said Paul Dube, Partner, Troon Technologies. “Digital governance and smart contracts carried out across a distributed single source of truth will advance business continuity and relationships to heights never seen before. The adoption is not so much a technology challenge but rather more of a challenge around organization business and the realization of new economic models. Web2.0 revolutionized how we interact online, but web3.0 with platforms like Hyperledger Fabric and smart contract logic executed through enterprise decisions will revolutionize agreements and redefine value exchange among all participants. It’s literally changing the data structure in the backend of the internet from centralized to distributed.”

WISeKey

“We are excited to join the Hyperledger community, and we look forward to working with its members to facilitate the rapid and global adaptation of blockchain-based solutions,” said Carlos Moreira, WISeKey’s Founder and CEO. “WISeKey’s technology supports an ecosystem of connected devices and creates a secured platform to help these devices become intelligent and trusted, able to identify, authenticate and verify each other, gather and analyze data and then safely share with other devices. As a pioneer of blockchain technologies, we are committed to continue our journey of creating cutting-edge applications designed to solve peoples’ problems, transform businesses and create a better world.”

規模の大小を問わず、メンバーは企業や国を超えて協力し、Hyperledgerビジネス ブロックチェーン テクノロジーの成功を確実にし、Hyperledgerコードベース上に各社のビジネスで重要な製品、サービス、ソリューションを構築しています。 Hyperledgerのメンバーになる方法はこちらをご覧ください。

Hyperledger について

Hyperledterは、業界の壁を越えたブロックチェーン技術の進化をめざして発足したオープンソース共同開発プロジェクトです。金融、銀行、IoT、サプライチェーン、製造、技術などの分野のリーダー企業によるグローバルコラボレーションです。Hyperledgerは、分散台帳フレームワーク、スマートコントラクト エンジン、クライアント ライブラリ、グラフィカル インターフェース、ユーティリティ ライブラリ、サンプル アプリケーションなど、多くのエンタープライズ ブロックチェーン技術プロジェクトをホストしています。すべてのHyperledgerコードは公開されており、Apacheライセンスの下で利用できます。Linux Foundationが傘下の共同開発プロジェクトとしてHyperledgerをホストしています。詳細についてはこちらを参照してください。