Linux Foundationプロジェクトニュース : 2020年8月

By 8月 17, 20209月 14th, 2020Publications

IoT開発向けACRN™オープンソース ハイパーバイザーがACRN v2.0と機能安全認証のコンセプト承認を発表

新しいハイブリッド モード アーキテクチャにより、プロジェクトの範囲が拡大し産業用IoTとエッジ デバイスのユースケースが含まれるようになり、仮想マシン間でのリソース共有に新たな柔軟性と新しいレベルのリアルタイム性・機能安全性を実現します。

Laird Connectivity社がZephyr RTOSを活用してソーシャル ディスタンス トラッカーを作成した方法

Zephyr RTOSをベースにしたLaird Connectivity社のSentrius™ BT710ウェアラブル トラッカー/マルチセンサーは、ソーシャル ディスタンスと接触確認の課題を自動化・簡素化する優れたアイテムです。

OpenAPIイニシアチブ、Postmanを最新メンバーとして歓迎

Postmanは、Atlassian、Google、Microsoft、Red Hat、Bloombergを含む、35社のイニシアチブのメンバーに加わります。

LF Edge Fledgeプロジェクト、リリース1.8を発表 ー Google、Nokia、OSIsoft、ZEDEDA、Dianonicなどの業界リーダーと統合し、AI/MLとパブリック クラウド インテグレーションによるオープンな産業用エッジ ソフトウェアを実現

新たに拡張されたコミュニティには、Google、Nokia、Flir、OSIsoft、Nexcom、RoviSys、Advantech、Wago、Zededa、Dianomicからのインテグレーションとコントリビューションが含まれます。

LF Edge Akrainoプロジェクト、MEC、AI、クラウド、テレコムエッジ全体のオープンソース ブループリントを統一したリリース3 (R3) の提供を開始

R3で加わった新しい6つのブループリント (全体で20のブループリント) は、テレコム、エンタープライズ、IoT、クラウドなどのユースケースをカバーします。

[新ホワイトペーパー] LF Edgeタクソノミー&フレームワークの概要

コミュニティ主導で共同制作した本ホワイトペーパーは、曖昧な用語を使用するのではなく、固有の技術およびロジスティックスのトレードオフに基づいて連続体を分解することで、市場の混乱を明確にすることを目的とし、新しいLF Edgeタクソノミーについて詳しく説明します。

ONAP 6番目のリリースFrankfurtの提供を開始、5Gデプロイメントを加速する最も包括的で安全な共同ソフトウェア

エンドツーエンドの5Gネットワーク スライシング、セキュリティ、デプロイメント可能なオートメーションなど、Frankfurtの軸となる豊富な機能セットを提供

[新ガイド] 5Gネットワーキング : イントロダクション

5Gビジネスチャンスの探索、オープンソースの役割、Linux Foundationプロジェクトおよび参加方法について、このガイドで解説しています。

Data Plane Development Kit (DPDK) がホワイトペーパーを発行

Avid Think and Converge! Network Digestによるプロデュースと、DPDKコミュニティの支援により作成された本ホワイトペーパーは、ネットワーク インフラストラクチャの進化においてDPDKが果たす重要な役割について概説し、テクノロジーに関する多くの神話や誤解を払拭しています。

Virtual LFN Developer & Testing Forum : June 2020年6月レポート

6月のイベントのハイライトと、進行中のLFNワークストリームをご覧ください。

The Linux Foundation
Follow Us