Open Compliance Summit セッション ラインアップを発表

By 10月 16, 2018 Blog

2018年12月6日・7日 TKPガーデンシティ横浜で開催される Open Compliance Summit 2018 のセッション ラインアップが公開されました。2日間の日程で25を超えるセッションとワークショップを予定しています。

  • Don’t Ship that Container – On the Challenges of Compliance of Container Images – Dirk Hohndel, VMware
  • Open Source at Microsoft Scale, A Tale of Millions – Jeff McAffer, Microsoft
  • Does Compliance Require Enforcement? – James Bottomley, IBM
  • Trademarks in Open Source – Hilary Richardson, Google LLC
  • How We Did It: Open Source Programs and Company Culture – Charles Eckel, Cisco; Krista Khare, Comcast; Chandana Rao, Cognizant
  • Auto Industry Implementation of “Open Source Software Supply Chain Management (OSSSCM)” – Masato Endo, Toyota Motor Corporation
  • Experiences from Open Source Program Office in an Established Company – Keiichi Seki, NEC
  • Automated OSS and License Detection System at Hitachi – Daisuke Koide, Hitachi, Ltd
  • Fujitsu’s Internal Operations for Participating in the OSS Communities – Takashi Harada, Fujitsu Limited

全てのプログラムはこちらをご覧ください。

Open Compliance Summitは、毎年横浜で開催されているイベントです。アジア太平洋地域の Linux Foundation メンバーがオープン ソース コンプライアンスに関わる知識を共有し、あらゆる分野・あらゆる規模の企業が無理なく交流し合えるすばらしい機会です。

2018年のテーマは、“Practical Compliance in 2018 – Market Trends, Case Studies and Shared Solutions” (2018年の実践的コンプライアンス - 市場動向、ケース スタディ、および共有ソリューション) です。

Open Compliance Summit には、Linux Foundation 企業メンバーと限定された招待者だけが参加できます。招待状はこちらからお申し込みください。