新たなeラーニングコース DevOps and SRE Fundamentals ー Implementing Continuous Delivery 開始

By 8月 14, 2019 8月 15th, 2019 Press Release

2019年8月14日サンフランシスコ発 – オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体である Linux Foundation は、新たに DevOps and SRE Fundamentals – Implementing Continuous Delivery eラーニングコースを開始したことを発表しました。本コースは、組織の俊敏性を高め、機能の迅速な提供を支援すると同時に、可用性、信頼性、スケーラビリティ、セキュリティなど非機能要件の実現をサポートします。

Cloud Native Computing Foundation の CTO である Chris Aniszczyk は次のように述べています。
「クラウド ネイティブ コンピューティングの台頭とサイト リライアビリティ エンジニアリングは、アプリケーションの構築、テスト、デプロイ方法を変化させています。ここ数年は、従来のプレーンなシステム管理者から SRE (Site Reliability Engineer) を配置する方向にシフトしており、SRE の原則と継続的デリバリーに関するオープンソース プロジェクトに精通することは、優れたキャリア投資になります。」

Docker と Kubernetes を最前線とするオープン コンテナ エコシステムは、ソフトウェア デリバリーに革命的な変化をもたらしています。School of Devops の創設者である Gourav Shah 氏により開発された本コース DevOps and SRE Fundamentals – Implementing Continuous Delivery (LFS261) は、オープン コンテナ エコシステムでの継続的インテグレーション (CI) と継続的デリバリー (CD) の基礎を紹介します。コースでは、プロジェクトベースアプローチを採用し、受講者が主要なプラクティスを理解し実装できるよう支援します。

ソフトウェア開発者 ー ソフトウェアを安全、迅速、確実に提供する方法を学習します。

品質アナリスト ー 自動テストの設定方法、使い捨て環境の活用方法、Jenkins や Docker など CI ツールとの統合方法を学習します。

運用エンジニア、システム管理者、DevOps / SRE プラクティショナー ー ソフトウェアを確実にデプロイし実運用環境を安全に管理する方法を学習します。

ビルド / リリース エンジニア ー ソフトウェアを安全かつ継続的にデプロイする方法を学習します。

DevOps and SRE Fundamentals – Implementing Continuous Delivery は、継続的インテグレーション、継続的デリバリーなど最新のプラクティスや、git、Jenkins、Docker、Kubernetes、Spinnakerなどのツールを使用した、信用、俊敏性、信頼性が高いソフトウェアのデプロイ スキルを指導します。

ビデオ形式の本コースを受講することで、以下について学習できます。

  • 継続的インテグレーション、継続的デリバリーとは?なぜ必要か
  • コンテナ エコシステムがどのようにソフトウェア デリバリーに革命的な変化をもたらすか?DockerとKubernetesによる役割
  • リビジョン管理と共同開発をサポートする Git と GitHub の活用方法
  • 継続的インテグレーション プラットフォーム Jenkins のインストール・設定方法
  • Jenkinsfile で宣言構文を使用して pipeline-as-a-code を書く方法
  • 開発ワークフローをコードレビューとして作成・実施する方法
  • Docker と Docker Registry でアプリケーション パッケージングとディストリビューションを標準化する方法
  • 継続的デプロイメントと継続的デリバリー、継続的インテグレーションとの比較
  • Kubernetesを用いた高可用性、スケーラビリティ、復元力のあるアプリケーションのデプロイ方法
  • Spinnaker を用いたマルチクラウド デプロイメント パイプラインの設定方法
  • Blue/Green、Highlander、Canaryリリース戦略を用いた安全なソフトウェアのリリース方法

Dice と Linux Foundation による 2018年 Open Source Jobs Report は、クラウドおよびコンテナ技術と併せてDevOpsプラクティスの人気が高いことをレポートしました。DevOps スキルは需要が高く、最も高給な技術職の1つです。本 eラーニング コースを受講することで、革新的な技術進歩を誰よりも早く学習し最前線に立つことができます。

DevOps and SRE Fundamentals – Implementing Continuous Delivery の受講料は299米ドルです。詳細はこちらをご覧ください。

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、www.linuxfoundation.org をご覧ください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。