新たな無料オンラインコース Exploring GraphQL: A Query Language for APIs を発表

By 10月 29, 2019 10月 31st, 2019 Press Release

2019年10月31日 サンフランシスコ発 ー オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体である Linux Foundation は、新たに無料のオンラインコース Exploring GraphQL: A Query Language for APIs を開始したことを発表しました。本コースは学習プラットフォーム edX を通じて提供されます。

GraphQL は、開発者が Web、モバイル、さらにはデータベース向けのAPIを構築する方法に革命をもたらしています。 GraphQL とは正確には、API のためのオープンソースのデータ クエリおよび操作言語であり、既存データでクエリを実行するためのランタイムを示します。

本コースは、GraphQL の概要と、ソフトウェア エンジニアから注目を集めている理由について解説します。REST と比較した利点、使用するソフトウェア アーキテクチャの種類、フロントエンド / バックエンド両方に従事する開発者にメリットをもたらす理由について網羅します。受講者はインタラクティブなプレイグランドでGraphQLクエリを練習した後、バックエンドで GraphQL サーバーを実装する方法、GraphQL サーバーをクライアントと使用する方法、GraphQL サーバーを安全に保つ方法など、さらに進んだトピックについて学習します。コースのオリジナル コンテンツは Prisma により作成され、Novvum が更新とメンテナンスを行っています。

GraphQL Foundation のエグゼクティブ ディレクターであり、GraphQL 共同クリエイターの Lee Byron 氏は、次のように述べています。
「GraphQL をオープンソース化して以来、テクノロジーとコミュニティの成長に圧倒され続けています。エデュケーショナルな教材の紹介を嬉しく思うとともに、私たちのコミュニティが成長し続け、世界中の開発者にリーチすることに役立つことを願っています。」

本コースは、プログラマーが小規模プロジェクトまたは専門的な製品に GraphQL を使用する際に必要なスキルを習得するのに役立ちます。それぞれのユースケースに適したツールで開始できることを快適に感じるでしょう。

技術職ではない人にとって本コースは開発者とのコミュニケーションを改善し、GraphQL 関連の議論に参加するのに役立ちます。プロジェクトで GraphQL を使用する時期と理由を理解することができます。

Exploring GraphQL: A Query Language for APIs は無料で受講でき、コンテンツに最長で7週間アクセスできます。受講者は99米ドルでアップグレードでき、学習レベル評価、コンテンツへの無制限アクセス、コース修了証の取得などのサービスが受けられます。

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、www.linuxfoundation.org をご覧ください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。